日本テレビ系列で毎週日曜日の19時から放送中の大人気番組TOKIOの「THE鉄腕DASH」。番組内でも人気企画のひとつが「DASH島」

 

“小さな日本をつくる”をコンセプトにスタートしたこの企画ですが、気になるのはダッシュ島の場所ですよね?地図で確認してみることにしました。

 

また、山口達也メンバーが不祥事を起こしたことでダッシュ島は大きな影響を受けているといって良いでしょう。棟梁として活躍していた山口メンバーですがダッシュ島で作業しているなどの噂が流れています。復活するのでは?ということです。

 

そして、ダッシュ島には船があったのですが、、、その行方が分からなくなった!盗まれた?カモしれないということも起きています。これらのことをまとめてみました!


地図確認すると由利島がダッシュ島に見える!

ダッシュ島は四国地方愛媛県松山市から沖合15キロ進んだ場所に位置する「由利島(ゆりじま)」という島なんだそうです。

 

ちょうど愛媛県と山口県の間ですね~。伊予灘にポツンと浮いている島になります。

拡大してみましょう!

この形は間違いないと思いませんか?といっても、番組で公式に島の場所や名前が公表されているワケではないです。うお!『ダッシュ島』とGoogleマップに表示されていますね!スゴイ!

ダッシュ島の場所はどこか
写真引用:http://www.ntv.co.jp/

でも、番組公式サイトに載っている島の形と由利島の形は瓜二つなのでここ以外考えられないと思います。(執筆当時は場所は明かされていませんでした。)

 

大小二つの島がくっついて、ここまで同じ形の島なんてそうそうないでしょうしね。ちなみに由利島は大きい島である大由利と小さい島である小由利の総称なんだそうです。

 

こちらの本に由利島についてどういった島か詳細に掲載されています。

1965年に6人の島人が離れて無人島となったようですね。この島にちょっとした歴史や発見があるのは知っていますか?

 

じつは弥生時代の土器も発見されたことがあるようですね!

 

昭和初期には夏の漁期には数百人が暮らしていたこともあるようです。その活発だったころの痕跡が今でも残っていますね。確か、山の中を探索していたときに土器らしきものを発見していたはずです!

 

また太平洋戦争のことろには日本軍にて大由利に監視台が置かれていた過去もありいろいろと歴史が残る島のようですよ!

 

そのことから『ダッシュ島 心霊』というキーワードがあるのかもしれませんねwと思ったらいつかの放送で心霊っぽい者が写り込んだと話題になったようです。

 

そのシーンの画像を探してみました。その話題の画像をゲットしましたよ!

ダッシュ島の心霊写真

はい、ということで心霊ということがダッシュ島でよく調べられている理由としてマネキンの首が漂流していたことが原因だったようですねw

注)これはオブジェです。確かリーダーの作品だったかな?w


ダッシュ島(由利島)の所有者は誰なのか?

 

まず、思ったのがTOKIOや番組が島を買ったのかということを思い調べましたがそれはあり得ないと判明しました。金額的に。

 

無人島自体は売りに出されている島を全国にはたくさんあります。ちょっとした島でも数千万円です。

 

ダッシュ島(由利島)はある程度の大きさがある島だというのは番組から分かると思います。

 

それほどの大きさがあれば1億はくだらないという判断になります。それは番組やTOKIOが購入するということはないでしょうね。

 

由利島は無人島のため島に人は住んでしません。しかし、個人の所有地ということは間違いないということでしょうね。

 

ただ、個人情報の関係でその存在は明らかになっていません。

 

過去には、日本テレビ系列で放送された電波少年のロケで使用したことがあるようなので、テレビの企画利用に理解のある方だということは確かですね。

 

多分ですが、年間いくらかという島の賃料は番組が支払っているという見方が普通でしょうね。

 

金額についてはなかなか想像しずらいところがありますが、年間数百万とかそれくらいではないでしょうか?ちょっと相場が分かりませんねww

 

ですが、無人島ですし所有者としてはこういったことで利用してもらえると嬉しい限りですよね。持っていても固定資産税がかかるだけですし。


ダッシュ島の由利島に行くことはできるのか?

 

残念ながら、由利島行きの定期便はありません。そもそも、ダッシュ島こと由利島は先ほどもお伝えしましたが島を保有していう方がいらっしゃいます。そのため、個人の土地です。

 

もちろん無断で島内に立ち入った場合不法侵入として罰せられる可能性があります。

 

最悪の場合3年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。

 

どうしても近くで見たいとい方は、ダッシュ島を海の上から眺める遊覧くらいですかね。まあ、それを受け入れてくれる船長がいればですが、、。不可能ではないかもしれませんね。

 

番組側は個人チャーターで島へ行き来しているみたいです。TOKIOのメンバーやスタッフはあらかじめ上陸許可証的なものを持っていると思われるので、やっぱり個人で上陸するのは無理があるでしょう。

 

もし、個人で行って何らかのトラブルが生じた場合、番組企画自体に影響したらそれこそ一大事ですからね~。それこそ不法侵入より重たいことになりそうですね(;´∀`)

 

島に上陸は基本的にはできないけれども外から見ることはできるそういった感じです。そこまでする人もなかなかしないとは思いますがw

と思ったらサップで近くまで行っている人がいるようでした(笑)これがダッシュ島だという証拠がないので何とも言えませんが!これだとセーフになると思いますよ!


