訃報が報じされていますね。それは、俳優として活躍した片山広明さんが亡くなったということです。兼ねてから病気にて入院しているというニュースが報じされていましたが、そのまま病状が良くならずに、、、とのことです。片山広明さんについて、ここではどのような方がったのか調べてみました。


片山広明のプロフ

生年月日:1951年3月1日
出身地:千葉県野田市
死没:2018年11月13日(67歳没)
ジャンル:ジャズ、フリー・ジャズ
職業:演奏家
担当楽器:テナーサクソフォーン
活動期間:1970年 – 2018年

片山広明さんは、RCサクセションの帯同メンバーとして活躍していました。梅津和時率いるD・U・Bで活動して、ヨーロッパ公演も行っている実力あるサックス演奏者になります。

 

今は亡き忌野清志郎さんのサポートメンバーとしても活動された経歴があります。日本でも有名なサックス奏者ということですね。そして2018年11月13日にすい臓癌のために亡くなりました。

片山広明が死去した理由は膵臓ガン!

片山広明さんが亡くなった直接の原因は膵臓がんです。この膵臓ガンとはどのような病気なのでしょうか?調べてみました。

すい臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞にでき、すい臓がんは通常、この膵管がんのことを指します。すい臓は洋ナシを横にしたような形をしていますが、膵管はこの細長いすい臓を貫いて、網の目のように走る細い管です。

すい臓がんと言われていますが、その中でも細分化されているようですね。90%以上が『膵管がん』ということで片山広明さんもこれの可能性が高いでしょう。

「漠然とした症状」が多いようです。すい臓がんに関連のある症状として、「黄疸」があります。

総胆管と合流する位の付近までがんが増殖することで、胆管が詰まってしまい、胆汁が十二指腸の中に上手く流れなくなることで見られる症状です。黄疸による体の変化としては、皮膚や白目が黄色くなる、体全体のかゆみ、尿の色が濃くなる、などが見られるようになります。

すい臓がんですが、漠然とした症状でかなり気付くのが遅くなるケースもあるようです。末期がんの状態で見るかる人も多いようですね。

糖尿病がある人は、すい臓がんのリスクが、健康な人よりも高くなると言われています。実際に2013年頃に公表された調査結果では、糖尿病の人がすい臓がんになるリスクは、健康な人の1.85倍という報告がなされています。

糖尿病の人の方がすい臓がんになりやすいという統計データがあるようです。持病をお持ちの方は気を付けた方が良いですね。ガン検視で見つけることもできるようですが、腫瘍マーカーでの検査では見つからないこともあるそうです。

 

直接膵臓を検査するようなことをすれば確実でしょうが、そんなことをしていたら全身見ないといけませんからね。なんとも厄介なガンだということですね。

 

片山広明さんのご冥福をお祈り申し上げます。


DAZNで今なら2か月完全無料!

コパアメリカ DAZNでは、J1~J3まで独占配信中です!さらには、「2019−20シーズン:プレミアリーグ独占配信」「UEFAチャンピオンズリーグ決勝 独占配信(地上波放送は廃止)」というサッカーファン大絶賛の内容です!そして「サッカー日本代表 南米選手権大会コパアメリカ 全試合独占配信」に注目です!   その他のスポーツも充実!「読売ジャイアンツ配信開始」「ボクシング Matchroom/Golden boy」「MLB」「F1」も配信中!
   
LINEで仮想通貨の値上がり情報を受け取りませんか?いまなら完全無料で利用することができます!老後2000万円の問題もあるため、賢く資産運用していきましょう!