タレント

古市憲寿の自宅の場所や家賃は?テレビで大公開(内観画像あり)!


今やバラエティで活躍の社会学者の古市憲寿さん。

 

簡単に略歴を説明しますと、1985年1月14日生まれの東京都出身。2003年に慶応義塾大学環境情報学部に入学し、2005年にはノルウェーのオスロ大学へ留学入学。2007年に慶應義塾大学を卒業。その後東京大学大学院総合文化研究科修士課程に編入し修士課程を終了、その後に社会学者として研究しています。

 

そんな古市憲寿さんの自宅の場所や家賃について調べてみました。

古市憲寿の自宅の場所

古市憲寿さんの自宅は、東京都港区虎ノ門の高級マンション「城山トラストコート」と分かっています。「城山トラストコート」は東京都内の高級マンションで、東京メトロの路線からも徒歩圏内という立地の良さが魅力的です。

 

城山トラストコートは総戸数67戸で1991年11月築のマンションで、ペットも相談可能な物件です。今は古市憲寿さんも猫を飼ってらっしゃいますよね。

 

古市憲寿さんの自宅はバラエティ番組で公開されたものです。プライベートをとても重視する古市憲寿さんが自宅の間取りや、細かな住所まで公開するとは意外ですが、オートロック付きの高級マンションなので安心だからでしょうね。

 

東京メトロ日比谷線の神谷町駅からは徒歩4分、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅からは徒歩5分と好立地の物件です。東京メトロ銀座線の虎ノ門駅からは徒歩13分都営三田線の御成門駅からは徒歩12分と、徒歩圏内に4路線もあり交通の便が非常にいい所です。

 

公開された自宅の映像から推測し、間取りは3LDK位ですが、まず玄関入ってすぐに本があり、書斎があり社会学者が本業の古市憲寿さんらしく、自宅の書斎には大きな本棚がいくつもあり、専門書からコミックまで、いろいろなジャンルの本が約5000冊詰まっていますが、書斎に収まりきれない本は廊下の本棚に置いてあります。

 

さすがに漫画や文芸誌から歴史の教科書などまで、多岐にわたっての本が沢山ありますね。

 

リビングは20帖でシンプルモダンな北欧のデザインテイストで、間接照明はフィンランド製です。アロマストーンもありおしゃれです。

古市憲寿の自宅の家賃

古市憲寿さんの自宅としても知られている「城山トラストコート」には、1LDKから5SLDKまでの間取りがあり、1LDKは家賃が33万円、2LDKでは家賃は67万円、最高ランクの間取り5SLDKでは家賃が180万円だそうです。

 

外観からエントランスまで高級なマンションで、オートロックなので女性も安心ですね。館内にフィットネスジムも完備してあるし、駐車場もあるので自家用車も停められます。

 

敷地内には24時間ゴミを捨てれる置き場があり、何時でもゴミを捨てれます。トランクルームもあり、モニター付きインターホーンもありのマンションです。

 

公開された自宅の映像から推測し、古市憲寿さん部屋の間取りは3LDK位なので、家賃は80万円~100万円位ではないかと思われます。

古市憲寿の自宅をテレビで大公開!

有吉ぃぃeeeee!〜そうだ!今からお前んチでゲームしない? というTV番組で古市憲寿さんは自宅内を公開しています。

 

古市憲寿さんは有吉さんが自宅に遊びに来た際に、ゲームをする番組に出ませんかと言われて承諾したら、収録4時間前から10人位の大人が来て設営など大変だったと話してました。でもゲームはとても楽しかったらしいです。

 

その他、人生が変わる1分間の深イイ話 というTV番組でも自宅を公開しています。自宅をテレビ初公開と言うことで、一人暮らしの都内の高級マンションの玄関から入ったところ、書斎兼本の部屋、リビング、台所などを公開しています。

 

ちなみに自炊はしないとのことで冷蔵庫の中身は、チョコと水のみらしいです。

まとめ

今回古市憲寿さんの自宅について調べて見ましたが、交通の便もいいとこで素敵な高級マンションでしたね。

 

さすが今活躍中の古市憲寿さんらしい、素敵なお部屋でした。