みなんさん、日本大学アメフト部の緊急会見を見ましたでしょうか?もうこれは「日大落ちたな」と言わざる負えない状態ですね。会見を見た人の多くがある人物に「イライラ」したに違いありません。

 

正直、大学として最低の対応したことになりますよ。会見を見ていない人はこちらの会見動画を見て下さい。どういった意味が分かりますから。呆れますね。

この謎の司会者が謝罪会見の場でマスコミたちとバトルしていますからね。見世物としてはとても見ごたえがあったんですが、監督とコーチが誠心誠意の会見を行っていたのに、この謎のおじいちゃんのお陰で台無しです。この謎の人物について調べてみました!

Sponsored Links

米倉久邦の経歴や著書は?

名前:米倉久邦

生年月日:1942年(詳細不明)

米倉久邦氏ですが、ネットでググると同姓同名の方が出てきます。著書も見つかりますが、全くの別人になるのでご注意くださいね。

 

経歴について調べてみたのですが、詳細なことが分かりませんでした。大学教授であれば、いろいろと経歴があるので情報を掴むことができたのですが、殆ど一般人と見て良いでしょう。

Sponsored Links

米倉久邦の日本大学での立場を調査!

米倉久邦氏の日大の立場ですが、客員論説委員で日大広報部職員という肩書きのようです。こんな重要な場に出てきたのですから、日大広報部の中でもかなり上の人であることは間違いないでしょう。

 

もしかして、広報部の部長だったりしないですよね?そうだったとしたら、マジで終わっていますね。会見としては、米倉久邦氏のお陰で火に油を注ぐような事態になりましたよ。いやマジで。

 

明日からアメフト部のことではなくて、米倉久邦氏のことが大きく報道されることは間違いないでしょうね。日本大学には危機管理学部という学部がありますが、一体何を学べるんでしょうか?

 

今回の日本大学の危機に対して全く管理できていない、対応できていないですよね。ここまでなると、日本大学理事長の田中英壽氏が今回の騒動をどう思っているのか聞きたいものですね。

 

さすがに理事長まで出てこないとは思いますが、これ以上ことが大きくなるようであれば理事長の登場もあり得るかもしれませんよ!2019年に130周年を迎える名門がここにきて大きな転換期を迎えたことは間違いないでしょう。

米倉久邦がヤバすぎる過去が!ヤクザに借金か?

名誉教授は大学院 法学部研究科の非常勤講師として、大学院生のべ14人に対し、週3コマ、英米法などを教えている。現在は休養している。

この日の記者会見で、池村正道学部長は「反社会的勢力から借り入れ、世間をお騒がせしているのは誠に遺憾」とした。

米倉久邦広報部顧問は「どんな活動をしているのか報告義務はないし、大学として関知していない」と述べた。

関係者によると、元幹部は山口組の執行部に入り、「中四国・九州ブロック」のブロック長を務めたとされる。総務省などによると、名誉教授は1991年から、東京都杉並区担当の「行政相談委員」を務めている。総務相の委託を受けた有識者が無報酬で、行政に対する苦情や相談に応じる。

2007年からは200人以上の委員で作る「東京行政相談委員協議会」の会長に就任している。総務省行政相談課は「事実関係を確認し、解職を含め対応したい」としている。

ということで、ヤクザに借金するような人物ですから、このような対応は納得できますね。性格に関しても短気で誠意の欠片も持ち合わせていない人物だということが分かります。明日からのメディア攻撃は米倉久邦氏に決まりですね!

 

ただ、、、、危険なタックルの問題が薄くなるのは良くないことなので、そういったスポーツの闇の部分はしっかりと対処してもらいたいし、報道もしっかりしてくださいね、、、しないか(笑)

さいごに。

米倉久邦氏によると今回の会見で「日大のブランドは落ちない」ということですが、確実に落ちていますからね。来年の入試志願者かなり減ると思いますよ。日本大学アメフト部は終わったではなくて、日本大学終わったな、、、になりかけていますから。

 

そしてヤクザに借金していた過去があるということで更に世間の風当たりが強くなること間違いないでしょう。まずはじめに解雇されるべき人物は米倉久邦氏かもしれませんね。こんな大学に僕が親であれば絶対に通わせたくないですからね。

この記事も読まれています。

内田正人監督(日大)コメント内容がヤバい!経歴や性格を調査!

宮川泰介(日大アメフト)ラフプレーの理由は内田正人監督の指示?

キティ・スペンサーのインスタ画像や彼氏は?妹もダイアナ妃似?

井上尚弥の次戦テレビ放送は5月25日?マクドネル戦予想や動画は?

ロシアワールドカップ日本戦の日程や放送時間は?時差も調査!

Sponsored Links