スポーツ

瀬戸大也のフライデーされた不貞行為や不倫相手は?

瀬戸大也のフライデー

2020年9月、競泳日本代表として活躍している瀬戸大也選手の不倫報道が世間を騒がせました。

 

瀬戸選手と言えば、2017年に飛込み選手の馬淵優佳さんと結婚し、2018年に長女、2020年に次女が生まれ、たびたび仲睦まじい家族写真をSNSに投稿していたほど、幸せいっぱいな毎日を送っていたはず。

 

一体なぜ、不貞行為をしてしまったのでしょうか?そして不貞行為のお相手は、どんな人だったのでしょうか?

 

今回は、瀬戸大也選手のお騒がせ不倫報道の真相に迫りたいと思います。

瀬戸大也の不貞行為の一部始終とは?

瀬戸大也の不貞行為

瀬戸選手の不貞行為を報道した週刊誌によると、子供たち2人を保育園に預けている間に20代半ばの女性を高級外車で出迎え、一緒にラブホテルに入って行ったとのこと。

 

およそ1時間半ほど滞在したのち、一旦自宅に帰宅し、わざわざ国産車に乗り換えて子供たちのお迎えに行った様子が写真に撮られていたということです。

 

世間的には「育メン」として好感度も高かっただけに、この保育園お預かり中の不貞行為は、世の女性たちから大ブーイング!

 

もちろん、最もつらかったのは言うまでもなく、妻の優佳さんですよね。「信じていたのに裏切られた」という気持ちでいっぱいだったでしょう。

瀬戸大也の不倫相手は誰?

瀬戸大也の不倫相手

今回不倫相手となった20代半ばの女性というのは一体どんな人なのでしょうか。

 

報道によると、その女性はCAで、非常に容姿端麗な女性だったとか。

 

しかも、その不倫相手の女性のお兄さんが、元ジャニーズタレントだったということまで噂されています。

 

ネットニュースではそのお兄さんというのが、元Ya-ya-yahに所属していた鮎川太陽さんではないか?とも言われています。

 

しかし、実際のところは詳しく瀬戸選手がお相手について言及しなかったため、定かではありません。

瀬戸大也の不貞行為はただの遊びだったのか?

あれほど美人で素敵な妻を持つ瀬戸選手。

 

恵まれているとしか思えないような環境にいて、なぜ他の女性に目が行ってしまったのでしょうか?

 

単なる遊びだったのか…?それとも、本気の愛だったのか…?気になりますよね。

 

瀬戸選手の本心は分かりませんが、おそらく「遊び」だったと思われます。

 

というのも、不倫相手の女性とみられる裏アカには、瀬戸選手に「遊ばれていた」ということに苦しむ内容の文章が日々つづられており、悔しさや後悔の気持ちが表れているように見て取れるからです。

 

また、週刊誌に撮られた際の密会場所であるラブホも、高級ホテルなどではなく、ちょっと古びたラブホだったようで、瀬戸選手が本気で口説いていないのがわかりますよね。

 

不倫相手の女性も、「不倫」であると知っていて付き合っていたとはいえ、なんだか切ないです。

 

ちなみに、このCAの女性との不倫は、2年に及ぶと言われていましたが、最近になって瀬戸大也選手のお母さんが報道を真っ向から否定。

 

不貞行為に及んだのは1度だけであったとしています。

 

相手の女性が公に発言しているわけではないので、真相は謎のままですが、1度だけでも許される行為ではないですよね。

その後も出る!瀬戸大也の不貞行為報道

瀬戸大也の不貞行為報道

瀬戸大也選手の不貞行為は、今回だけではなかった様子。

 

その後も出るわ出るわ…不貞行為の嵐。

 

地方の女性をインスタでナンパしたり、銀座や六本木のホステスと関係を持ったなど、数々の女性がSNSで瀬戸選手と関係があったと証言しています。

 

本当かウソか分かりませんが、「火のない所に煙は立たぬ」と言うように、瀬戸選手自身の日ごろの言動が誤解を招くことになったとも言えます。

 

今回の不貞行為発覚後、瀬戸選手は、スポンサー契約を次々と打ち切られ、2020年10月には活動停止処分も下されています。

 

これを機に、もう一度自身立場をわきまえ、妻の優佳さんや2人の子供のために誠意をもって仕事に励んでもらいたいですね。

 

まあ、1億円超えの自宅を購入している噂もあるため、なかなか離婚とまではなりませんよね。

瀬戸大也のフライデーされた不貞行為や不倫相手は?まとめ

瀬戸大也選手の不貞行為について、真相は定かではありませんが、今回の報道を受け、深く傷ついたのは妻の優佳さんです。

 

彼女はその後、テレビ番組でのインタビューでこのように語っています。

 

「許すことはないですけど、でもやっぱり乗り越えて、これから新しい信頼関係を築いていけるように夫婦で頑張っていきます」

 

瀬戸大也選手は、そんな優佳さんの声をしっかりと受け止め、家族のために新たな気持ちで頑張って欲しいなと思います。