台湾列車事故ですが、18人が亡くなり180人以上が怪我をする事故が起きました。この事故について日本の企業が関係しているかもしんれないと言われています。それは、車両を作ったのが日本の企業です。一体どこの企業なのでしょうか?


台湾列車事故は日本車輌製造が制作!

その企業は日本車輌製造という会社です。今回ですが、事故原因は設計ミスではないかと言われています。しかしながら、会社は設計ミスを認めるも安全性に問題があることではないと発表しています。

日本車輌製造は、国内でもトップのシェアを持ち、日本の電車を作ってきた会社になります。現在は、海外でもそのシェアを伸ばすなどその製品の質の高さが買われています。しかしながら、今回の事故で少なからず悪い印象が出てしまいました。

 

今回、日本車輌製造による設計ミスとは、安全装置が作動しなくなると、列車から指令部門に自動で通知される仕組みが、設計ミスが原因で通知できなくなっていたということです。

 

そのため車両が脱線した理由とは違うようですね。今回の脱線事故は技術的な問題と言われています。運転士も検察当局の調べに対し、事故の前に装置を切ったことを認めています。

 

そのため安全装置をきったことが原因だとされています。本来であれば絶対に突入しない速度が出ていたワケですから。今後、このような事故が起きないように日本車輌製造には設計ミスを徹底的に解明して欲しいですね。


DAZNでJリーグを堪能!!

DAZNでは、J1~J3まで独占配信中です!さらには、「2019−20シーズン:プレミアリーグ独占配信」「UEFAチャンピオンズリーグ決勝 独占配信(地上波放送は廃止)」というサッカーファン大絶賛の内容です!そして「サッカー日本代表 南米大会コパアメリカ 全試合独占配信」に注目です!   その他のスポーツも充実!「読売ジャイアンツ配信開始」「ボクシング Matchroom/Golden boy」「MLB」「F1」も配信中!
   

松坂桃李の主演話題作『娼年』

娼年 「娼年」は2001年に直木賞候補としてもエントリーされた作品。そのセンセーショナルな性の極限を描くことができなかったが、松坂桃李と三浦大輔監督のコンビにより映画化が実現。その内容は、原作の細部までに拘っており、妥協を許さない原作ファンも納得です。   今なら30日間無料お試しキャンペーン中