いよいよ冬本番、年末に向けて何かと物入りになってくるタイミングです。お金足りてますか?え?わたくし?もちろん足りてません。つーか借金あります!ゲラゲラゲラー(笑)。

 

笑ってる場合じゃないんですよ!本当に藁にもすがる思いです。「お金あげる」なんて知らないおじさんがいたらフツーについて行きそうな自分がいます。

 

ダメですね。そんなダメな人にはならないために、せめて金運を上げる方法を片っ端から調査しました。これを読み終えた頃のあなたはもう大丈夫、お金には困らない人になっていますん!えっ、どっち!?ゲラゲラゲラ(笑)

Sponsored Links

財布の使い初めはいつがいいの?

天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)ってご存知ですか?何かにチャレンジするとき、またはここぞという人生の一大決心をする時、する日などはこの天赦日がベストとされています。めちゃくちゃ縁起の良い日になのです。

 

2018年の天赦日をリストアップ

2/1(木)

2/15(木)

4/16(月)

7/1(日)

9/13(木)

11/28(水)

 

これらの中でも、更に運気が上がる日があります。その日を「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」と読みます。意外とそのままの読み方です(笑)

 

1粒のもみが数万倍に増えていく、栄えていくという激ハッピーデイです。賢明なあなたは気づいたはず、そう、天赦日かつ一粒万倍日が重なる日が吉日マックス!パーリーの日です。その対象日は・・・

2/1(木)

7/1(日)

9/13(木)

ここです!ただ、年明けから2/1までお金使わずに生きることは困難です。この日までにお財布を新調しておいて、新しいお財布の使い初めにすればご利益は損なわれません!ぜひチャレンジしてください。

財布は寝かせてから使いましょう!

?財布を寝かせる?高級食材なら理解できますが、財布を寝かせるなんて意味不明ですよね?でもこの「寝かせ」が金運アップに大きく関係するのです。

 

この「寝かせる」という発想は風水から誕生しています。風水では財布は一種の生き物と考えられています。財布に入れるものはお金。お金は財布に取ってパートナーとなるわけです。

 

そんなパートナーであるお金を財布からすぐに出してしまうと財布はお金の存在を冷たく感じたり、忘れてしまったりします。付き合い初めの恋人同士みたいですね。

 

お金を使い始める前に、一度財布の中にぎっちりしまい込んでおくことで財布とお金は濃密な関係になるのですねー。おとぎ話チックですけど、ちょっとなるほどって思えちゃう。

 

こういった考えが散財を防いだり、お金をギュッと掴んで離さないという金運アップに繋がっていきます。特別難しくないですよね、財布にお金入れて置いておくだけ!まずはチャレンジしてみましょう。

財布を寝かせるベストの場所は?

せっかくならば「財布の寝かせ」をとことん極めましょう。金のためならいくらでも調査します、はあはあ。財布を寝かせるナイスな場所は・・・。

 

①寝室!

②神聖な場所!

 

さらに加えるならば出来れば「北側」そして「暗い所」。風水では北側、暗い所は金運アップの方位なのです。北側に部屋なんてほとんど暗いでしょうから期待は持てますよね。

 

さらにさらに加えるならば、その寝かせの際の財布は「奇麗な布」もしくは「半紙」に包んで寝かせてあげてください。

 

知らない人が見たら何だこれって思うでしょう(笑)。財布が薄暗い所に落っこちていると思われて拾われないようにご注意下さい。

Sponsored Links

財布を寝かせるベストな期間は?

ズバリ!10日~2週間ぐらい。2週間以上、もっともっと寝かせれば、もっともっと金運が上がるかも・・・、なんて欲張りな発想は逆効果。

 

2週間たったら、「ここだ!」って自分のひらめきで感じるタイミングで使い始めるのがベストのようです。

 

そもそもわたくしはそんなにお金を置いたまま何週間も過ごせません。むしろ10日置いておけるかが不安でなりません(笑)

うーん、ほんとにそれで金運上がるの?

よし、そこまで疑うあなたは本当にお金がない人か、そうとうガメツイ人です(笑)。

大丈夫、わたくしも少し感じる部分ありますから!

 

もう、これスペシャル合わせ技発見しましたから。ぜひプラスアルファでアクション起こしてください。財布を寝かせる際、一緒に寄り添わせるとナイスなアイテムもピックアップしました。ベストなものはこれ!

 

①五円玉

オーソドックスですね。たしかに。が、甘い!ただの5円じゃ効果は望めない。ピッカピカの5円玉を一緒に寝かせてください。なかなかないっすよー、ピカピカ5円玉。

 

もちろんご自身で磨き上げるのが早いですね。お酢につけて磨いてを繰り返せばそのうちピッカーンって光り輝くでしょう。

 

②ふくろう、カエル、七福神様、打出の小槌、護符

もちろん本当のふくろうはデカすぎるし、飛んでしまいますのでダメです。カエルも財布がヌルヌルになるので避けましょう。

 

ふくろうは=不苦労、カエルは=(お金が)帰るの意味合いですから小さなお守りなどがいいですね。七福神様などはド定番ですが金運アップの大御所ですから安定感は抜群でしょう。

 

さて、金運をあげるため「財布を寝かせる」この方法、いかがだったでしょうか。特別難しいことはありません。こんなちょっとした気分転換が金運をあげるのかもしれませんよ。ではまた。

Sponsored Links