社会

東武東上線の人身事故の大学生は誰?なぜ多いのか?

定期的にこのニュースが報道されますね。それは、電車の人身事故になります。定期的に起きていることは知っていますが、特に東京界隈です。なぜ、そんなことになるんでしょうか。そこまで追い込まれたのか、、、。

 

12/18日午後8時35分に埼玉県東松山市毛塚の東武東上線高坂駅―北坂戸駅間で人身事故が起きました。今回の人身事故については、大学生がはねられたということです。

こちらが現場近くの地図になります。大学生がはねられた現場もこの地図上に収まっている箇所になりますね。詳細なことは分かりませんでしたが、地元ではどこなのか分かっていることでしょう。

 

また、所持していた身分証から身元が判明したということですが。どこの大学生なのでしょうか?そもそも誰なのか?ということも気になりますね。

東武東上線の人身事故の大学生は誰?

今回の人身事故が起きた原因ですが、はねられた大学生が原因のようですね。電車が来ているのに線路内に入り込んではねられたということです。

 

報道によると「学生証から同市に住む大学1年(19)と分かった。」とあるので、どこの誰なのかはすべてに分かっていることでしょう。しかしながら、実名の報道がなされることはないのが通例。そのため、大学がどこか?ということすら分かりませんでした。

 

界隈の大学であれば「東京電機大学」「大東文化大学」がありますが、こちらの生徒さんなのでしょうか?可能性としては考えられますね。ただ、東京にも通える距離なので、大学の特定は難しいでしょう。

東武東上線は人身事故がなぜ多いのか?

東武東上線は人身事故がなぜ多いのか?ということを思っている人がいるかもしれませんね。これは、実は、、、もしかするとですが、損害賠償が安いかかもしれません。

 

どういうこと?ということかですが、人身事故で電車を止めてしまった場合には、鉄道会社より損害賠償請求が来ます。本人が亡くなっていれば、その家族に。

 

簡単な計算式でその損害賠償金額は算出できます。目安ですが。それは、区間料金×影響人数ということになります。都内の山手線なんかで、人身事故が起きてしまうととんでもない請求額が、、、。基本的には、そこからはその家族と示談することにはなりますが。

 

請求額が払えないで自己破産されたら、鉄道会社も丸々背負うことになるのでね。

 

そういう考えが根底になるとして、東武東上線を考えると見えてきますね。それは、利用者数が少ないために、損害賠償請求額が家族の負担として重くのしかからないからです。

 

今回の件でいうと影響人数は4500人。区間料金は144円です。約65万円になります。とまあ、ザックリとして金額になりますが、あとは車両に関する賠償や、、いろいろと。それで100万円以上の請求があるでしょう。都内で同様のことがあったとしたならば、、、。

 

ん???と想うかもしれませんね。そう。自殺する人が、あとの家族のことを考えて死ぬんです。賠償金が安いところでね。

 

という嫌な推測ではありますが、あながち間違っていないかもしれません。自殺なんて起きない方がいいですが、年間3万人以上も、亡くなっていますからね。日本人の死因の原因は自殺がナンバーワンですから。

 

こういったニュースが報道されない時が来れば嬉しいですね。。。

この記事が読まれています。

松本愛(モデル)逮捕?彼氏は川谷絵音で元カレ大倉士門?水着画像やカップも調査!

大友花恋の子役時代の画像は?代表出演ドラマを紹介!演技力がすごい!

綾瀬はるか歴代彼氏の噂まとめ!井上公造が予想?最新情報は?

古畑星夏の目は整形?彼氏や高校の噂は?カラコンがかわいい!

本田圭佑の目の比較!バセドウ病は治った?いつからおかしい?