大阪万博は決定

2020年は東京オリンピックで

日本は盛り上がることでしょう。

 

じつは、もしかするとその後にも

日本で大きなイベントが開催される

かもしれないことを知っていますか?

 

それもその大きなイベントは

大阪で開催する可能性があります。

もう、知っている人はいるかと

思いますがそれは万博です!

 

そうなんです!また大阪に万博が

やってくる可能性があるんです!

 

まだ、大阪で万博が開催されると

決まったわけではないですよ。

今、その都市選考を行っている所で

大阪府が色々と企画を練っています。

 

東京オリンピックが終わった後は、

大きく経済的に落ち込むであろう

ことが予想できます。

 

しかし、この万博があることで、

まだ日本は救われるという経済的な

見方もできると思います。

 

その後の日本は、、、想像したくは

無いですけどね(笑)

 

その万博ですがいつ開催されるのか?

ライバル都市はどこなのか?など、

気になるところを調べてみました!

Sponsored Links

万博の誘致開催地のライバルはパリ!

大阪万博は決定

まずはじめに今回の万博は2025年に

開催されることは決定しています。

 

ですが、万博が大阪で開催される

ということは確定していません。

 

もちろん万博の誘致ですが大阪府だけ

が立候補しているわけではないです。

強敵が対峙している状態ですね。

 

それはフランスの首都パリ

パリと聞いただけでかなりの強敵だと

感じる人も多いことでしょう。

なんといっても芸術の都市として

名高いのは誰もが知る所ですからね。

 

パリ万博のテーマですが【環境】です。

そこから「健康」「教育」「文化」

小さなテーマになっています。

 

地球温暖化に伴う人への影響はもちろん、

世界中の人が地球人という意識をもち、

協力し合うことが大切だという考えを

全面に出したモノに仕上げることでしょう。

 

また、ハード面になりますがパリ万博に

決定した場合には200キロの地下鉄

郊外から新設するということです。

 

地下鉄を200キロ作るのにどれほどの

経済効果があるのでしょうか?

莫大な建設費用が必要そうですね!

 

日本の場合ですが地下鉄を建設するには

1kmあたりの建設費が200~300億円

必要になるようですね。

 

これが単純に200キロメートルなので。

総事業費4兆円~6兆円ほどの天文学的

数字の費用が必要になりますね(笑)

 

もう実は一部着工している部分も

あるようですね。以前から計画

していたことなんでしょう。

 

これはパリが本腰を入れている

というよりはフランスが国を

挙げて予算も計上してから企画

しているという力の入れよう。

 

これを聞くとさらに強敵に思えます。

さらにフランスでは何度も万博が

過去8回も開催されています。

因みに最も近い開始は1947年です。

 

こう見ると大阪が不利なようにしか

思えませんが実はパリも難題があり、

それが大きなネガティブ要素になる

ことは間違いがない状態です。

パリ万博の誘致最大の課題は安全面?

大阪万博は決定

パリに残されている大きな課題は

安全面に尽きます。

 

パリと聞くと記憶にも新しい

パリ同時多発テロ

 

思い出す人も多いでしょう。

 

まだまだその傷跡は残されており、

この万博誘致にまで明確な安全対策を

施せるかどうかという点に審査員は

一番注目することになります。

 

この誘致合戦のレセプション

行わるのは2018年春ごろです。

そのころまでにパリ同時多発テロの

記憶が薄れることはないでしょう。

 

しかしながら開催は2025年ということを

考えたときに十分対応できると判断するか

どうかは難しい選択ですね。

 

誘致ライバルのことをここまで中心に

書いてきましたが、ここからは大阪を

見てみましょう!

Sponsored Links

大阪万博のロゴが決定?入場料も?

大阪万博は決定

万博2025の立候補しているのは

パリと大阪ということです。

このどちらかになることは確定。

 

まだ大阪が誘致選に勝ってはいませんが

すでにロゴができているようですね!

大阪万博は決定

4色の笑顔のマークが集まり、

花になっている様子がデザイン

されていますね。

東京オリンピックのロゴ案よろ

めちゃくちゃ良いですね!

 

このシンボルマークは公募していて、

1331件の中から選ばれています。

想像よりも応募総数が少ない気が?

ちなみに東京オリンピックの公募は

14,599件だったようですね。

 

今回、大阪万博の誘致ロゴに決定した

デザイナーは大川幸秀さんという方です。

ですが、全く情報がありませんでした。

東京在住のアートディレクターのみが

公開されている情報でした。

 

ちなみに1970年に行われた、

大阪万博はこんな感じでした。

大阪万博は決定

ロゴも決定したことなので

入場料も決まらないかな?

と思っていたら決まりました!

 

現在の価格設定は大人当日4,800円

というリーズナブルなお値段!

この金額が安いか高いかは各々の

価値観によって違うと思います。

 

しかしUSJは大人7,600円、TDLは7,400円

ということを考えるとお安いと感じるのは

私だけなのでしょうか?

 

ですが本当に万博が開催されると

1日1つしか見て回れないと思います(笑)

中国で行われた万博はそんな状態でした。

 

ちなみに大阪万博のテーマは、

「いのち輝く未来社会のデザイン」

ということになっています。

 

人工知能(AI)やロボットなど

最新技術を活用した医療や娯楽を

体験型施設で未来像を示すことを

行っていくようです。

さいごに。

大阪万博とパリ万博のテーマを見ると

逆方向に向いているような気がします。

 

あなたならどちらのテーマが

興味あり行ってみたいと思いますか?

個人的には大阪万博のテーマの方が

興味をそそられますね!

 

レセプションは2018年の春ごろに

行われる予定ですが、今のところ

大阪が有利という声が聴かれます。

 

しかしながら、大阪万博のテーマを

いかにレセプションでアピールするか

という部分がとても難しいようです。

 

明らかにパリのテーマの方が

メッセージ性が強くて多くの人へ

届くものとなっていますね。

 

今後、大阪万博が決定すれば、

とても喜ばしいニュースになることは

間違いないでしょう!

みなさん期待して待っていましょう!

こんな記事も読まれています。

【話題】ローラの彼氏はイケメンデザイナー【写真あり】結婚はいつ?年収や経歴は?

【注目】古畑星夏は目を整形してる?熱愛彼氏の噂はあるの?かわいくない?

【真相】中島美嘉が激やせ!原因の病気は拒食症なのか?【画像あり】

【真実】磯貝花音(STU48)カップが不自然?すっぴんや性格が気になる!

Sponsored Links