由利島がダッシュ島として選べれた理由は?

ダッシュ島の所有者
写真引用:http://www.ntv.co.jp/

ダッシュ島は無人島を開拓して島に「小さな日本をつくる」というコンセプトで事が運んでいます。

 

ダッシュ島として由利島が選ばれたであろう理由は、自然災害の被害が比較的小さいことがあると思われます。

 

ダッシュ島の企画がスタートする前に何年という月日をかけて進めてきた人気企画「ダッシュ村」

 

このダッシュ村の場所は明らかになっていませんでしたが、2011年3月11日におきた東日本大震災で福島県にあるということが発表されました。

 

放射線の問題で企画は続行不可となり、「国土地理院発行の日本地図にDASHの文字を載せる」という夢は志半ばで途絶えましたね。

 

出張ダッシュ村という企画で何とかダッシュ村の名前は残っていますが現状は企画の人気度としては低いと言わざる負えない状況です。

 

それを埋めるためにもダッシュ島やダッシュ海岸という企画が立上がり鉄腕ダッシュは今でも大人気番組だということが言えますね。

 

福島のこともあり、無人島開拓という企画が生まれた時点で災害の少ない地域をまず念頭に置いたと考えるのが自然でしょう。

 

また、無人島の開拓ということで、一般の人が簡単に立ち入れない場所というのも理由の一つかもしれません。

 

由利島への定期便はないですし、所有者がいるため無断上陸は不法侵入になるかもしれません。

 

国や県が所有している無人島ではなく、所有地としての無人島だからというのも決め手だったかもしれませんね。

ダッシュ島の船が盗まれた(行方不明)?

ダッシュ島には船があったのは覚えていますか?その船で釣りをしたり、いろいろなことをやっていました。しかし、ある日、ダッシュ島に到着したスタッフは愕然としました。

 

それはダッシュ島の母屋に下に停めていた船『男爵ディーノ号』です。こちらが行方不明になった男爵ディーノ号。

 

 

番組側がいうには潮汐で干潮時に係留し忘れていて満潮時にそのまま流されていったのではないか?ということですね。全然あり得る話です。

 

しかしながら当時の番組を見てる視聴者からは「盗難された?」「盗まれた!」という声が上がりました。たしかに場所はハッキリしていますから、誰かのいたずらか、、、?

 

ですが、この話には続きがあります。『男爵ディーノ号』ですが、じつは発見されています!

 

 

当時は無人島企画も6年目でしたので知っている人も多かったことでしょう。3キロ沖で男爵ディーノ号が漂流しているところを地元の漁師さんが保護してくれたそうです!

 

ノリで始めた企画だったので、海は甘くなかった!ということでここから国分太一さんが海の知識を得ることや今後のダッシュ島企画のために一級小型船舶免許取得へ乗り出すのでした!

 

現在は国分太一さんは、無事に一級小型船舶免許取得を取得されています!たまに船の運転しているところが鉄腕ダッシュでもほうそうされていますよね。

ダッシュ島で反射炉の作成

さらにダッシュ島では反射炉の作成も進められていました!反射炉とは100年以上前に日本で活躍していた鉄を溶かす炉のことを言います。

 

現在、生きている人で反射炉が稼働していたのを見たことがある方はだれもいないでしょうね。

 

その反射炉ですが、めでたく完成しています!2019年8月の放送では『反射炉完成スペシャル』ということで反射炉に特化した放送が行われました。

 

その結果、、、、溶けるには溶けたけども、、、という感じです。詳細は別記事でまとめていますので、そちらでご確認ください!

まとめ

TOKIOのTHE鉄腕DASHの人気企画、「ダッシュ島」。ダッシュ島と言われる島は愛媛県の由利島ということがわかりました。

 

所有者がいるため、一般の方が行くことっは難しいかと思います。しかし、こういったバラエティ番組にとても理解がある方なのは間違いないということはできるでしょうね。

 

昔に電波少年という有吉弘行さんが猿岩石として活躍していた時に行ったサバイバルの舞台にもなっています。

 

残念ながら現地に行かず毎週の放送をテレビの前で楽しむ方がいいでしょうねw毎週楽しみにしておきましょう!!