スポーツ

増田葵(水泳)出身中学・高校・大学はどこ?偏差値についても!

増田葵(水泳)出身中学・高校・大学

競泳・女子800メートルリレーの東京五輪代表に内定した増田葵選手。

 

ロングヘアで明るくヘルシーな笑顔がとても印象的ですよね。

 

今回が五輪初出場となる増田選手とは、一体どんな女性なのでしょうか?

 

今回は、気になる増田葵選手の出身中学や高校、大学などについて調べてみました。

 

増田葵が水泳を始めたきっかけは?出身中学は?

増田葵(水泳)出身中学・高校・大学

増田葵選手は、1996年6月20日生まれ、岡山県倉敷市出身です。

 

岡山県出身のオリンピアは、1964年東京五輪に出場した木原光知子さん以来、なんと57年ぶりなんだとか!

 

さらに倉敷市出身では初のオリンピア輩出となるので、地元も大盛り上がりと言ったところでしょう。

 

ますます東京五輪での活躍に期待が高まりますね。

増田葵と水泳との出会いは?

倉敷市のスターとなった増田葵選手は、実は幼稚園のころ、倉敷にあるレイスポーツクラブにて水泳ではなく、エアロビクスを習っていたそうです。

 

エアロビクスのレッスン後、同施設内にあるスイミングスクールを見て、「なんだか楽しそう!」「私も泳ぎたい!」と思い、お母さんにお願いして小学2年生から水泳を始めたと言います。

 

ある意味、運命的な出会いと言えるでしょうか。そこから、増田選手の水泳人生がスタートします。

増田葵の出身中学は?

増田葵選手の出身中学は、倉敷市にある南中学校ではないかと見られています。

 

小学2年から始めた水泳も、泳ぎのセンスは抜群で、南中学3年生から4年間、「倉敷市ジュニア指定選手」に選ばれ、体調や栄養面、メンタル面での本格的なサポートを受けていたのだと言います。

 

そんな増田選手も、記録が伸びず、中学生の時に「水泳を辞めたい」と悩んだこともあったそうです。

 

しかし、両親やコーチの支えもあり、増田選手の「後悔だけはしたくない」という思いから、再度トレーニングに打ち込むようになったのだとか。

 

中学生という心も体も成長段階であるこの時期に、自ら考え、人生をきちんと歩む姿は、とてもたくましいですね。

増田葵の出身高校は?

中学卒業後は、増田選手は岡山県立倉敷工業高校のファッション技術科へ入学します。

 

ファッション技術科では、ミシンを使って洋服を作っていたそうですよ。

なかでも増田選手は、洋裁が好きだったので、デニムやスカート、バッグなどを作っていたのだとか。

 

倉敷といえば「デニムの聖地」としても有名ですから、幼いころから身近に見てきた環境なのかもしれませんね。

 

倉敷工業高校そのものは、一般的な公立高校ですが、部活動が盛んな高校のようで、これまで多くのプロ野球選手を輩出していることでも知られています。

 

増田選手も、部活動と勉強の両立に一生懸命だったのではないでしょうか。

 

中学で伸び悩んだという増田選手ですが、高校1年生のときに国体に出場し、見事3位の好成績を残したことをきっかけに、オリンピック選手になりたいということを意識し始めます。

 

高校3年間では、岡山のエースとして何度も表彰台に上り、一歩一歩確実に、五輪への道を歩んできたようですね。

増田葵の出身大学は?偏差値は?

増田葵の出身大学

増田葵選手が高校卒業の後、進学したのが近畿大学です。

 

近畿大学と言えば、有名な水泳選手が多数在籍した大学ですよね。入江陵介選手や寺川綾選手などオリンピック出場経験のある選手も豊富です。

 

近畿大学の偏差値は、42~65ほど。

 

学部は経済や工学、文芸学部、法学部など文理合わせて14学部48学科もある総合大学ですが、増田葵選手がどの学部に通っていたかまでは明らかにされていないようです。

 

高校時代はファッション技術科に通っていたので、服飾系に興味があったのかもしれません。

 

近畿大学でも、もしかしたら文芸学部でデザインや芸術などの学科で学んでいた可能性はありますね。

 

ご本人も、休日は洋服を見に行ったり買い物したりするのが好きと公言しています。

増田葵の現在は?所属企業は?

増田葵の所属企業

増田葵選手は、近畿大学卒業後、カンコー学生服(菅公学生服)という会社に就職しています。

 

社会人になっても、もちろん彼女の勢いは止まりません。

 

2019年に行われた日本選手権では、200メートル自由形にて3位、400メートル自由形では2位という好成績をおさめ、さらに2020年に開催された日本社会人選手権では、200メートル自由形で見事優勝を果たしています。

 

後半に向けて追い上げるタイプのレース展開をする増田選手。

 

東京五輪でも、その持久力を活かし、メダルに貢献してもらいたいなと思います。

増田葵(水泳)出身中学・高校・大学はどこ?まとめ

増田葵選手は、小学校中学校、高校と地元岡山の倉敷市にて育ちました。

 

そしてその後は、近畿大学を経て、現在はカンコー学生服に所属しています。

 

本人も「すごく楽しみ」と言っているので、私も東京五輪で彼女が活躍する姿を楽しみに待ちたいと思います。