自然

足利山火事の原因は焚き火!火元犯人の住所や住人の顔画像は?

足利山火事の原因は焚き火!

この記事は、 栃木県足利市西宮町で起きている足利山林火災についてまとめています。この森林火災はここ最近ではとても大規模なものになりつつありますね。少なくとも、これほど燃え広がる心理火災が最近発生した記憶はありません。

 

この足利山火事の原因は焚き火ともいわれています。焚き火していた火元の住所や住人の顔画像は公開されているのでしょうか

 

仮に焚き火が森林火災を起こした場合にはどのような刑罰があるのでしょうか?避難指示も出ているため、その被害は甚大なものになりつつありますね。足利山火事の原因は焚き火!火元の住所や住人の顔画像について調査しました。

足利山火事の原因は焚き火・野焼き!

足利山火事の原因は焚き火・野焼き!

足利山火事の原因ですが、焚き火と言われています。火災発生当時はとても乾燥していたことから、火が燃え広がりやすい状態だったようです。よく自然火災で森林火災が発生することはありますが、今回は人為的な火が燃え広がったといわれています。

 

足利市で野焼きもしくは焚き火が火種となって周囲に燃え広がったと報道当時はありました。その原因を起こした住人も病院に運ばれているようですね。

足利の山火事 発生から4日延焼続く

足利山火事ですが、4日経過した現状も延焼しています。「40世帯 避難勧告」ということで日に日にその影響は大きくなっている状態です。懸命な消火作業も延焼範囲が広すぎるために効果が出ていないと思われます。

足利の山火事 発生から5日延焼続く

足利山火事ですが、延焼が5日目となりました。乾燥した状態が続いていること、広範囲に山火事が広がっていることから消火活動が難航していることが分かります。

足利の山火事 発生から6日延焼続く

さらに新たに98世帯に対し26日午前8時に避難勧告が出されています。避難勧告の対象は200世帯を超え、市内の中学校1校が26日も休校。

 

このまま延焼が続くと避難勧告世帯が増えていくことになるでしょう。足利の山一体を焼き尽くさないと延焼が止まることはないでしょうか、、、。

足利山火事の火元犯人の住所

足利山火事の火元ですが、足利市山川町だということです。当時の報道ではそれほど大規模なものではないと報じられていました。

21日午後10時半ごろ、足利市山川町で火災があり、のり面の下草約35平方メートルを焼いた。けが人はなかった。 足利署で出火原因などを調べている。

ここまで燃え広がることが想定できないなかったというか、どうしてこの時に消火しきれていなかったのでしょうか?くすぶっていた火が再度発火して可能性がありますね。

足利山火事の原因の住人顔画像

この足利市山川町ののり面が燃えた原因は住人の野焼きが原因ともいわれています。その野焼きをしていた住人とは誰なんでしょうか?

 

この件について、野焼きをしたいた事実についても現状はメディアで正確な情報を報じているところはありませんでした。ただ、のり面を野焼きして整理することは、どの地方でも見られることですから、何か特別な悪意を持って行われていたことだとは思えませんね。

 

今後、この住人の顔画像が公開されることはないでしょう。事件性が低いため、今後もメディアが住人について報じる可能性は低いと考えられます。

足利山火事の原因は焚き火!火元の住所や住人の顔画像は?のまとめ

この記事は足利山火事の原因は焚き火!火元の住所や住人の顔画像は?について調べてみました。1日でも早く火災が沈静化することを祈っています。