テレビ

ダッシュ海岸がヤラセ疑惑?珍生物に遭遇しすぎ【生物まとめ】

ダッシュ海岸といえば、鉄腕ダッシュの中でも1・2位を争う企画ではないでしょうか?ダッシュ海岸かダッシュ島か。これが2大企画だと勝手に思っています(笑)

 

ダッシュ海岸では全く生物が居なかったところに砂入れ替えるなどして再生させています。この浜ではとても多くの珍しい生物が発見されていますね。

 

そこでも珍しい魚などに遭遇しています。あまりにも珍しい生物に遭遇することからヤラせ疑惑まで浮上するほどです。この記事では、そのヤラせなのか?考察すると共に、これまで出会った生物をまとめてみました!

ダッシュ海岸について

ダッシュ海岸ですが横浜の工業地帯のとある海岸に存在します。場所については「ダッシュ海岸の場所はどこ(横浜旭硝子)?」で特定していますよ。

 

しかしながら、ダッシュ海岸にいくには私有地のために現在は無理です。企画が始まった当初は看守の許可を得て入ることができたという情報もありましたが、現状は入れないようですね。

 

この工業地帯ということですから、海岸は荒れてていました。そこを再生させることで珍しい生物も発見されています。

 

またダッシュ海岸には、江戸川探索、東京湾の深海生物調査などの企画が別に存在しています。

 

東京湾探索では「東京海底谷」という深海で珍しい生物の確保に試みています。そこではとても珍しい生物を発見しています。学会レベルのモノもチラホラある感じです。

 

かなり珍しい生物が見つかることでダッシュ海岸はヤラセ?ではないのか?という人も出てきています。そこのところ見ていきましょう。

ダッシュ海岸では珍しい生物が登場!

まず、ダッシュ海岸で発見された珍しい生物たちをまとめてみましょう!

マコガレイ別名ヨコハマ(ダッシュ海岸で発見)

東京湾では高度成長期に海が荒れました。その時の影響でマコガレイの姿はほぼ見られなくなっていたんだとか。今でもその姿は珍しく都内では高級魚として振る舞われているそうです。

 

ちなみにスーパーで見かけるマコガレイはほぼアメリカから大量に輸入されているものだそうです!滅多に揚がらないマコガレイ、、、美味しそうですね!

ノコギリガザミ(ダッシュ海岸で発見)

2016年1月17日に放送された回で発見されたノコギリガザミです。これがなんと、、、ダッシュ海岸で発見されたということです!

 

このノコギリガザミが東京湾内で発見されたのは30年間で7例しかないという大変貴重な発見でした。これこそ、これまた学会発表レベルのようでw

 

水質がよくなり小魚などが集まり、それを食べる魚。そしてノコギリガザミが魚を食べるためにダッシュ海岸へやってきたことが分かりますね!

ラブカ(東京湾探索で発見)

まず、こちらの生物です。これは古代サメと言われています。古代から現代まで姿を変えずに生きている生物です。深海に暮らしているサメですが、かなり希少性が高くその生態が明らかになっていません。国内では東京湾などの深海に生息しています。

 

ダッシュ海岸で発見されたワケではありません!東京湾に出て深海魚の漁を行うことで発見することができました。それこそ、浅瀬に出てくるようなサメではありません。

 

鉄腕ダッシュのダッシュ海岸では、このラブカに2度遭遇しています。本当に珍しいことで、貴重な映像を撮ることができたことでしょう!2017年と2019年3月のスペシャルでも確保した映像を放送しています。

ゴブリンシャーク(東京湾探索で発見)

ゴブリンシャーク

こちらもラブカ同様に深海にすむサメです。ゴブリンシャークと言いますが、ラブカよりも希少性が高いサメのようです。これまで記録に残っているモノで世界的に見ても100例ほどしかないという超希少なサメ。

 

見た目からも海のエイリアンとでもいうべきでしょうか?専門家も「これスゲエ大発見ですよ!奇跡ですよ!奇跡!」とかなり興奮していた様子なので、ほんとにすごいことなんでしょうね。生態系は全く不明のサメですね。

スナヤツメ(多摩川探索で発見)

スナヤツメ

2015年9月13日に放送された回で発見された、スナヤツメ(ヤツメウナギ)。こちらの魚は江戸川を探索したときに発見した生物です

 

これは絶滅危惧種1類にも登録されている魚ですね。2015年9月スペシャル「DASH海岸 ~多摩川アユ~」の時に放送されています。

スナヤツメ(多摩川探索で発見)2回目

歴史的快挙再び!絶滅危惧種のスナヤツメを発見!

 

2017年1月22日(日)に放送された鉄腕ダッシュ2時間スペシャル。「ダッシュ海岸~多摩川のアユ~」企画でアユの稚魚を観察をする企画。

そこで、今回またもや絶滅危惧種に指定されている「スナヤツメ」を発見しています!

しかも、今回は2年前に発見したスナヤツメよりも希少な姿!!スナヤツメは、恐竜がいた時代から現在も変わらない姿で目は退化したといわれていました。

しかし、今回発見したスナヤツメは目がパッチリ開いている姿!退化してなくなっているのに?

じつは、産卵時の4週間のみ短い期間だけ目が開くとか。

産卵を終えると死んでしまうそうです。孵化して3年間は土の中で過ごし、その間目は閉じたまま。4年目から産卵のため水中に出てくるそうです。

 

一緒にいた専門家たちも思わず「えー!!」「凄い!」「凄いですよ、これ」「全国的に大変な話ですよ」と大興奮の様子でした。くしくもこの発見をしたのは山口メンバーでした、、、。

ダッシュ海岸はヤラセなのか?

これ以外にも、珍しい生物が確保されたことがあります。が、上記の4つがとても珍しい発見ですね。とくに、ゴブリンシャーク、スナヤツメの目をふさいだパターンは希少性がスバ抜けて高いです!

 

ということで、ダッシュ海岸がやらせではないのか?ということは言わなくても分かりますよね。ヤラセでできるのならやってみろ、、、ということですwどれも希少すぎで事前に用意できるようなレベルの生物ではありません。

 

まあ、ここまで希少な生物を発見し続けていることから疑いたくなる気持ちは分からなくもないですが、生物相手の撮影なので事前準備とか難しいと思われます。

 

それにそても、TOKIOが撮影に参加すると珍しい生物と遭遇率がとても高まることは間違いでしょう!持っていますね!

さいごに。

2019年で鉄腕ダッシュが10周年ということです。これからも長く続いてほしい番組です。山口メンバーのことは仕方ありませんが、、、これからも楽しみにしています!

 

個人的にはダッシュ島の企画がもう少し早く進むと嬉しいですが、遠方のためにロケが頻繁にできないのでしょうね。

 

最近は、ダッシュ島の企画の放送が昔のモノが多くて停滞している感じがしますね。ダッシュ島に関しては山口メンバーの件が響いています。棟梁、、、、だったのでね。