2018年7月の大雨により岡山県真備町は大きな浸水被害を受けています。僕は地元が岡山ということで、もちろん真備にも友人がいます。幸いなことに、その友人に被害はありませんでしたが、ご家族が被災されたようです。2階床上浸水ということで、その被害は甚大です。

 

このような被害が自分の知り合いに起きるとは全く考えもしませんでした。この3連休を使ってボランティアに行く予定にしています。そこで、僕が調べた真備町へのボランティア参加方法をまとめてみました。決して単独で勝手に行くことは避けてください。慢性的な渋滞が周囲では起きているために重要車両の交通の妨げになります。

Sponsored Links

真備町氾濫浸水の災害ボランティアはいつから?

真備町のボランティアですが、7月11日に開始されています。まずは、倉敷市社会福祉協議会、中国職業能力開発大学校でボランティアセンターが開設されています。

岡山県倉敷市は広い範囲で浸水の被害を受けた真備町の被災者を支援するため11日から市内に住む人限定でボランティアの受け付けを始めました。

倉敷市真備町は浸水の被害が激しく、道路の状況がよくないことからボランティアの受け入れを見送ってきましたが、きょう倉敷市玉島の中国職業能力開発大学校にボランティアセンターを開設しました。

11日から3日間は倉敷市に住む人に限っていますが午前中だけで200人以上が集まり、熱中症の予防のためこまめに水分をとることなど注意事項を聞いた後、支援を希望している人の家に向かいました。

暑さが厳しいことなどからボランティアの作業は午前と午後の2時間ずつに制限されていて、参加した人たちは泥水につかって使えなくなった畳を運び出したり、家の中の泥をかき出したりしていました。

作業を手伝ってもらった69歳の男性は、自宅の2階の床まで水につかる被害を受けたということで、「自分たちだけでやると1年以上かかると思って途方に暮れていましたが、みなさんの力を借りるとあっという間に片付いて、びっくりしていますし、本当にうれしいです」と話していました。

ボランティアの当日の受け付けは午前11時までで、問い合わせ先は086ー434ー3301、倉敷市のボランティアセンターです。

これまで真備町周囲へ行くための道路状況がよくないためにボランティアのアナウンスはありませんでした。しかしながら、ここにきてようやくボランティアを受け入れる体制が現地で整ったようです。中国職業能力開発大学校の場所はこちらです。

中国職業能力開発大学校でのボランティア受付時間は9時からです。、13日までは倉敷市民が対象となります。全国からのボランティア受け付けは7月14日からとなりますので。

 

⇒詳細は倉敷市社会福祉協議会WEBへ

 

Sponsored Links

真備町ボランティアの準備や心構えとは?

現地から情報ですが、かなり高温となり熱中症対策が必須となります。スポーツドリンクや塩分を補給できる補助食品などを持参してください。最低限自分の面倒はすべて自分で見れる準備をしっかりと行いましょう。保冷材などをクーラーボックスに入れ持参して首元を冷やすことも熱中症には有効ですね。

 

そして、現地では泥水が干上がって砂ぼこりが酷いです。そのため、マスク必須となります。できれば目元を覆うゴーグルもあればいいでしょう。防塵対策はしっかりとしてください。周囲のドラックストアなどではすでに物資が救援に使われているため、商品がない可能性があります。

 

現場近くよりも遠くのコンビニで購入していきましょう。現状、真備町では食べ物・水分は十分にあるとのことで、掃除道具の方が不足している状況です。竹ぼうき、軍手など掃除に役立ちそうなものを持参するといいでしょう。こちらに参考になる準備品がありましたのでご覧ください。

⇒ボランティア参加する準備品とは?

 

さらに気を付けて欲しいの自分の活動拠点です。遠方からくる人で宿泊先や交通手段を確保しないまま現地に支援する人がいます。宿泊先は自分で確保して現地へ向かってください。

 

それを忘れがちな人が多いです。被災地へ支援しに行くということは、自分のことは全て自分でやっておくということは必須となりますので。楽天トラベルで宿泊先が確保できるのか?どうかを確かめて、現地に行くのであれば予約していきましょう。

関連記事

真備町(倉敷市)ボランティア活動保険に加入方法や料金は?

平成30年7月豪雨災害の義援金まとめ!義援金詐欺にご注意を!

真備町(倉敷市)義援金や支援物資の受付場所は?不足して必要な物は?

倉敷市真備町の浸水被害まとめ!まび記念病院や川の決壊痕は?

冠光寺池(かぶらこうじいけ)場所や決壊寸前?旭川もヤバい!ライブカメラは?

真備町ボランティア参加方法は?

ボランティアに参加するために倉敷市へ電話で問い合わせするのはやめてください。まだまだ状況が整っていないために電話してもなかなか対応できない状況が続いているようです。電話での問い合わせは、倉敷市真備町ボランティア受け付けは当日午前11時まで、問い合わせ先は086ー434ー3301となります。

 

先ほども言いましたが現状は倉敷市民を対象にボランティア参加ができるような状態です。それ以上に来られても受け入れる体制が整っていないとのことです。個人的に被災地に赴くのは、真備町に被災された知り合いがいる人くらいで留めた方がいいでしょう。

 

また、真備町以外にも岡山には被災した地域があります。恐らくですが、そちらはあまり全く報道がなかったために、水害があったことすら認識されていない可能性があります。ボランティアが全く集まらない地域もあるかもしれません。

 

岡山市東区の方でも大きな浸水被害があったので、そちらも情報をチェックしていだだけると幸いです。とりあえず、倉敷市民以外の人は岡山市でボランティア要請があるところへ当たる方がいいでしょう。

⇒詳細は岡山市社会福祉協議会WEBへ

Sponsored Links

さいごに。

真備町が岡山県内でも大きな浸水被害があったのですが、ほかの地域も浸水している地域はあいます。真備町が大きく取り上げられたことで注目されてボランティアが集まりやすい状況ではあります。他の地域も被害を受けているところがありますので。

 

今後、大人数のボランティア受け入れ体制も整ってくると思いますので、この記事を見た方で協力いただける方は、ぜひボランティアに参加していただければと思います。今後、情報が入り次第、更新していきますね。

この記事が読まれています。

真備町(倉敷市)ボランティア活動保険に加入方法や料金は?

平成30年7月豪雨災害の義援金まとめ!義援金詐欺にご注意を!

真備町(倉敷市)義援金や支援物資の受付場所は?不足して必要な物は?

倉敷市真備町の浸水被害まとめ!まび記念病院や川の決壊痕は?

小田川(真備)氾濫した場所は?水位がヤバい!ライブカメラの映像は?

倉敷市真備町で泥棒か?レスキュー隊や迷彩服で窃盗の情報源はデマ?

Sponsored Links