出典:orang melody「えんけんさん」の愛称で知られ、ちょっと強面ながらも仕草や言動が可愛いと若い世代にも人気の俳優・遠藤憲一さん。たしかな演技力で、数々の作品に出演していますよね。それだけではなく、CMにも多く出演したり、バラエティ番組に出演したりととても忙しい日々を送っています。

そんな遠藤さんについて詳しくご紹介していきます。


遠藤憲一のプロフ!

出典:My favorite topics

  • 生年月日:1961年6月28日
  • 身長:182センチ
  • 体重:65キロ
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京都品川区
  • 所属事務所:エンズタワー

 

劇団無名塾の劇団員募集の張り紙を見たことがきっかけで役者に興味をもった遠藤さん。この劇団は入るのがとても難しい超難関な劇団ですが、見事合格します。しかし、もともとの続かない性格のため、最初に入った劇団は10日で退団してしまいます。その後劇団フジ・東京宝映に移籍し本格的に俳優業をスタートさせました。

 

1983年、22歳のときに始めてドラマに出演し、その後サスペンスや時代劇などに出演し下積みをつづけました。「ビデオシネマ」というジャンルが流行したとともに遠藤さんの少し強面な顔がマッチし、出演作を増やしていきます。エキセントリックな演技がうけ、特定の監督に高く評価され多くの作品に出演しました。

 

現在はドラマや映画への出演はもちろん、CMやバラエティ番組に出たときの面白さで人気です。

 

また、俳優意外にも脚本家としても活動していて「刑事貴族2」の脚本を4本手がけています。本当に多彩ですね。過去に役者の仕事がなかった頃に自分が出演できる作品を作ろうと脚本を書く勉強を始めたそうです。その頃テレビ局などに作った脚本を持ち込んでも反応はなく諦めたそうです。

 

他にもナレーションなど声の仕事も多く、バラエティ番組「IPPONグランプリ」ではナレーションと一本決まった際に流れる効果音の「イッポーン!」という声も担当しています。知らない人も多いですよね。


遠藤憲一は若い頃イケメンでヤンキー?

出典:NEWSポストセブン

遠藤憲一さんは現在強面俳優としてのイメージが強いですよね。暴力団的な役も多くこなしている俳優さんですが、その見た目通り若い頃ヤンキーだったという噂があります。実際はどうなのでしょうか。

 

中学生くらいまではごく普通の真面目な学生だったそうです。しかし、勉強があまり得意ではなかったことから偏差値の高くないいわゆるヤンキー高校へ進学しました。

 

ヤンキーが多い学校だったのでここで自分もヤンキーにならなければいじめられるのではないかと思った遠藤さんはヤンキーになることを決意。それからどんどんヤンキーの道を進んでいったそうです。

 

その流れで高校を中退、仕事もせずにニートのような生活を送っていた時期もあるそうです。

 

偶然見つけた劇団無名塾の広告に応募したことで人生が変わっていきます。先程もお伝えした通り超難関の劇団にもかかわらず見事合格し役者への道を進んでいくことになります。色々な経験をされているんですね。だからこそ味のある演技をすることができるんですね。


嫁の昌子は元宝塚で美人と話題に!なれそめも!

遠藤憲一さんといえば、バラエティ番組などで見せる奥様のエピソードがとてもおもしろく、恐妻家のイメージが強いですよね。そこで奥様のことについて詳しく調べてみましょう。

出典:yahoo!検索
遠藤昌子さん。とても綺麗な方ですね。

遠藤憲一さんの奥様は遠藤昌子さんといって、現在は遠藤さんの所属事務所社長兼マネージャーを務めている人です。どんな人なのかというと、昌子さんはもともと舞台女優をしていた人です。遠藤さんが劇団員時代の知り合いから頼まれ舞台の脚本と演出をした舞台に出演していたのが奥様の昌子さんです。

 

これがきっかけで交際に発展したそうです。この舞台から4年後の1990年にご結婚されました。遠藤さんが29歳、奥様が30歳のときです。子どもはおらず、今でも仲良く結婚生活を送っています。しかし、遠藤さんの奥様は恐妻家との噂です。

 

これは、昌子さんが遠藤さんのマネージャーをしていることとも関係あるようです。もともと遠藤さんが所属していた事務所の社長がご高齢なことを理由に事務所が畳まれることに。それをきっかけに事務所を独立したのですが、その際マネージャーを奥様になってほしいと相談したところはっきりと断られたそうです。

 

しかし、何度も頼んでやっと説得できました。そのときに奥様から「これからはやりたいようにやらせてもらう」と宣言され、奥様の言うことに従うようになったようです。

 

なので恐妻家というより、仕事もプライベートも奥様を信頼して全てを任せてるのかもしれませんね。

 

ちなみに遠藤さんは「お小遣い制」なのだそうですが、それは、クレジットカードを使ってキャバクラに行ったことがバレてはさみでカードを切られてしまったそうです。それからカードは持たずお小遣い制で過ごしているそうです。


まとめ

コミカルな演技から迫力のある怖い演技まで幅広く演じ分ける遠藤憲一さん。年齢を重ねるごとに味のある役者さんになってきましたね。これからますます活躍してくれることを期待したいですね。