なんとも衝撃的なニュースが最近は多いですね。韓国人が3.7億円を盗んだり、銀座でも強盗事件があったりと。なにかと物騒です。その金額もさることながら、これらのニュースに隠れるようにして多額のお金をを着服したというニュースが報道されています。

 

大手食品メーカーが絡む事件として発覚しています。その会社は三井食品。三井食品の社員が着服したわけではありません。その子会社のファインライフという会社で着服があったみたいです。その金額は何と10億円・・。

 

10億円も着服されて気づかないなんてありえないと思いましたが、2004年から2015年もの間に渡って着服したようです。1年間に約1億円、月800万円。どんな裕福な暮らしぶりだったんでしょうか?家族や子どもへの影響も出てきそうですね。そして、どこの誰が?どうやって?着服したのでしょうか?


sponsoredrink

犯人は子会社元執行役員の男性

いま、公開されている情報としては、三井食品の子会社であるファインライフという会社の元執行役員が着服したとされています。関係企業に勤めていた人は分かるかもしれませんね。ファインライフの会社の規模としては50人程度の従業員で、執行役員という立場があれば着服ができたようです。

 

その犯行の手口としては、取引先の請求書を偽造していたようですが、そんな簡単にできるものなんですね。この着服がなぜ明るみに出たのかというと16年に行われた税務調査がきっかけのようです。絶対にバレるのに、よく着服なんかできますよね。

 

その男性職員の処分に関しては、調査の経過をみて判断ということですが、確実にクビでしょう(笑)というか、会社に残れるわけがないですね。退職して退職届でも貰うんでしょうかね。紹介免職で解雇でいいのでは?

着服と言えば過去にも・・・

かなり昔の話ですが、過去には滋賀銀行で9億円の横領事件もありました。奥村彰子という女性銀行員が恋人のために、せっせと貢ぐために横領したとのこと。バブル以前の話で、これは当時大きく報道されて有名になったニュースです。

 

私が知っている横領や着服の事件でも最も巨額な事件としては、大手製紙会社「北越紀州製紙」の子会社である北越トレイディングで起きた横領事件です。当時、総務部長でもあった羽染政次は24億円を着服しています。

なんと、そのお金は愛人やマンションや競馬、その他ギャンブル、、、に使われたようです。それにしても24億円をどうやったら使えるのでしょうか?その金額を着服されて分からない方もうどうかしていますね。すぐ気付くでしょうに。

 

人間の欲望に負けにてバカなことする人間はいつの時代もいますね。着服や横領はいつの時代もなくなることはないでしょうね。

こんな記事がよまれています。

埼玉県春日部で女子高校生が自殺?線路内で仁王立ち?高校は?誰?

茨城県日立市久慈川で小学5年が事故死?遺体が発見?犯人は誰だ?

やはぎみやこ幼稚園で体罰?職員の名前は?木下ゆうき?


sponsoredrink