スポーツ

阿部一二三の父親の年齢職業は?家族構成についても調査!

男子柔道66kg級の東京オリンピック代表選手をめぐり、丸山誠志郎選手と熾烈な争いの結果選手代表に決定した阿部一二三選手。

 

先に妹の女子柔道の阿部詩選手が東京オリンピック代表選手に決定していて、兄妹そろっての東京オリンピック出場です。

 

そんな阿部一二三選手の父親の年齢や職業は?また家族構成についても調査!してみました。

阿部一二三の父親の年齢職業は?

親ありて:柔道選手 阿部一二三さん、詩さんの両親 浩二さん、愛さん ...
出典:mainichi.jp

 

阿部一二三選手のお父さんは阿部浩二さんと言い、今年で50歳になられます。地元の神戸で消防士をしてらっしゃいます。元は競泳選手で小学校の頃はバタフライで全国入賞も果たしたことがあるそうです。

 

消防士と言うこともあるのか鍛えてらっしゃるのでしょう、いい身体してらっしゃいますね。阿部一二三選手が小さい頃まだ柔道が弱かったのでお父さんは、体幹を鍛えるメニューを考え筋トレさせていたそうです。

 

それはランニングを10kmすることと、3kgあるメディシンボール投げインナーチューブでの筋トレなどでした。

 

ウエイトトレーニングをやらずインナーマッスルを鍛えたのは、硬い筋肉がつくとけがをしやすいからだそうです。スポーツもそれぞれつける筋肉の場所が違うと言うことなんですね。

 

阿部一二三選手は毎日自主トレには6時間の練習と、試合前は自分より階級が上の選手との試合を日に30回近く続けたそうです。そうやって努力をしてきたんですね。

 

その甲斐あって中学生になった阿部一二三選手は頭角を現してきたそうです。2年で全国中学校柔道大会55kg級で優勝をしています。3年では60kg級に出場しオール1本勝ちしています。

 

その後高校生の時は73kg級で、古賀稔彦さんの長男の古賀颯人選手に勝ち優勝をしています。

 

そうやって努力の結果どんどん強くなっていったのですね。

阿部一二三の家族構成についても調査!

顔画像】阿部詩の家族は父親が消防士で母は経営者!兄は2人で阿部一二 ...

阿部一二三選手の家族お父さんお母さんとお兄さん妹さん5人です。

 

お父さんは神戸で消防士をされていて、お母さんは阿部愛さんといい、神戸で喫茶店を経営されてるそうです。この喫茶店は元は愛さんのご両親が経営されていたのを愛さんが継がれたそうです。

 

妹さんは阿部詩(あべうた)さんと言い大学生で女子柔道選手です。

お兄さんは阿部勇一朗(あべゆういちろう)さんと言い一般企業に就職されているようです。

 

阿部一二三選手が柔道を習い始めたころ、練習がイヤでダダをこねていたそうですがお兄さんが阿部一二三選手を練習に連れて行くのに一緒に柔道を始めたそうです。

 

阿部選手が柔道に慣れてダダをこねなくなったら、元々柔道にはあまり興味がなかったお兄さんは小学生のうちに柔道を辞めたそうです。

 

お兄さんは中学になったら「水球」に進んだそうです。お父さんは子どもの頃水泳をやってらっしゃいましたが、お兄さんは水泳ではないけど水球に進まれたんですね。

 

妹の阿部詩選手はお兄さんたちの影響で5歳から柔道を始めています。今回の東京オリンピックも、お兄さんの阿部一二三選手よりいち早く代表選手に決定しています。

 

お兄さんの阿部一二三選手が努力の人なのに対して、妹の阿部詩選手は天才肌と言われているそうです。

 

阿部一二三選手の家族はみんな仲の良い家族ですね。上のお兄さんは一般人ながら弟さんや妹さんのことをテレビに顔出しでインタビューに答えてました。優しい方です。

阿部一二三の父親の年齢職業は?のまとめ

いかがでしたか?

阿部一二三選手のお父さんは若くてイケメンですね。消防士と言うこともあってか筋肉のついたいい身体をしてらっしゃいますね。

 

阿部一二三選手の家族はみんな仲が良くて、阿部一二三選手、詩選手のことを応援しています。東京オリンピックでは頑張って2人とも金メダルを狙って欲しいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。