フラワーズバイネイキッド2017 チケット 期間 場所 混雑 メニュー 口コミ 感想
写真引用:cdn-news.asoview.com

映像技術を駆使してプロジェクションマッピングなどを手がけるクリエイティブ集団のネイキッド。

 

そんなネイキッドがこのたび、昨年大好評だった“フラワーズバイネイキッド(flowers by NAKED)”を開催。

 

テーマは、「立春」

 

ネイキッドが手がける“春”や“お花”をぜひ堪能してみてください。

今回は、フラワーズバイネイキット2017の期間や場所、チケット情報や混雑予想などをご紹介します。


sponsoredrink

フラワーズバイネイキッド2017の期間はいつからいつまで?

フラワーズバイネイキッド2017の期間は、いつからいつまでかというと、

2017年2月2日(木)~2017年3月20日(月)

までです。

会期中は無休で開催されるので、予定が立てやすいですね。

 

開催時間は、10:00~20:00

(最終入場は19:30)

 

一日中やっているイベントなので、仕事帰りなどでも立ち寄れるかと思います。

家族や恋人、友人はたまた一人でのんびりネイキッドが作り出す春の世界を味わってはいかがでしょうか。

 

まだまだ寒さが厳しい時期ですが、フラワーズバイネイキッド2017‐立春‐で一足早く春の暖かさや華やかさを感じてみてくださいね。

フラワーズバイネイキッド2017の場所はどこ?

フラワーズバイネイキッド2017 チケット 期間 場所 混雑 メニュー 口コミ 感想
写真引用:cdn-news.asoview.com

フラワーズバイネイキッド2017が開催されている場所は、

日本橋三井ホール

です。

 

COREDO室町1というビルの5階の大ホールでの開催になります。

エントランスは4階になるそうです。

 

住所:東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1-5F

☆アクセス方法

銀座線・半蔵門線 「三越前駅」A6出口直結

総武線快速・横須賀線 「新日本橋駅」 駅近道直結

山手線・中央線・京浜東北線 「神田駅」東口から徒歩9分

山手線・中央線・東海道線「東京駅」日本橋口から徒歩9分

 

最寄りの駅まで行ければ、迷わずに会場に到着するはずです。

道中は寒くても、会場内は春爛漫なのでわくわくしながら行って下さいね。

フラワーズバイネイキッド2017のチケットはいくら?購入方法は?

Red question symbol surrounded with white signs isolated
Red question symbol surrounded with white signs isolated

フラワーズバイネイキッド2017を見るには、残念ながら無料ではないんです、、。

 

チケットが必要になります。

 

フラワーズバイネイキッド2017のチケット料金(入場料)は、

大人(高校生以上)・・早割:1200円 当日:1400円

小人(小・中学生)  ・・早割:700円   当日:900円

※未就学児は無料

 

チケット購入方法は、早割はインターネット販売です。

ただ、早割は2月1日23:59までの販売のためもう買うことができません、、。

 

2017年2月2日(木)よりフラワーズバイネイキッド2017が開催されると、当日料金のみの販売になります。

直接会場にいってお買い求めくださいね。

当日チケットは、クレジット決算不可なのであらかじめ現金を用意しておきましょう。

 

ちなみに、チケット料金はすべて税込価格です。

フラワーズバイネイキッド2017の混雑予想

フラワーズバイネイキッド2017 チケット 期間 場所 混雑 メニュー 口コミ 感想
写真引用:cdn-news.asoview.com

フラワーズバイネイキッドは、2016年1月にも開催され大盛況を収めました。

開催期間1か月になんと7万人もの来場者数を動員。

 

2016年7月に開催されたフラワーズバイネイキッドで通算15万人もの動員数を達成しました。

 

これまでの様子からすると、今回開催されるフラワーズバイネイキッド2017‐立春‐も多くの来場者が見込まれるはずです。

 

せっかく行くのであれば、混雑は避けたいですよね。

 

おそらく、土日祝といった休日は間違いなく混雑が予想されます。

 

家族連れやカップル、友達同士など多様な方が行きやすいですしね。

 

しかも、2月や3月はバレンタインとホワイトデーというカップルにとっては欠かせないイベントがあります。

そういったイベント時も混雑すると思われます。

カップルじゃないよって方は、2月14日前後と3月14日前後の休日は特に避けた方が無難かもしれませんね。

 

もし、どうしても土日祝のしか行けないという方は、開場すぐの10:00頃や夕方17:00以降は比較的混雑が緩和されるはずです。

その時間帯を狙って行くのもありだと思います。

 

3月からは、大学生が春休みに入るので、多いかもしれませんね。

 

どちらにせよ、平日にいくのが一番おすすめかと思います。

https://twitter.com/across_note/status/827129409098260480

せっかく行くのであれば、ゆっくりのんびりと春の世界を堪能したいですよね~。

混雑を避けて、素敵な時間を過ごしてくださいね。

フラワーズバイネイキッド2017のみどころは?

フラワーズバイネイキッド2017 チケット 期間 場所 混雑 メニュー 口コミ 感想
写真引用:cdn-news.asoview.com

フラワーズバイネイキッドは、過去にも開催し、多くの来場者を動員したモンスターイベントです。

 

今回開催される、フラワーズバイネイキッド2017‐立春‐では、春の始まりをテーマに華やかな世界を演出。

ネイキッドが手がけるイベントの特徴は、五感をフル活動して楽しむことができるということ。

 

 

これまでのフラワーズバイネイキッドの様子を見ても、ただ展示作品を見て回るという感じではないのがわかります。

見て、聞いて、触って、香りを感じて、現実離れした世界にあなたを誘ってくれること間違いないです。

 

しかも、会場内すべてのエリアで写真撮影が可能なことも来場者には嬉しいところ。

ツイッターやインスタなどのSNSに存分に投稿できちゃいます!

 

フラワーズバイネイキッド2017‐立春‐では、

「日本一早いお花見を、日本橋で。」

と謳っていることから、桜をメインにした「桜彩(おうさい)」エリアが登場。

本物の桜と和紙の桜が彩る空間で、オリジナルカクテルや日本酒、マカロンなどを楽しむこともできるそうです。

フラワーズバイネイキッド2017 チケット 期間 場所 混雑 メニュー 口コミ 感想
写真引用:cdn-news.asoview.com

「桜彩」エリアのメニュー

  • 桜のワインクーラー 1,200円
  • ハーバルスプモーニ 1,200円
  • 甘酒宇治抹茶 900円
  • 紀州梅のソーダ〈スターアニスとローズヒップ〉 900円
  • 花酔酒造“桜彩” 1,000円(グラス1杯)
  • サクラマカロン/ショコラマカロン 450 円(1個)

 

開催期間限定のコラボメニューばまりなので、ぜひ、一足早いお花見を満喫してみてはいかがでしょうか。

フラワーズバイネイキッド2017の口コミ・感想

https://twitter.com/candle_chouchou/status/827151099803021312

この記事も読まれています

⇒ハローキティカフェ 大阪・心斎橋の期間はいつまで?アクセスや混雑状況まとめ

⇒ぺんてる・らくがきカフェの予約方法は?期間や場所、メニューをご紹介!

⇒「ねこ休み展冬2017」の期間やチケットは?混雑状況やアクセスまとめ

⇒「君の名は」カフェ池袋の混雑と待ち時間は?予約方法や期間まとめ

⇒スタバに新作登場!2017年1月発売のタンブラーの種類や値段まとめ


sponsoredrink