クリスマスケーキを食べる日

多くの日本人が一大イベントとして盛り上がるクリスマス。街がライトアップされると不思議と一気にクリスマスモードに入っちゃいますよね!

 

カップル達はソワソワしはじめるタイミングかもしれません。カップルじゃない方々はイライラしはじめるタイミングかもしれません(笑)

 

でもやっぱりクリスマスを一番楽しみにしているのは子供たちなのではないでしょうか?大きなホールケーキを目の前に、切り分けてもらうあのドキドキ感は大人になっても鮮明に記憶に残っていたりしますよね。

 

さて、そんなクリスマスケーキ「世の中全体的に盛り上がる24日に食べる派」「当然25日のクリスマス本番に食べるべき派」に分かれる傾向があります。結局のところどちらが正しいのか色々調べてみました。

Sponsored Links

クリスマスケーキを食べる正しい日は24日or25日?

答えは「そんなのそれぞれの都合もあるし、翌日が休日かどうかの関係もあるから、どっちでもOKじゃダメすか!?」じゃダメすか?(笑)

 

そんなの答えになってない!到底認められない!という方、まあまあ落ち着いて。クリスマスの本場(本場とかって言うのかな)キリスト教圏ではどう過ごされているか?という事を調べてみました。

 

『キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリー(一般にモミの木)の下にプレゼントを置く。プレゼントを贈る気持ちである「愛」の日でもある。』

 

・・・なるほど。それっぽいですね。「愛」の日ですって。日本のクリスマスの「愛」は、まあ、その、ちょっとあれなんで、少し違うイメージです(笑)

外国人に聞いてみました!

クリスマスケーキを食べる日

またあるサイトでは日本に在住している外国の方にインタビューをしていました。その結果・・・「日本のクリスマスはカップルで過ごすものと考えられていますが、日本のお正月みたいに家族で過ごします「スウェーデンでは、クリスマスにケーキは食べません。(笑)」

 

「アメリカのクリスマスは、もっと宗教的意味を持ちます。人々は教会に行ったり、サンタクロースではなくイエス・キリストの像を家の庭に置いたりします。それからアメリカではクリスマスケーキやケンタッ〇ーは食べません。」

 

えー!つまんねー!じゃあ、何食べるの?

 

答えは「七面鳥」「ローストビーフ」「羊肉」「パイ」「焼菓子」などが定番メニューの様です。ケーキも食べる様ですがパウンドケーキみたいなタイプが主流で、少なくとも洋菓子店で特別に注文しておく、なんて事はないようです。

 

日本のお正月やお盆の過ごし方がイメージ近いですね。お正月は神社にお参り、お盆はご先祖様のお墓参り、その後は家族、親戚と過ごす事が多いですよね。

外国はクリスマスイブに盛り上がるの?25日が盛り上がるの?

クリスマスケーキを食べる日

ここまで読んで頂いて「クリスマスケーキ」が24日に食べるべきなのか、25日に食べるべきなのか、まだ結論には至らない感じがします。

 

なぜならキリスト教圏では日本人が普通に食べる「クリスマスケーキ」がそもそも存在しないから!なにそれー。超肩透かし!(笑)

 

でも家族や親戚が集まるんでしょ?それは24日なの25日なの?そこでお料理食べるんでしょ?じゃあ、その盛り上がりながらお料理食べる日に合わせるのが「クリスマスケーキを食べる正式な日」に当たるのでは!?

Sponsored Links

いよいよ核心に迫ります!

キリスト教圏のクリスマスで親類が集まり、食事を楽しむ日は・・・24日の日暮れぐらい~25日の日暮れぐらいまで!!よって日本式クリスマスのケーキを食べる定番行事もこの範囲で行う事が正解!

 

もう一度繰り返します。クリスマスケーキを食べる日の正解は24日日暮れぐらい~25日の日暮れぐらい。範囲ひろっ!しかも「日暮れぐらい」ってアバウト感がなんかすごい(笑)

 

あ、そう言えば冒頭で筆者の個人的見解として「24日でも25日でも、どっちでもOKじゃん?」と述べましたが、あながち間違っていなかったでしょ!?

 

海外のクリスマスの基本的なスタンスとして宗教的行事、親類の絆を確かめる意味合いが強い為「時間的くくり」みたいな事は、さほど重要ではないのでしょうね。

日本はなぜクリスマスにケーキを食べるのか?

クリスマス

最後に素朴な疑問を解決しておきましょう。日本独特のクリスマス文化となった「ホールケーキを食べる」行事はなぜ生まれたのか?諸説ありますが「藤井林右衛門(以下、名前長いから藤井さん)」が仕掛けたというのが最も有名です。

 

藤井さん?誰?ご存知ない?藤井さんの正体は日本を代表する洋菓子メーカー「不二家」の創設者様です。

 

明治43年12月にホールタイプのクリスマスケーキを世に放ちました(不二家のHPでも確認出来ます)。イチゴがトッピングされていない今の世の中では考えにくいケーキですが、当時としては相当斬新かつ高価なものだったのでしょうね。

最後に

クリスマスケーキは何日に食べるのが正しいのか?という話題で進めた中、海外と日本のクリスマス事情の違いが目立ちました。

 

街中がド派手になり飲食店は大忙しになる日本のクリスマスとは正反対に、海外のクリスマスは飲食店もほぼお休みで街は静かになるそうです。

 

楽しみ方はそれぞれですが大事な人と過ごせるクリスマスなら24日でも25日でも良いですよね!ではまた。

Sponsored Links