%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%82%b9

最近、たばこ業界でトレンドが

発生していますね。

それは

加熱式電子タバコ

 

iQOS(アイコス)は知っている人は

多いかもしれませんが、

最近glo(グロー)

と呼ばれるモノが

注目を集めています。

 

同じ加熱式電子タバコでも

この2つにはどのような

違いがあるのでしょうか?


sponsoredrink

そもそも加熱式タバコってなに?

グロー

まずはじめに

加熱式タバコってなに?

というところから入っていきましょう。

 

加熱式タバコとは、

既存の紙巻きタバコのように

火は必要としません。

 

タバコを燃やさないで

熱することでタバコを吸います。

特徴的なのが、従来のタバコよりも

健康リスクが低いし、

周りに与える影響も少ないです。

 

従来のタバコであれば副流煙という

有害な煙が発生してしまいます。

その毒性は高いため、

タバコを吸う人よりも副流煙を

吸い続けた人の方が

健康リスクが高まります。

 

しかし、加熱式タバコは

「葉っぱを熱で蒸して

ニコチンを水蒸気で吸う」

ことになるのでタールなどの

有害な物質が発生しません。

 

そのため、従来のタバコに比べ

周りにいる人はほぼ無害になります。

 

ちなみに雑学にはなりますが、

電子タバコと加熱式タバコは

厳密にいえば異なるモノです。

これまで発売している加熱式タバコは?

これまで加熱式タバコって

リリースされているのでしょうか?

加熱式タバコで有名といえばアイコス(iQOS)

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%82%b9

加熱式タバコのパイオニアと言えば

iQOS(アイコス)になります。

このアイコスは、マルボロで有名な

フィリップモリス・ジャパンから

発売された加熱式タバコです。

 

アイコス本体の価格は9,980円。

ファミマ、ローソンなどでは

3000円オフクーポンが

アイコスオフィシャルサイトで

発行することができます。

 

セブンイレブンでは、

ナナコでの購入でポイントが

2000ポイント。

レシートを専用用紙に張り付け

送ることで1000円の

キャッシュバックがあります。

 

 

原宿・仙台・名古屋・梅田・心斎橋・広島・福岡。

全国7か所に専門ショップが

あるほどの人気商品になっています。

 

今では全国販売をしていますが、

生産が間に合わない状態で

全く手に入らない状態が続いています。

 

2週間に1度入荷がある店にはある、、、

もちろん、ないところもありますね。

色は白とネイビーがセットで入荷されます。

アイコスを根こそぎ持っていく輩?

そのため、アイコスが入荷されるときは

何時間も店頭で待っている人もいます。

また、アイコス狩りと呼ばれる

転売屋も存在します。

 

彼らはタバコ配送のトラックを

追っかけまわして根こそぎ持っています。

それをヤフオクやメルカリで転売。

1個当たり1万円程度の利益

になるのでかなり本気です。

 

配送業者の方も経路を変えたり

いろいろ工夫をしているようですが、

車を追いかけらえたり、組織だって

待ち伏せしたりでどうにもならないようです。

 

そのため、店舗では予約制を取ったり

オーナー管理にしておき

店頭に並べることがない店も多いです。


sponsoredrink

glo(グロー)はどんな加熱式タバコ

glo

とにかくシンプルを強調していますね。

他の加熱式タバコがちょっと

ややこしい?部分があるので

それとは差別化を図りたいようです。

 

グローのプレスリリースには

このような記載がありました。

■シンプルで楽しい体験を

glo(TM)が目指す世界は、自分も、周りのコミュニティも大切にしていける、新しい時代です。glo(TM)の前向きなマインドと、先進のテクノロジーがひとつになることで、成人喫煙者に、シンプルで楽しい体験をお届けしていきたいと考えております。

特別に加工された厳選タバコ葉をneostiks(TM)(ネオスティック)に凝縮。glo(TM)独自のアドバンスト・ヒート・テクノロジーで加熱し、発生する霧状のベイパーを吸ってお楽しみいただけます。ニオイが少なく、有害性物質を約90%削減しながら、しっかりとした味わいを実現しました。また、緻密に計算されたデザインにより、加熱も充電も全てが一台。ワンタッチでシンプルに楽しめます。一回の充電で、35本お楽しみいただけます

シンプルがウリのグロー(glo)

%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc

なりよりシンプルを謳っているので

アイコスよりもシンプルなはず!

 

確かにアイコスよりは

タバコを吸うまでの動作が

かなり少ないですね。

 

アイコスホルダーをアイコスポケットチャージャーに入れて充電し、吸う時はホルダーをポケットチャージャーから出してヒートスティックを挿してボタンを押す・・・・・・。

 

この動作がグルーでは

1つの動作で済みます。

グローは、1台ですべてのことが

できるのでアイコスよりも便利なのは

歴然ですね。

 

加熱式タバコでは性能面を見れば

アイコスよりもグローの方が

明らかに上をいっているようですね。

グローが手に入る場所はどこ?

アイコスもそうですが

まず中規模都市で

テストマーケティング

が行われます。

 

こういったものは

全国販売を行う前に

地域を限定して販売します。

 

今回は仙台がマーケティングの

対象となったようですね。

販売店は仙台市内の

コンビニ購入が可能です。

 

それか、仙台にはglo専門ショップ

があるので、そこで購入ができますが・・・。

 

同じようにマーケティングが

テストマーケティングが行われる

都市として考えられるのが、

熊本市、広島市、静岡市、札幌市・・・。

 

都市人口が100万人程度

ちょうどよいとされています。

大きすぎるとコストがかかるし

小さすぎると参考にならない。

 

その絶妙な人口が100万人

という目安になっているようです。

仙台市も人口は100万人を

少し超えるくらいですね。

 

初めは、グローの目撃は

仙台だけでしたが、

熊本でも見かけた?といような

情報があったので熊本市の方は

コンビニを覗いてみてはどうでしょうか?

気になるグローの価格は?

気になるのはグローの値段。

価格は8,000円になります。

クーポンなどを使うと

4,000円程度になるようですね。

 

しかし、これが転売されると

30,000円以上の高値

付けている状態です。

 

そのため転売屋も一般の方も

こぞって欲しがっている状態です。

 

仙台ではお客さん同士で

グローの取り合いで喧嘩になり

警察が10件出動しているようです。

いやー、本当、ばかばかしい。

かなり怒号が飛び交っていたとか。

 

そのため、アイコス同様、

gloも予約制を導入している

コンビニが多いようです。

そこはコンビニオーナーの

一存で決定しているようですね。

 

早い者勝ちで店頭に並べる店舗を

地道に探し当てるしかてはないです。

がgloに関しては転売屋がその店舗を

把握していて競争がし烈な状態です。

グロー今後の展開は?

グローの今後の展開としては

テストマーケティングを

いくつかの都市で行い

全国供給ができるタイミングがくれば

一気に広まるでしょう。

 

しかし、アイコス同様に

需要が大きく上回ることが

容易に目に見えるので

プレミアム的な値段で

転売されることでしょうね。

 

なにより、アイコスよりも

高性能なので手に入るのであれば

試しに買ってみてはどうでしょうか?

関連記事。

⇒【注目】鉄腕ダッシュの視聴率が高い!!

⇒【驚愕】スペースワールドはいつ閉園する?

⇒【注目】ノロウイルスの症状は?潜伏期間?


sponsoredrink