日曜日の19時といえば、鉄腕ダッシュを楽しみにしている人もかなり多いと思います。山口達也メンバーの不祥事があったことで、番組も存続の危機か?と思われましたが、まだ続いていますね。

 

高視聴率番組のために、終了することはないだろうと思っていました。そんな鉄腕ダッシュですが、番組には名物企画と言うものがあります。「ダッシュ村」「ダッシュ島」「ダッシュ海岸」「新宿ダッシュ」「グリル厄介」「ゼロ円食堂」などが現在はメインで放送されています。

 

どれも魅力的な企画ですが、今回取り上げるのは『ダッシュ海岸』です。そのダッシュ海岸にヤラセ疑惑があるようですが、どういったことなのでしょうか?


鉄腕ダッシュのダッシュ海岸とは?

鉄腕ダッシュでも1,2位を争う人気企画であるダッシュ海岸ですが、こちらは横浜の工業地帯のとある海岸を再生させようといろいろな実験を行っている企画です。場所については特定されています。こちらの記事を参照してください。

 

ダッシュ海岸の場所は横浜のどこか地図で確認!

 

しかしながら、ダッシュ海岸にいくには私有地のために現在は無理です。企画が始まった当初は看守の許可を得て入ることができたという情報もありましたが、現状は入れないようですね。

 

この工業地帯ということですから、海岸は荒れてていました。そこを再生させることで珍しい生物も発見されています。

 

またダッシュ海岸には、江戸川探索、東京湾の深海生物調査などの企画が別に存在しています。東京湾探索では「東京海底谷」という深海で珍しい生物の確保に試みています。そこではとても珍しい生物を発見しています。学会レベルのモノもチラホラある感じです。

 

かなり珍しい生物が見つかることでダッシュ海岸はヤラセ?ではないのか?という人も出てきています。そこのところ見ていきましょう。


ダッシュ海岸では珍しい生物が登場!

まず、ダッシュ海岸で発見された珍しい生物たちをまとめてみましょう!

ラブカ

まず、こちらの生物です。これは古代サメと言われています。古代から現代まで姿を変えずに生きている生物です。深海に暮らしているサメですが、かなり希少性が高くその生態が明らかになっていません。国内では東京湾などの深海に生息しています。

 

ダッシュ海岸で発見されたワケではありません!東京湾に出て深海魚の漁を行うことで発見することができました。それこそ、浅瀬に出てくるようなサメではありません。

 

鉄腕ダッシュのダッシュ海岸では、このラブカに2度遭遇しています。本当に珍しいことで、貴重な映像を撮ることができたことでしょう!2017年と2019年3月のスペシャルでも確保した映像を放送しています。

ゴブリンシャーク

ゴブリンシャーク

こちらもラブカ同様に深海にすむサメです。ゴブリンシャークと言いますが、ラブカよりも希少性が高いサメのようです。これまで記録に残っているモノで世界的に見ても100例ほどしかないという超希少なサメ。

 

見た目からも海のエイリアンとでもいうべきでしょうか?専門家も「これスゲエ大発見ですよ!奇跡ですよ!奇跡!」とかなり興奮していた様子なので、ほんとにすごいことなんでしょうね。生態系は全く不明のサメですね。

スナヤツメ

スナヤツメ

こちらの魚は江戸川を探索したときに発見した生物です。これは絶滅危惧種1類にも登録されている魚ですね。2015年9月スペシャルの時に放送されています。そして、1匹の見らず、2匹目もこの時の放送で発見されています。

 

1匹は目が閉じているスナヤツメで産卵期の数週間程度しか見ることができない姿だと言います。

 

一緒にいた専門家たちも思わず「えー!!」「凄い!」「凄いですよ、これ」「全国的に大変な話ですよ」と大興奮の様子でした。くしくもこの発見をしたのは山口メンバーでした、、、。

ノコギリガザミ

こちらは、ノコギリガザミです。これがなんと、、、ダッシュ海岸で発見されたということです!このノコギリガザミが東京湾内で発見されたのは30年間で7例しかないという大変貴重な発見でした。これこそ、学会レベルの発見ということのようです。


ダッシュ海岸はヤラセなのか?

これ以外にも、珍しい生物が確保されたことがあります。が、上記の4つがとても珍しい発見ですね。とくに、ゴブリンシャーク、スナヤツメの目をふさいだパターンは希少性がスバ抜けて高いです!

 

ということで、ダッシュ海岸がやらせではないのか?ということは言わなくても分かりますよね。ヤラセでできるのならやってみろ、、、ということですwどれも希少すぎで事前に用意できるようなレベルの生物ではありません。

 

まあ、ここまで希少な生物を発見し続けていることから疑いたくなる気持ちは分からなくもないですが、生物相手の撮影なので事前準備とか難しいと思われます。それにそても、TOKIOが撮影に参加すると珍しい生物と遭遇率がとても高まることは間違いでしょう!持っていますね!

さいごに。

2019年で鉄腕ダッシュが10周年ということです。これからも長く続いてほしい番組です。山口メンバーのことは仕方ありませんが、、、これからも楽しみにしています!

 

個人的にはダッシュ島の企画がもう少し早く進むと嬉しいですが、遠方のためにロケが頻繁にできないのでしょうね。最近は、ダッシュ島の企画の放送が昔のモノが多くて停滞している感じがしますね。ダッシュ島に関しては山口メンバーの件が響いています。棟梁、、、、だったのでね。


 

松坂桃李の主演話題作『娼年』

娼年 「娼年」は2001年に直木賞候補としてもエントリーされた作品。そのセンセーショナルな性の極限を描くことができなかったが、松坂桃李と三浦大輔監督のコンビにより映画化が実現。その内容は、原作の細部までに拘っており、妥協を許さない原作ファンも納得です。   今なら30日間無料お試しキャンペーン中