夏はどうしても露出が増えるので、日焼けトラブルに巻きこかれることもしばしば。日焼けで肌荒れをおこしたり、中にはぶつぶつができてかゆみが生じる人も!

 

日焼けによる肌荒れやぶつぶつの原因、そして治し方を調べてみました。知らないことも意外と多いんですね!

Sponsored Links

日焼けで肌荒れ!ぶつぶつができる原因は?

日焼けで肌が小麦色に焼けた人を見ると、夏だなあと感じますが、実は日焼けで肌が荒れてぶつぶつになる人は、この日焼けで真黒になるという経験が少ないそうです。

 

そもそも、肌が焼けるということは、紫外線から受けるダメージを少しでも弱めるため、メラニン色素が作られるから。

 

しかし日焼けでぶつぶつになりやすい人はこのメラニン色素が作られず、紫外線のダメージを受けやすいです

 

日焼け後の肌荒れのようなぶつぶつは、アレルギー反応を起こした状態だと言えます。このメラニンによるアレルギーを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

ぶつぶつがかゆい場合はどうしたらいい?

 

もし、ぶつぶつにかゆみがある場合は、日焼けによる肌の乾燥が原因。場合によっては、日光皮膚炎になっていることもあるので、あまりにかゆみが酷い時は皮膚科を受診した方が安心です。

 

かゆみは、肌を冷やすことで抑えられるので、濡れタオルなどで幹部を冷やすことがおすすめ!絶対に掻きむしらないことが大切です。

日焼けで肌荒れ!ぶつぶつの直し方は?

まずは、日焼け止めやメイクを落とすこと!日焼け止めやメイクは肌に与える負担はとても大きいそうです。

 

それから日焼けしてぶつぶつができた部分を濡れタオルなどでしっかり冷やすことが大切です。

 

肌の熱を取り除いてから、化粧水などを使い保湿することで様子をみましょう。そのときにはこのような化粧水が効果的ですね。

日焼けによってできるぶつぶつは、数日したら自然になくなりますが、かゆみが強かったり、ぶつぶつが消えないようであれば、一度皮膚科を受診しましょう。

Sponsored Links

日焼けによるぶつぶつの予防法は?

日焼け

まずは、日に焼けないことが大切です。日焼けで肌荒れをおこす人は、肌が弱いと思われるので、外出や洗濯物を干すなどの短時間でもしっかり日焼け対策をする必要があります。

 

また、使う日焼け止めクリームも注意が必要です。

 

一般的に日焼け止めクリームには、紫外線散乱剤「紫外線吸収剤」の2つの主成分によって分けられます。

 

紫外線吸収剤は、紫外線から肌が熱を吸収してしまう作用があるため、ぶつぶつになりやすい恐れがあります。

 

もし、日焼け止めクリームを塗っても肌荒れからぶつぶつになってしまう人は、使用している日焼け止めクリームを見直す必要があるかもしれません。

まとめ

日焼けによる肌荒れで、肌がぶつぶつになってしまう人は、まずは日焼けをしない対策が必要かと思われます。

 

もし、日焼けしてしまっても適切なケアで症状は抑えられるので、正しいケアをすることをおすすめします。

こんな記事も読まれています。

肌荒れを早く治す薬はあるの?

肌荒れを早く治す食べ物とは?

Sponsored Links