こんにちは!まさやんです!

 

2019年2月10日(日)に日本テレビで放送されたドラマ「3年A組」6話のネタバレとあらすじに感想をご紹介していきます!

 

▼huluで1話から見逃し配信中▼

>>>動画の無料視聴はこちらから<<<


[3年A組6話] ネタバレとあらすじ

2019年2月10日(日)放送の3年A組6話のネタバレとあらすじです!

2部のスタートは柊のことを理解したかのように親近感あふれる描写かと思いきや突如発言した悠長なゲームと殺害予告により急にバイオリズムが代わってしまう物語ストーリーとなり興奮せざるを得ないスタートでありました

 

そして今宵のエピソードのカギを握るキャラクターは自分大好き結城と何事も積極的な努力家水越の二人でありあまりスポットを浴びない二人が今宵ドラマの流れを変えるファクターとなったことで物語は新鮮な展開を見せてくれました

 

そして最後は柊の叱咤と熱弁により彼女達も新たな成長へとつなげられることを期待する柊の行為は邪道でありながらもやはり教師の姿は残っており相楽と何か約束を果たすために動く様は2部になっても相変わらず健在であり感動しました

 

一風変わったスクールドラマというだけではなく今宵の新発展として生徒の一面だけではなく柊の過去も郡司達に暴かれたことによりあろうことか起爆剤のルートや柊とつるむフィクサーの判明はドラマをクライマックスに向けて非常に面白くなる展開であり郡司達に打ち明けていないが協力関係を結んでいる五十嵐にも影響のある展開は外部にも大きな影響を与えてくれる面白い展開になる気がしました

 

▼huluで1話から見逃し配信中▼

>>>動画の無料視聴はこちらから<<<

 

【オンエア前に】「3年A組」6話の見どころは?

「3年A組」を見ている方から3話の見どころや注目ポイントをお寄せいただいたのでご紹介しておきます。

景山の死の真相は武智というスタンドプレーが好きで正義の味方をアピールしていた教師ではないかと想像します五十嵐は柊に協力することで景山の死の真相を知りたがっているのかもわかりませんそこで柊が動画の顧客リストを入手して黒幕が教師だと明かすのを待っていたのでしょう

そして武智は実は景山からハングレ集団との交際を学校で暴露すると脅迫され証拠隠滅の為に景山がドーピングしていたという疑いのある動画を生徒に撮影させ岸を使って動画をアップさせ顧客リストを作って容疑者がたくさんいるように見せかけたのだと思います

その上で岸に景山を自殺に見せかけて殺したのではないかと想像します更に柊が相楽文香を暴行したのかどうかの謎が明かされるのも期待したいです文香の父親が柊は恐ろしい男だと言っていた本当の意味が知りたいです

パートナー/60代/男性

 

まさかの2部構成となっており1部が景山事件の協力者携わったA組の生徒のあぶりだしから次はその景山を死に追いやった真の黒幕を探すという予測不能な展開となってしまい柊のことをほとんど知りつくしてしまった生徒たちだからこそ余命わずかな柊が行う2の授業の景山事件の黒幕の決定打を探すというストーリーは外部のメンツにターゲットと当てた非常に面白いエピソードストーリーが待っていることでしょう特に前回の教師である相楽も1部では動画内で何か語っていたり父親や警察経由で柊のこの大掛かりな事件のことを知らされているため彼女と柊のセッションも気になるところです

ttt/30代/男性

 

フェイク動画の黒幕は魁皇高校の教師の誰か、という事実がわかった5話の終わり。黒板に先生の名前を書き連ねるシーンが予告で一瞬出ていたので、フェイク動画依頼者リストを直接見たA組の生徒たちも誰がその黒幕なのかはわかっていない状態なのだと思います。立てこもっている生徒たちの推測だけでは誰かを突き止めることはできないと思うので、6話こそは外にいる警察が活躍してくる回になるのではないかと思いました。教師陣のうちの誰かということで、ネット上では武智先生の黒幕説がにわかに囁かれていますが……次回で、それが誰かというところまでは明らかになるのではないかと思うので楽しみです。

もも/20代/女性

 

[3年A組6話]を見た感想は?

