突然携帯電話や固定電話に知らない番号から電話が……そんな時、大抵の場合はとらないで無視する、なんてことも多いかと思います。なにか心あたりがあれば別ですが、ない時は不安な気持ちになりますよね。

 

しかしながら……この電話番号だけは無視すると面倒な事になるので要注意!というわけで、この番号はいったいどこからかかってきているのか、どうすればいいのか?を紹介していきます。

Sponsored Links

0120−211−231はなんなの?とったほうがいい?

結論から言うと、とったほうがいいでしょう。まず知らない番号を無視するということは、心境としては「個人情報の流出?」や「イタズラ電話?」「売り込み?」など、少なくとも決していい印象は受けていないはずですね。

 

心当たりがなくても、ここは出ておくことをおすすめします。なぜなら、この番号は年金絡みでかけてきているからです。つまりどういうことか?というと、国民年金の案内を引き受けている業者からの連絡ということです。

 

たしかに年金機関からの直接の電話ではないのでその部分で軽視してしまうかもしれませんが、正規に引き受けているちゃんとした会社からの連絡であることには間違い無いので無視せずに受け取りましょう。

 

で、もちろん年金機構ではない為に本来の年金窓口の受付時間には関係なく連絡が来ます。ここで「偽物だ」と判断して無視してしまう方もいるようですが、かかってきている会社は違うところなので時間や日にちは関係ありませんのでご注意を。

 

ここまででわかるかと思いますが、無視することでプラスに働くようなことは何もありません。ちゃんととって連絡を受け取りましょう。無視すると面倒な事になる可能性もあります。

Sponsored Links

そもそもなんでかかってくるの?無視するとどうなる?

かかってくる原因としては、3つパターンがあります。可能性の高い順番に並べると、以下のようになります。

・年金保険料の未納がある
・保険料免除の連絡
・相手のミス

と、こうなります。ここでは最も可能性の高い未納について紹介します。これはさまざまなパターンがあって、例えば単純に未納のままになっている場合や、転職で払っていなかった時期がある場合、20歳を超えて学生だった時期に払っていなかった場合など、これにもパターンはあります。

 

もちろん、この場合は無視すると大変なことになります。いくら国の機関から業務を引き受けている会社とはいえど、ひとりひとりの経済状況まで把握できているわけではないのです。

 

つまりそれがどういうことかと言うと、連絡を無視している=支払う気がないと判断されてしまうということです。そしてその場合、その後はどうなるかというと……

 

まず、年金がもらえなくなるのは明らかです。老後の年金はもちろんのこと、怪我や病気をした時に障害を負った際受け取れる障害年金も同様。つまり、受け取れるお金が、受け取りたい時に受け取れなくなるということです。これはかなり勿体無いですよね。

 

いらないから払わない、という考えの方もいるかもしれませんが……事はそう単純でもありません。何ヶ月も無視し続けるとどうなるか、それは「差し押さえ」ですね。銀行預金から差し押さえが発生したりするわけです。

 

その間は電話や自宅訪問など、さまざまな手段で連絡が来続けます。それでも無視すると、特別催告状というものが送られて来ます。その中に書かれている内容としては、

 

「年金保険料が未納になっているので、期日までに納付してください。無視した場合、滞納処分を開始します。処分内容は延滞金の追加と、あなたと配偶者の財産の差し押さえです」

 

というような内容のことです。これすらも無視するとどうなるかは、わかりますね。もちろんいきなり差し押さえ!とはならないでしょう。これは、差し押さえる側も色々な手続きを踏む必要があるからで、その間すこし期間が空くからですね。

 

ただし、差し押さえまでいくともう泣いても笑っても止めることができません。そうなる前に、ちゃんと連絡を取り合っておきましょう。支払う余裕がありすぐにでも支払える!という場合には、支払うことを伝えて支払い先の確認をしましょう。

Sponsored Links

もしも支払うことができない場合はどうすればいい?

しかし、そもそもそこまでのステップに進んでしまっているような人だと支払えないということが多いかと思います。なぜなら、未納分を一括で支払うように言われるからです。

 

そうなると、もう八方塞がりのように感じてしまうかもしれませんが、安心してください。まず一括ではなく、分割に変更してもらえるケースがあります。分割であればひとまず安心ですよね。

 

また、そもそも支払わなくてもよくなるケースもあります。国民年金は国民全員が一律のものなので、所得や環境によって支払えない人がいるのも当然ですよね。なので、申請すれば支払わなくともいい可能性があります。自動でそういった手続きが踏まれることはないので、自己申告してください。

 

法的にまずいことでもないので、困った時には行っておくことをおすすめします。条件は以下の通りです。

・学生
・実家に住んでいるフリーター
・実家に住んでいる無職
・卒業し就活中
・自営業やフリーランス
・失業、もしくは無職

これらに該当した場合は、免除になる可能性があります。逆に言えばこれらに当てはまらない場合には絶対に免除になりませんので、分割にしてもらうなどして支払う意思を見せましょう。支払いの滞納でもっともやってはいけないのは、支払いの意思を見せないことです。

まとめ!

いかがでしたか?知らない番号からかかって来た時はたしかに不安感を覚えてしまうかもしれませんが、未納があると連絡がかかってくるので、まずは焦らずに電話をとりましょう。出ないで無視し続けると大変なことになります。最終的なステップまで進んでしまうと、あなただけではなくあなたの家族にも影響を及ぼす事になりかねません。

 

まずは連絡し、然るべき対応をしてください。もちろん、最後まで進んでしまった場合よりも早めであればあるほど柔軟に対応してもらえるはずですので、この番号からかかって来た時にはとるようにしましょう。それでは、最後までご覧くださりありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links