北朝鮮を支援

パククネ大統領がスキャンダルによって韓国大統領を退いてから数か月。ついに、次の時代を担う大統領が決定しました。文在寅(ムン・ジェイン)が戦前の予想通り当選しましたね。

 

このムン・ジェイン大統領になることで、いろいろな影響があるのでは?ということが騒がれています。大統領が変わるので大きく何かしら変わることは仕方のないことです。

 

ムン・ジェイン(文在寅)大統領の場合は日本にとって不利益になる可能性があります。じつは、ムン・ジェイン(文在寅)大統領は反日の思想の持ち主だと言われています。

 

また、パククネ大統領とは違い、北朝鮮には融和的な態度を取るとみられています。今後、どのような影響が日本に出てくるのでしょうか?


sponsoredrink

文在寅は反日思想の持ち主?

文在寅は反日

ムン・ジェイン(文在寅)大統領が反日思想を持っているとされているのには原因があります。それは、「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」にあります。

 

この特措法は、韓国併合時代に親日派が蓄財した財産を国家の所有することのできる法律と言われています。3年間で28億円の日本円が没収されています。

 

このときに、特措法制定の中心になったひとりがムン・ジェイン氏ということです。さらに、15,16代韓国大統領の秘書も務めています。それが何を指すかというと15,16代大統領は親北派ということで知られています。

 

これ以外にも、ムン・ジェイン大統領が親北であるできごとは多くあります。親北であり、反日思想ということはこれらのことを中心に容易に考えることができますね。

 

日韓合意にもムン・ジェイン大統領以前から真っ向から批判しています。「日本には慰安婦合意は間違いだった」と堂々と言い放っています。ですが、もともと韓国は反日感情が強い国なので、それが変わるわけではないです。

今後の日本への影響は?

文在寅は反日

日本へ考えられる影響としては、慰安婦問題を再度蒸し返すことでしょう。確実にこの問題が蒸し返すことで日韓の国交が悪くなるのは目に見えています。

 

ムン・ジェイン大統領が日韓合意について強硬な態度をとれば、日本も黙ってはいないでしょう。駐韓大使も日本に呼び戻すことでしょう。絶交とまでいくことはまずないでしょうが、これまでになくらいに日韓の間は冷え切った関係になりでしょうね。

 

ムン・ジェイン大統領は2016年に竹島へ上陸しています。そのようなアピールを再度行うとなると確実に日韓ともに不利益な状態になると思われます。

 

政治の面では、談話が途絶えることも考えられます。しかしながら、私たち国民への影響が出るのかというと、その可能性は低いでしょう。

 

貿易も今まで通り行われますし、民間対民間の取引であれば心配の必要はないですね。ただでさえ、韓国の経済事情は深刻な状態なので。日本よりも。

 

つまりは韓国大統領に誰がなっても同じなのは同じです。親日に近いパククネ大統領でさえも、あの状態だったのでどうしようもこの日韓問題は解決することはなさそうです。

韓国が親北になる方が問題?

文在寅は反日

反日よりも個人的には北朝鮮に融和的だということの方が問題視するべきことかと考えています。いま、北朝鮮は大きな味方である中国から圧力を掛けられている状態です。

 

アメリカ合衆国トランプ大統領との会談後から制裁を強めているので、なんらかの話がなされたということが自然でしょう。せっかく、中国が制裁を強めているのに、ここで韓国に融和路線を取られると効果が弱まります

 

今後の焦点として、韓国が北朝鮮へどのような態度を示すか大きなポイントとなることでしょう。アメリカとの関係もあるので、モロに親北具合を打ち出してしまうと米韓関係も冷え切る可能性があり得ますね。

 

そこまではいかないにしろ、韓国が北朝鮮を支援するようなことになれば、アメリカや日本だけでなく多くの国の首相が問題視する可能はあります。それが分かり切っているので表面上は北朝鮮を支援することはないでしょうが。。。裏が多そうな大統領なので、いろいろありそうで怖いですね。

 

ムン・ジェイン大統領が就任したことで、韓国はどのような態度をとべきか判断が難しい局面が増えていくことでしょう。ムン・ジェイン大統領のお手並み拝見といったところでしょうか?

こんな記事も読まれています。

【注目】ココリコ田中は嫁の不倫で離婚を決意!

【注目】加藤ミリヤが破局?その原因は相手の浮気?

ZOZOTOWNのツケ払いの延滞は将来ヤバいことに!

将棋:藤井聡太の連勝を留めた関西四天王とは?


sponsoredrink