スポーツ

瀬戸大也の嫁は中国人の真相は?両親の国籍や顔画像も調査!

瀬戸大也の嫁は中国人の真相

2020年に不倫が発覚した競泳・瀬戸大也選手。

 

競泳日本代表として人気の高かった瀬戸選手にがっかりした…という人も多かったのではないでしょうか。

 

そんな中、瀬戸大也選手の嫁・優佳さんにも注目が集まっています。

 

なぜか、優佳さんをネットで検索すると「中国人?」というワードが出てくるのです。

 

瀬戸大也選手の嫁である優佳さんとは、一体どんな人なのでしょうか?

 

果たして本当に中国人なのでしょうか?噂の真相に迫ります。

瀬戸大也の嫁は中国人の真相は?

瀬戸大也の嫁は中国人の真相出典:https://gendai.ismedia.jp/

瀬戸大也選手の嫁・優佳さんは、実は元競泳の選手。兵庫県宝塚市出身で、本名は馬渕優佳さんと言います。

 

優佳さんは、3歳から水泳を習い、その後、6歳頃から父親がやっていた飛込み競技を始め、全日本大会に出場するほどの選手になったそうです。

 

飛込みは、日本ではあまりメジャーな競技ではありませんから、当時を知る人はあまりいないのかもしれませんね。

瀬戸大也の嫁・優佳さんは中国人ってホント?

瀬戸大也の嫁は中国人の真相

インターネットで優佳さんを検索すると、中国人ではないかという噂が飛び交っていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

優佳さんの写真を見ると、非常にスレンダーで美しく、目鼻立ちも良くて整った顔立ちをしていますよね。

 

中国人か?と言われれば、そんな顔立ちに見えなくもないですが、実際にはまぎれもなく「日本人」なのだそうです。

 

ではなぜ、中国人なの?という噂が囁かれるようになったのでしょうか?

瀬戸大也の嫁・優佳さんの父親は?

馬淵優佳は中国人出典:https://skyscraper-oasis.com/

馬渕優佳さんの実の父は、「蘇薇(スー・ウェイ)」さんと言い、中国・上海出身の方だそうです。

 

若いころは、中国にて飛込みの選手として活躍していたと言います。

 

1998年に帰化し、日本国籍を取得。この時に馬淵崇英(まぶちすうえい)という日本名に変えています。

 

つまり、瀬戸選手の嫁である優佳さんが中国人ではなく、お父さんが中国の方だったということなんですね。

 

ちなみに、馬淵崇英さんは、非常に優れた飛込みの指導者だそうで、日本代表のヘッドコーチに就任し、飛込みの五輪代表選手・寺内健さんを指導したことは有名な話。

 

崇英さんの熱血指導があってか、寺内健さんは、シドニー五輪で日本人最高の5位入賞を果たしています。

 

日本の飛込み競技のために貢献してくれた素晴らしい人材と言っても過言ではないですね。

瀬戸大也の嫁・優佳さんの母親は?

では、優佳さんの母親はどうなのでしょうか?確かなことは知られていませんが、中国人であるということは確かなようです。

 

ただし、崇英さんのように日本人に帰化しているので、現在はご両親ともに「日本人」ということですね。

 

一部では、同じ飛込み競技をしていた「馬渕かの子」という人が母親なのではないかと言われていますが、どうやらこれは誤情報のようです。

 

彼女は、崇英さんを日本飛込み競技のヘッドコーチに誘っただけで、夫婦関係にはないようですね。

 

馬淵という名前が同じなので、間違われてしまったようです。

瀬戸大也の嫁・優佳さんは中国語を話せる?

瀬戸選手の嫁・優佳さんは中国人ではありませんでしたが、実は中国語を話すことができるのだそうです。

 

SNSなどでも、日本語、英語、中国語を駆使して発言していることもあるので、「トリリンガル」ということでしょうか。

 

中国などへの留学経験はないそうなので、お父さんやお母さんとの会話で自然に身に付いたのかもしれません。

 

ちなみに、瀬戸選手も、中国で行われた競泳大会でのインタビューに、中国語を話していたことがあります。

もしかすると、中国語を話せる優佳さんに教わったのかもしれませんね。

夫の食事や生活面で支えるだけでなく、大会後のインタビューの内容までサポートするなんて!

アスリートの妻の鑑ですね。

瀬戸大也の嫁は中国人の真相は?まとめ

瀬戸大也選手の嫁・馬淵優佳さんが中国人ではないか?という噂は誤りで、ご両親が中国人だった…というのは噂の真相ですね。

 

ただし、現在はご両親共に帰化していますから、厳密に言うと「中国系日本人」…?みたいなことでしょうか。

 

美人でスレンダーな体型や飛込みのセンスは、ご両親から譲り受けたもので間違いなさそうですね。

 

夫の大也選手はもちろんですが、女優並みに美人で素敵な優佳さんの今後の活躍に期待したいと思います。