ブラックアルバイト

モンテローザグループといえば庶民の味方の居酒屋チェーン店の親会社です。かなり多くの飲食チェーンブランドを所持していますね。白木屋、魚民、笑笑、千年の宴などなど、34もの飲食ブランドがあります。

そんなモンテローザグループですが、ブラックアルバイトをさせているのでは?という疑いが噂となって広まっています。居酒屋なので深夜労働は承知ですが、ブラック的な勤務は起きているのでしょうか?

そして最近になってモンテローザグループは店舗を次々と閉店させているようです。ブラックアルバイトと何か関係があるのでしょうか?気になるので調べてみましょう。


sponsoredrink

モンテローザグループの閉店が相次ぐ?真実は?

ブラックアルバイト

モンテローザグループが店舗を次々と閉店しているのは事実です。2016年12月末には2119店。しかし、2017年1月末に2044店になり、さらには同2月末で2017店と約100店ほど減少した。この2か月の間に店舗が100軒も減るのはかなり異常な事態だと感じます。

 

じつは、これはブラックアルバイトにならないための対策だということです。いま、居酒屋チェーンの業界では、、、いや、どこの業界におていも慢性的な人手不足な状態です。とくに大きなグループであるモンテローザグループはその状態が顕著です。

 

このままでは、ブラックアルバイトという事態や社員の過労などで従業員が疲労困憊の状態になりかねません。過労死や自殺など起きることもあり得るでしょう。そならないために、モンテローザグループは、店舗数を減らして店舗当たりの人員を増やす方法を取ったようです。

 

外食業界は拘束時間が長く、給与も低く、労働環境が悪いというイメージが定着していますね。そういった業界を改善できればという思いもあり、今回の改革に乗り出したということです。

ブラックアルバイトが常習化?

ブラックアルバイト

モンテローザグループとしては、ブラックアルバイトがあったという正式な報道自体はありませんが、従業員が過労死?というような情報は見かけます。過労死に関しては飲食系の仕事だけでなく、いろいろな職業で起きています。

 

居酒屋チェーンで目立って起きているワケではありません。メディアがおあおって報道することで、その業界では過労死が多発しているような気になりますが真実は異なりますね。

しかしながら、一部の企業ではブラックアルバイトが常習化されています。コンビニの高額な罰金制度も話題になりましたね。もう意味不明な金額だったように思います。

 

経営者は従業員が起こすリスクも考えて人を雇って対応もしていかないといけないのに、それを従業員のせいにするのは経営のセンスがないとしか言いようがありません。

 

今後、劣悪な労働環境が浮き彫りになることで働きやすい職場ができていくと個人的には思います。自分のところはバレない!といっている経営者はひやひやした方が良いでしょうね。

こんな記事も読まれています。

【注目】山本裕典の現在は?彼女は一般人?ついに契約解除で干されたか?

本田圭佑の目がおかしい原因はバセドウ病か?手術はしたのか?

愛子さまがふっくら激太り?拒食症から回復か?

TWICEのモモはダンスうますぎ!姉はダンサー?嫌いとアンチが多い!


sponsoredrink