生活

洗った靴を早く乾かす方法まとめ!ドライヤーや新聞紙が鉄板?

お気に入りのスニーカーちょっと汚しちゃって……。

でも明日も履きたいし、洗うのはいいけど明日までに乾くかなぁ。どうしよう……。

と思うとき有りますよね、で今回は洗った靴を早く乾かす方法をまとめてみました。

それにはドライヤーや新聞紙が鉄板と言われてますがどうなんでしょうか? 調べてみました。

洗った靴を早く乾かす方法まとめ!

洗った靴を早く乾かす方法として、靴を洗ったならまず水切りとして洗濯機の脱水にかけましょう。え~っつ!と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、やはり脱水して水気を切るのが乾くのには一番早いです。海外などでは靴専用の洗濯機があるぐらいですから、洗濯機で脱水するのは全然有りなんですよ。

 

だからといって靴を直に洗濯機に放り込んで脱水するのは止めましょう。洗濯機の洗濯槽内に直に靴がぶつかり凄くうるさいし、靴や洗濯槽が傷んでしまうかも知れませんので。また洗濯機で脱水出来る靴はスニーカーや上靴と言ったものになります。オシャレな靴やヒールなどは洗濯で脱水はしてはいけません。靴が傷みます。

 

靴を洗濯機で脱水する時に用意するのがタオル洗濯ネットです。洗った靴をタオルで巻いて洗濯ネットに入れ脱水をかけるといいです。その時靴の中に丸めた新聞紙を詰めておくとさらに効果がアップします。

 

靴をタオルで巻いたりするの面倒、という方はホームセンターなどであらかじめクッションが付いている、靴を入れるだけの靴専用洗濯ネットが売ってますので買うというのもいいかもしれませんね。

 

あとは干すときの注意点ですが、早く乾かしたいのであれば靴はなるべく地面に直接置くのではなく吊して干すと言うことです。何でもいいんです。針金ハンガーを折り曲げたものとかで十分です。靴を引っかけて吊せるものならいいです。

 

ほか乾燥させるのに良いのが靴の中に除湿剤乾燥剤を入れるのもいいですね。

 

それでも濡れた靴が一番乾くのは風を当てると言う方法です。そこで除湿機空気清浄機があるならばこの風を当てると早く乾きます。つま先を上にして常に風が当たるようにしましょう。扇風機があれば扇風機の風を当てるのも有効です。

 

浴室乾燥機があれば使ってみましょう。乾きムラがあるようならばよく風の当たるとこに置きましょう。

洗った靴を早く乾かすにはドライヤーや新聞紙が鉄板?

新聞紙を丸める

洗った靴を早く乾かす方法として手軽に出来て有効なのが新聞紙を使うことです。それは新聞紙を洗った靴に詰めると言う至って簡単な方法です。

 

まず軽く丸めた新聞紙を洗った靴のつま先からぎゅうぎゅうに詰め込んでいきます。20分ほどして新聞紙がもうこれ以上水分を吸えなくなったら取り出し、新たに丸めた新聞紙を詰め替えましょう。これを2~3度繰り返し新聞紙が濡れなくなったら大丈夫です。

 

新聞紙はインクが付きそうでイヤだという方はペーパータオルを使いましょう。靴に水気がなくなったら、つま先を上にして風通しのいいとこに干すだけです。

 

早く乾かすためにドライヤーを使うという手もあります。ドライヤーの熱風を靴の中に送り込んだらいいでしょう。ただしドライヤーだけで乾かすのは大変なので、ドライヤーで靴を温めたらそこそこにしてあとは干しましょう

 

もちろん便利なグッズを使うのもいい方法だと思います。「激取りMAX・靴ドライ」は濡れた靴に入れておく布で、入れておくだけで乾燥と+消臭もしてくれるという優れものです。

 

普段からスニーカーなどをよく履いていてよく靴を洗い乾燥させていらっしゃる方なら靴専用の乾燥機を買うのもいい手だと思います。新聞を丸めて入れて乾燥させたりの面倒なことはしなくてすみます

防臭・防カビ機能もありで口コミ評価もいいです。

洗った靴を早く乾かす方法まとめ!のまとめ

いかがでしたか?

これからは子どもが急に明日上靴持って行くんだけどと言って汚れた上靴を持ってきてもあわてず対処出来ますね。

自分のスニーカーが汚れていても急にあわてずにすみますね。