女優

綾瀬はるかの家族構成【画像】父親は死去!クリナップ社員や農家と噂に!

この記事は綾瀬はるかの家族構成【画像】父親は死去!クリナップ社員や農家と噂に!について調査しました。

 

ドラマに映画にCMにと大忙しの綾瀬はるかさん。今やトップ女優ですがデビュー前は広島に住んでいて、広島の高校に通っていたそうです。

 

もともと芸能人になりたかったわけではないのに、たまたま高校の部活をサボりたくて出場したホリプロスカウトキャラバンで、審査員特別賞を受賞したのが芸能界デビューになったらしいのです。

 

今回はそんな綾瀬はるかさんの家族構成についてと、お父さんの仕事がクリナップ社員とか農家と噂になってることについて調べてみました。

綾瀬はるかの家族構成【画像】父親は死去!

綾瀬はるかの家族

綾瀬はるかさんの家族構成はお父さん、お母さん、お兄さん、おばあちゃん5人家族だったようです。

 

この写真は左からお兄さん、お兄さんのお子さん、お兄さんの奥さん、座ってらっしゃるのがおばあちゃん、その後ろで犬を抱いているのがお母さん、そしてお父さんとなっています。

 

綾瀬はるかさんは蓼丸綾と言う名前が本名です。これはホリプロスカウトキャラバンに出場した際に本名で出場しているところからも分かります。

 

お父さんは広島菜栽培の農家をやってらっしゃる方で名前は蓼丸良孝さんと言いますが、2019年の6月に肺がんで亡くなってらっしゃいます。

 

お父さんの蓼丸良孝さんはとても厳しい方だったそうで、反抗するとすぐ手が出ていたそうです。しかし優しいところもあって、贈り物選びに迷ってお母さんに相談したり、ちょっと様子が変わっていたら気付いて相談に乗ってくれていたそうです。

 

綾瀬はるかさんはお母さんとはよく似ていて、一緒に歩いていると親子だとすぐ分かるそうです。美人親子ですね。

 

おばあちゃんは94歳になられるそうですがとても元気で毎日、日の出と共に起き、まずは顔を洗って次に運動の開脚を行い、ちゃんとメイクをしてからトイレ掃除、次に床ふきをしてから庭のはき掃除をし、そして育てている野菜の世話をするのが日課だそうです。

 

そして暗くなったら眠ると言う生活をされてたみたいです。

 

1歳差のお兄さんは名前は蓼丸良平さんと言い、広島菜栽培農家をやってらっしゃいます。2005年に大学を卒業後実家の農家を継いでいらっしゃいます。

 

広島菜栽培農家のノウハウはお父さんから教えてもらったそうです。仕事も丁寧で覚えるのも早いとお父さんも言ってらっしゃいました。

綾瀬はるか兄の家族
お兄さんは2014年に結婚し2016年には女のお子さんが誕生しています。忙しい仕事の中育児も積極的にやるイクメンと奥さんも言ってらっしゃいます。

綾瀬はるかクリナップ社員や農家と噂に!

綾瀬はるかの実家は農家

綾瀬はるかさんのお父さんの蓼丸良孝さんは広島菜栽培農家でしたが、その前はクリナップでデザインをする仕事をしていたそうです。40代前半で転職されたみたいです。

 

お父さんは、もともと家がおじいちゃんの代から農家だったので、最初の仕事を辞めて跡を継いで農家になり、広島菜栽培をやったということになります。

 

お父さんは農家をやってらっしゃったときは、農家が楽しい楽しいと仰っていたらしいです。

 

さらに綾瀬はるかさんのお兄さんの蓼丸良平さんもおじいちゃんやお父さんの跡を継いで農家になり、さらにお父さんの跡を継いで広島菜栽培農家になられています。それは大学卒業後からですからもう15年になるそうです。

綾瀬はるかの家族構成【画像】父親は死去!のまとめ

綾瀬はるかさんのご家族はおじいさんの代から農家で、いまは亡きお父さんを始めお兄さんも、広島で広島菜栽培農家をやってらっしゃることが分かりました。

 

綾瀬はるかさん自身が自分のエネルギーの源を家族と言うほど家族を大切にされていらっしゃるし、広島の実家に帰省すると農作業を手伝うそうです。家族そろって農家が好きな一家なんですね。