いやーーー、本当に残念なニュースが報道されています。それは、アスリート助成金を不正流用した疑いを指摘されている日本ボクシング連盟のことです。

 

このアスリート助成金というのは、強化選手に使われるもので、もっといい環境でトレーニングを行えるように国から支給される助成金です。助成金なのでその返済義務はありません。

アスリート達に使われるべきお金がなんと山根明(日本ボクシング連盟会長)が不正流用したようです。さらには、パワハラもあったとのことで告発を受けているんだとか。ここでは、山根明(日本ボクシング連盟会長)について調べてみました!

Sponsored Links

山根明(日本ボクシング連盟会長)の経歴は?

出典:スポーツ団体不祥事まとめ

名前:山根 明(やまね あきら)
生年月日:1939年10月12日
年齢:78歳(2018年7月29日現在)
出身:大阪府堺市
所属:日本ボクシング連盟会長

申し訳ないですが、見た目がめっちゃ強面でいかにもっという感じがしますよね。山根氏は現在78歳で日本ボクシング連盟会長です。

 

もともとは日本代表監督を19年も務めていました。1994年〜2002年はAIBA(国際ボクシング連盟)の常務理事も務めるなど、日本ボクシング界に貢献してきた人物でもあります。が、故にその権力も絶大だということです。

 

その後、日本アマチュアボクシング連盟副会長を務めたのちに2011年には会長として就任して、終身会長にもなっているようです。終身ってwこまかい経歴など、選手だったのか?など詳細なプロフの情報はありませんでした。んー、ちょっと怪しいのか?

Sponsored Links

山根明会長の愛人が役員という噂あり?

驚くことにですが、山根明氏には愛人がいるという噂です。そして、その愛人が役員に鎮座しているというではありませんか(;´Д`)それが本当ならばマジでオワッテル。あ、でも300人の関係者から告発されたので、あながち嘘ではないかも?

 

ということで、役員に女性がいるのか調べてみると、、、在籍している女性役員がいるようですね。

出典:http://jabf-kizuna.com/about/yakuinshokai1.html

こちらがその二人になります。内海理事の方は女性ボクシング委員会副委員長ということなので、今回の件とは関係ないと判断ができます。

 

ということは、のこりの田中副会長が最もそれっぽいですよね。写真の感じも美人ですし、なんとも愛人っぽいというか、そんな気がして仕方ありません。

 

文春で報道されている?というようなタレこみもありましたが、そのような事実はありませんでした。今回の告発をきっかけにどこぞの週刊誌が、その情報を発射する可能性があるかもしれませんので。

 

しかしながら、これはあくまで噂ということなので、事実菅家は分かりませんので、噂話ということをご理解くださいね!また、山根明氏には奥さんも息子さんもいるとのことですので、愛人なんていたらどうなることやら。

Sponsored Links

現役王者からも苦言の声が!

田村諒太選手と言えばWBAミドル級のチャンピオンですね!国民的に人気の高い選手です。その田村選手がフェイスブックで苦言を呈しています。

 

本当に田村選手のおっしゃるとおりで、潔い退任を誰もが求めていることでしょう。このようなことは、今の世間が許すはずもありませんし、さらに批判の声が大きくなるに違いありません。

 

僕たちが納めている税金=助成金ですから、それがこういったどうしようもない人に流用されていることを考えると本当に頭に来ますね。あまり助成金の意味が分かっていないのでしょう。

 

やっぱり組織に上に立つ人物というのは、その資質を問われます。300人もの関係者から告発を受けたことを考えると、かなり傲慢で傲りがある態度をとっていたことがうかがえますね。

こんなことも言われているようですね。プロ転向する選手の足かせにもなっていたとかいないとか?こんなこともあり、早く老害はさるべきだ!という声が高まっています。

Sponsored Links

山根明へのTwitterの反応は?

もうめちゃくちゃ言われていますねwそれにしても、助成金を孫の口座へ振り込んだって本当だったらもう笑えますね。そんなの絶対にばれるにきまってるだろうに。そんなお金を受けとた孫の気持ちにもなれって。

さいごに。

山根明氏が関係者300人以上から告発を受けたのは、その暴君ぶりがあったことからでしょう。本当に老害とはこのことを言うんでしょうね。

 

今後、詳しい調査が行われますので、その全貌が明らかになるまでニュースで取り上げられることは間違いないでしょうね!今後の報道も要チェックです!

Sponsored Links