胎内記憶の赤ちゃん

『胎内記憶』って知っていますか?言葉のとおり、赤ちゃんの胎内での記憶のことです。ママのお腹の中にいても、赤ちゃんはどうやらいろいろ考えているようなんです。実際に、数ヶ月の胎児の脳に何かを記憶した形跡が残っていたとか?科学的にもその信憑性は高いとされています。

 

驚くことに胎内記憶は100年以上も前から存在が分かっていたと言われています。1960年代からは、医療技術が進み、胎内の状態もわかるようになり赤ちゃんの研究も進大幅に進みました。

出生前検診で赤ちゃんの状態も分かるようなサービスもいまでは当たり前になりつつありますね。また、私たちが思っている以上に、赤ちゃんには高い能力が備わっています。

Sponsored Links

赤ちゃんの感覚

赤ちゃんの胎内記憶

赤ちゃんの聴覚は、妊娠18週から聞こえ始め、妊娠28週では音が聞き分けられるほど発達していることが解明されています。最近の研究では、視覚が妊娠7週から10週頃から発達し始めることが分かっています。

おなかの中にいる時点でしっかりと機能が働いているようですね。そう考えると記憶ということが行われていてもなんら不思議なことではありません。嘘だという人が中にはいるかもしれませんが、嘘だという証拠はなにもありません。

胎内記憶がある子供が3割もいるとか?

日本で初めて『胎内記憶』について研究発表された池上明先生によると、調査によって3人に1人が胎内記憶を持っていることが分かったとのことです。話せるようになって間もない2~4歳の子供に圧倒的に多いとのこと。私が思っていた以上に多かったのでビックリしました(笑)

 

なにを覚えているのか気になりますね。基本的にはシンプルなことを覚えているようです。暗くてあたたかい、水に浮かんでいる、踊っていた、蹴っていたなどの感覚的なことが多いようです。

 

1番多かったのが明るさや色、音感について2番目に多いのが胎動の記憶です。その中でも特に多いのが「ママの声を聞いていた」「パパが笑っていた」「うるさかった」などの音についての記憶です。聴覚は妊娠中期からかなり発達しているので、音を通しやすい水の中では尚更聞こえているでしょう。

おなかの中の様子では、「あったかかった」とか「暗かった」「赤い」「水があった」などが多いですね。赤ちゃん自身は「泳いでいた」「浮かんでいた」「踊っていた」「おもちゃで遊んでいた」ということをよく言うようです。「気持ちよかった」「少し苦しかった」など気持ちを表すこともあり、なかには「急に針が入ってきてこわかった」と、ママが受けた羊水検査のことと思われる記憶を怒って話した子もいます。

出典:おなかの中に関する記憶 – gooベビー

記憶ですが、安産だった子供よりも難産だった子供の方が記憶を残すことが多いと言われています。「痛かった」「苦しかった」など産道を通る記憶が残っている子もいるようです。

子供に胎動の記憶を聞いてみよう!聴き方に注意!

子供に胎内記憶を聞いてみよう

よく言われるのが3歳のお誕生日頃に聞いた方がいいと言われています。理由としては、おしゃべり上手になって、自分の言いたいことが言葉として伝えることができることと、あまり大きくなりすぎると外部の情報に埋もれてしまい、経験した記憶があいまいになってしまうためです。

 

2歳半ぐらいになればだいぶ話せる子も多くなると思うのでそのころでも問題はありませんね。聞き方としては、リラックスした状態で聞いてあげましょう。

普段の会話の中で「あ、そいうえば○○ちゃんはママのおなかの中にいるときに何してたの~?」など、ごく自然に聞いてあげましょう。「○○してた~」など返答があるかもしれません。

 

子供と会話をしている時にさり気なく聞くことがポイントです。ひとつ注意して欲しいのは何度も聞くと子どもにストレスを与えるのでわなければ無理に聞くことはやめておきましょう。そして、聞けなかったのであればまたの機会をうかがうことが重要です。

記憶はいつまで覚えているのか?

胎動記憶は通常3~4歳程度で記憶がなくなります。そのため3歳で聞いたときには、それまで記憶が残っていても忘れてしまう可能性も考えられます。中には小学生ころまで覚えているという例もあるようですが稀のようですね。

さらに、大人になっても1%未満の方が胎動記憶を持っていることが分かりました。中には誰も信じてくれないので精神科医を受診する人もいます。しかしながら、かなりのレアいパターンですね。周りにそういう人はいませんか?

胎動記憶の科学的根拠はあるのか?

胎動記憶には2種類あります。

  • 胎児の聴覚、視覚、味覚に関するもの
  • 胎児期のエピソード的な記憶

前者には科学的根拠がありますが、後者にはありません。実は胎動記憶の研究は世界中で行われています。胎内記憶の第一人者である池川医師は臨床の現場で胎動記憶のある子供たちと接することで、胎動記憶があることが自然だと感じるようになったそうです。

 

しかしながら後者のエピソード的な記憶は科学的に証明されていません。「子どもが親の期待に応えようとして話を創作しているのではないか」「親の刷り込みではないか」という説もあるようです。嘘だということです。

ですが、人間のことですから科学的に証明できていないことの方が多いです。人体に関しては今でも新たな発見がいくつもあるので「胎内記憶」を否定することはできませんね。今の科学技術的にはということです。

胎内記憶が題材の映画がある

胎内記憶を題材にした映画もあるようです。こちらは予告編です。

池川明先生の著書としておなかの中からママとパパを見ていたよという本も執筆しています。胎内記憶は、とても興味深いですね。自分の子供にも「胎内記憶」があるか聞いてみようと思います!

こんな記事がよまれています。

本田圭佑の目がおかしい原因はバセドウ病か?手術はしたのか?

愛子さまがふっくら激太り?拒食症から回復か?進学高校は決まったのか?

石田純一と東尾理子の子どもはダウン症?その確立どれくらい?

渡辺謙と南果歩には子どもは誰?不倫報道?離婚の可能性は?

Sponsored Links