[2019年2月10日]放送の3年A組6話の感想をご紹介します。

 

前回の最後に犯人は先生の中にいると放送され今回はその続きで8時までに先生が名乗り出ないと生徒がいる教室を爆破させるというものでした1人の生徒が部活を休んだことによって先生に退部を求められてしまいその腹いせにネットで犯人はその先生だと配信しようとしました

でも寸前で柊先生が阻止して配信はされませんでしたがネットに載せようとした生徒に対してその行動ひとつで先生の人生や先生の友達家族に大変な迷惑がかかってしまうことを強く指導してるところを見てすごく胸に響きました

もう反省してる配信されてなくてよかったなどは通用しない年齢なんだ柊先生が叱っていて本当に今のネット社会や高校生の軽率な行動でどれだけ社会に影響力があるのかこのドラマを通じてすべての人に伝わるといいなと思いました

自分自身もSNSで発信する場面があるため何気ない投稿で誰かの迷惑になっていないか著作権やプライバシーなどに反してることはないかよく考えてから発信していかないとだめだなぁとあらためて考えさせられました

トッピー/20代/女性

 

2幕がスタートし景山澪奈のフェイク動画について魁皇高校教師が関与しているという疑惑がSNS上でも拡散され教師の間にも動揺がはしるまた柊は生徒を殺していないということも情報として流れたため世間の人は柊は実はヒーローなのではとまで言い始める

ここらへん現代のSNSというのは拡散能力が高く突拍子のない意見まで一気に広がっていくのがこわいなと感じさせる演出になっていますね

柊がもちかけた信じる信じないゲームこんなに深い意味のあるゲームだったとは話の最後になるまで気づかずあーそういうことだったのかとしてやられたような悔しい気分になりました

この回でフォーカスが当てられた生徒は水越という元水泳部員の女子生徒でした水越は坪井に疑いと恨みを持っていてそのことについて告発動画を流そうとしましたがそのことに対して柊はかなり激昂し水越を痛烈に批判し説教をしました

このドラマシリーズを通して感じるのは若者のネット社会に対する認識の甘さ自覚せずに簡単に人を傷つけてまえる現代社会の危うさですすごく毎回考えさせられるものがあります

しーちゃん/20代/女性

 

ドラマを途中まで見ていたときは水泳部の先生が福原遥さんに対しておこなったことは許されることではなく許せないと思いましたし福原遥さんが怒るのは当然のことだと思いました

私が福原遥さんと同じ立場だとしたら当然あの先生が犯人だと思うし犯人を見つけないと教室が爆破されるという状況に追い詰められたとすれば同じことをしたと思います

しかし菅田将暉さんは福原遥さんの行動のあさはかさについて厳しく怒りました菅田将暉さんが言っていることはもっともだと思ったし自分自身のあさはかさを反省しました

自分が怒られているような気分になりなんだか複雑な気持ちでしたそれにしてもさすが菅田将暉さんは演技がうまいですね福原遥さんを追い詰めて怒るシーンは若いけれども本当に先生の顔だと思いました

あんな迫真の演技を目の当たりにしたら福原遥さんだって自然と怖さで涙が出ると思います菅田将暉さんは自分が演技がうまいだけではなく若手の役者さんの才能を引き出す天才でもあると思い改めてすごいなと思いました

ぷしこ/30代/女性

[3年A組6話]のあらすじ

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

出典:https://www.ntv.co.jp/3A10/

[3年A組6話]までの視聴率

・1話(2019年1月6日)視聴率10.2%

・2話(2019年1月13日)視聴率10.6%

・3話(2019年1月20日)視聴率11.0%

・4話(2019年1月27日)視聴率10.4%

・5話(2019年2月3日)視聴率 -

・6話(2019年2月10日)視聴率 -

 

まとめ

2019年2月10日(日)放送の「3年A組」6話のネタバレやあらすじをご紹介しました。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼huluで1話から見逃し配信中▼

>>>動画の無料視聴はこちらから<<<

長井短(みじか)本名は?目が不自然でハーフ顔?栗原類に似てる?

長井短さんという女優を知っていますか?モデルとして活躍してきた人なのですが、最近はドラマでも見かけることがあり […]

コメントなし

3年A組 3話の無料動画視聴はコチラ!見逃し配信1月20日は?

菅田将暉主演の『3年A組』というドラマの勢いが凄いことになっています。菅田将暉さんが主演ということもあっても、 […]

コメントなし

3年A組 3話ネタバレと感想!内通者と動画撮影者は誰だ!

「3年A組」は菅田将暉さん主演ドラマですが、その演技がかなり迫力がありますね!前回からの放送からいうと、、、警 […]

コメントなし

 

松坂桃李の主演話題作『娼年』

娼年 「娼年」は2001年に直木賞候補としてもエントリーされた作品。そのセンセーショナルな性の極限を描くことができなかったが、松坂桃李と三浦大輔監督のコンビにより映画化が実現。その内容は、原作の細部までに拘っており、妥協を許さない原作ファンも納得です。   今なら30日間無料お試しキャンペーン中