テレビ

ダッシュ島で反射炉が失敗した理由は?山口達也が極秘で作業か?

鉄腕ダッシュですが、毎週欠かさずに見ている方も多いと思います。その中でもダッシュ島はかなり人気の企画ですよね。

 

そのダッシュ島でも反射炉を作るという計画はかなりずば抜けています。この記事ではそのダッシュ島の反射炉についてまとめています。結局、どうなったのか?気になるところですね!

 

まず、反射炉って言葉を初めて聞くという人が多いと思います。反射炉とはどんなモノで制作するにどれくらい大変かということからまとめてみました!あの山口達也さんが極秘で手伝っているという情報もありますよ!

 

ダッシュ島について詳しい場所を知りたい場合は「ダッシュ島(由利島)瀬戸内海のどこ?明確な場所や所有者を特定?」をご覧ください。

ダッシュ島で作ろうとしている反射炉とは?

ダッシュ島で反射炉を作る理由

反射炉とはこのような形をした鉄を鋳造するための高炉の事をいうようですね。写真に写っているのは極小さな反射炉の画像になります。日本でも有名な反射炉になると高さが30メートルくらいになるモノもあるとか?

 

どうやらそれをTOKIOが作るとネット上では話題になっていますが恐らく規模的には上記の画像の様に大規模なモノでは無くて個人まりしたものだと思われます。

 

それよか、なぜ反射炉を作ろうとなった理由はなんでしょうか?実は、あの発言からすべてが始まり話題が大きくなっています。

鉄腕ダッシュで反射炉を作る理由とは?

これほど大変なモノを作ろうとする理由はなんでしょうか?

じつは、海で使うモリの先を作ろう!と言い出したことが理由だそうです。はじめに、島にある古いレンガを集め、超ミニマムな反射炉を作っています。

ダッシュ島で反射炉を作る理由

このあと、見事に古いレンガは、高熱を与えたことでひび割れてモリ先を生成することはできず。そこから全てが始まっていますwなんという壮大な企画でしょか!これには視聴者もさすがに驚いてTwitterでも話題になりました。

 

そして、さらにはレンガ界までもその話が広まっているんだとか。レンガ界で有名になるアイドル、、。もはやアイドルという括りにしても良いのかどうかも分かりませんね!

 

いちおうですが、TOKIOが集めるべくレンガの総量は30トンということ。

 

幅4m、奥行7mの敷地が必要だそうでもちろん山際は火事になる危険性、海側は潮の影響で反射炉が濡れるとそこに火をつけると爆発するとか(-_-;)

 

さらには砂利の上も反射炉が傾くという恐れがあるためにNG。それじゃ、どこに建てるのか、、、。海岸の砂利をどけてから砂の面を出し、そこに杭を打ち込んで反射炉の土台を作る作業を行うということでした。

 

1回の放送が、その杭を1本したところで終了。

 

というところで放送が終了しています。あと杭を打たなければならない本数は100本ありますwwwこの時の放送を見ていた人は知っているとは思いますが1本打つのに相当な力が必要だったことを。

 

2017年9月24日の放送では反射炉のつづきが放送されました。スタッフと共に作業を行ってやっとこさ100本の杭を打つことができました!その後、土台を作る作業へと移行しています。

 

噂によると途中まで制作した反射炉が崩壊してしまうというショッキングな内容になっているとの情報もあります。

 

たしかに、海岸で砂地を見つけて杭を打ってはいるようですが海岸のために不安定感は否めない感じがしますね。

 

本当に反射炉が完成するのでしょうか?んーー、雰囲気的には完成するまでは、時間的には到底無理な気もしますね。週末の鉄腕がいつも楽しみにしていますがこの週は特に楽しみな企画がめじろ押し!

反射炉がついに完成!【追記2019.7】

この記事を始めに執筆したのが2017年9月でした。そしてこの記事を追記しているのが2019年7月となります。この反射炉を作ろうという企画が2016年に始まっているため、完成までおおよそ3年もの年月が費やされたことになります。

杭打ち、レンガ作りから始まったこの企画。当時は反射炉なんて本当に作れるのだろうか?という声もありました。

 

僕も疑問視したその一人ではありますが(笑)この反射炉を作るにあたっては途中まで組み立てたものが崩壊することもありましたね。そんな局難を越えてからついに完成です!

2019年8月4日の放送では、その記念すべき完成を記念して放送が行われます!反射炉で流れ着いた鉄くずを溶かして何かを作るようですよ!企画が始まった当初の目的だと『モリ先』を作ることでした。今度こそ、しっかりとしたモリ先を完成させることができるのでしょうか!乞うご期待!

反射炉が150年ぶりに稼働も・・・

そしてついに150年ぶりに反射炉が稼働しました!しっかりと鉄が流れ出てくるのか!と期待されました。・・・たしかに、流れてきてはいるんだけどなんか想像と違くて、、、(笑)

出典:日テレ

こんな感じで流れてきたんですよね。何か型とかに流し込んで器とか作るのかな?と思っていましたが、そのまま流れ出てきた感じです(笑)

 

ちなみに、今回溶けた銀色の液状になっているものは「アルミ」です。660度で個体が液体になります。目標は鉄ということですが、鉄を溶かすには1500度以上です。

 

現状よりも1.5倍以上は熱くできないと鉄を溶かすことは無理なんだとか。また、これにはリベンジ企画があることでしょうね!その時まで期待です!

山口達也がダッシュ島を手伝っている?という噂

ダッシュ島というとやっぱり山口達也さんの話題が出てきたりします。山口達也さんについては「棟梁」と呼ばれるくらいに大工の腕前などに覚えがありました。

 

ダッシュ島では積極的に開拓に参加していましたね。水路を作るときに大活躍していたことは覚えていると思います。

 

そんな山口達也さんですが、未成年者との、、、事件があったために芸能界から引退しました。ファンとしては悲しい出来事でした。

 

そんなことで山口達也メンバーなしでTOKIOは活動を行ていますが、このダッシュ島に関しては山口メンバーが手伝っているのではないか?という一部で噂されているとか。謹慎して反省後にまた再登場を期待しているファンからの声でしょうか?

 

つまるところ、TOKIOから脱退しているためにダッシュ島を手伝っていることは考えられない思います。番組制作サイドもそのよなスキナーなことをするはずがないでしょうね。本当に手伝っていたとなるといろいろと言われることがありそうです。

 

今のところ、山口達也さんが復帰とか手伝っているという確信できる情報はありません。この手の犯罪は厳しいですから復帰は相当難しいんでしょうね。

まとめ

反射炉がついに完成しましたね!その完成スペシャルとして放送されます。これまでの歳月はかなり長かった!

 

やっとこの反射炉で鉄が作れる、、、ついにTOKIOはまたアイドルの領域を凌駕してきましたね(笑)この続きも楽しみにです!