裁判所と検察庁といえば、法定における重要な役割を担っていますね。誰もが訪れたくない場所と思いますが、なんとここ落書きをした人がいるようです。場所は、大阪の大阪地裁などが入る裁判所合同庁舎です。

門のところにスプレーのような赤い塗料で落書きをされていたわけですが、その内容は酷いモノがあります。落書きの内容は『人殺し』という文字が書かれていたようですね。

もうこれは、何らかの法廷の結果に不満に感じている人、あるいは事件の被害者で判決に納得いかないと思っている当事者が逆恨みで落書きしたとしか思えません。


sponsoredrink

落書きの犯人は誰なのか?

落書きした場所は比較的警察署からも近い場所です。それを考えたら犯人が犯行に及んだ動機がかなり強いと感じ取れます。過去に起きた重要事件の被害者や容疑者が犯人と考えられます。

 

裁判所合同庁舎の周りは道路になっています。普段、人通りが少ないとはいえません。交通量も多いところで、ビルもあります。恐らくですが、監視カメラの映像を元に犯人らしき人物を探していることでしょう。

 

近々、犯人が捕まる可能性も高いと思われます。どんな人がどういった経緯で犯行に及んだか、興味深いですね(笑)

こんな記事も読まれています。

【注目】韓国新大統領は北朝鮮が好き?

ハリー杉山の彼女は齋藤飛鳥と結婚?

アンシネ整形疑惑?整形外科前の写真は?

菅未里がかわいい!結婚してる?離婚した?


sponsoredrink