スポーツ

福原愛の子どもの性別・画像は?国籍はどちらになるか気になる!

福原愛の子ども性別や国籍

卓球選手の福原愛さんが台湾出身の卓球選手・江宏傑(こうこうけつ・ジャンホンジエ)さんと結婚されてたことを覚えている人も多いと思います。

 

そうなると、福原愛の子どもの性別はどちらなのか?また国籍はどうなるのか気になりませんか?

 

揃って結婚会見を開き、二人の仲睦まじい様子に日本中が祝福ムードに包まれました。そもそも福原愛さんは子どもを出産したのか?

 

そのあたりも含めて福原愛の子どもの性別は?国籍はどちらになるか調査してみました!可愛いお子さんの画像も確認できましたよ!

福原愛の子どもの性別は?

福原愛さんは子どもは子どもが2人います。娘と息子とのことでした!娘さんが生まれた当初(2017年頃)には東京オリンピクにも意欲を見せていましたが、その後、息子を妊娠したこともあり、オリンピクを目指すことは諦めました。

 

子どもには卓球を教えたくないとのことでメダルを見せたこともないみたいですね。トップアスリートだったからこそ、その道の厳しさをよく知ってるがために、子どもに同じ道を歩ませたくないのかもしれません。

福原愛と江宏傑の子供は将来卓球選手?

卓球選手同士の子どもですからもしかすると、両親に憧れて卓球を始めるかもしれません。しかも、両親揃って世界レベルですから、福原愛さんと江さんの子供は将来卓球選手になるかもしれませんね。

 

結婚会見で記者から、子供が生まれたら卓球選手にしたいかという質問に以下のように答えています。

江「まだ考えたことがないが、もし生まれたら卓球でも他のスポーツでもなにをしようが、基本的に自然に任せる。やりたいことをやってほしい。」

福原「私も同じです」

二人の子ですから将来を有望視されても仕方いことだと思います。期待したいという気持ちもありますね。ただ、世界をまたいで活躍している二人なので、たくさんの辛い経験や大変な時間を過ごしてきたと思います。

 

そういう環境に自分の子を置くのかと、、と思う部分もあるのではないでしょうか。とはいえ、やっぱり期待しちゃいますよね~。

福原愛の子どもの国籍はどうなる?

福原愛さんは、結婚しても国籍も名字も変わらないようですが、もし子供が生まれたら国籍はどうなるのでしょうか?

 

将来、卓球選手になって代表選手に選ばれるまでになれば、日本と台湾どっちの国の代表になるのかも気になる所です。

 

日本の国籍法によれば、認められる国籍は1つだそうです。

 

日本の国籍法は、両親のどちらかが日本人であればどの国で生まれても日本国籍を取得できる「父母両系血統主義」が採用されます。

 

そのため、もし福原さんと江さんに子供が生まれたら、福原さんの日本国籍と江さんの台湾国籍両方取得した形の重国籍になるそうです。

国籍留保制度とは?

実は、日本には国籍留保制度といって、重国籍の子供を対象に、ある一定の年齢に達するまで国籍の選択を保留することができるようです。

 

国際結婚された方は、親が子供の国籍を勝手に決めるのではなく、子供の意思を尊重したいと考えるご両親が多いみたいです。

 

子供の将来の幅を広げることができますし、いい制度ですよね。(おそらく、勝手に決めることもできると思いますが、、)

 

この国籍留保制度は出生届けと一緒に提出しないといけないみたいです。まあこれは福原さんと江さんのお仕事ですね。ちなみに、国籍留保制度で定められている国籍選択の期間は以下の通りです。

・20歳になる前に重国籍となった人…………22歳までに選択
・20歳に達してから重国籍となった人………重国籍となった日から2年以内に選択

(1985年1月1日以後に重国籍となった日本国民が対象)

ということなので、福原さんと江さんの子供は22歳になるまでにどちらの国籍を取るのか決めないといけないみたいです。

 

将来、何らかのスポーツ選手として世界で活躍するようになればもっと早く選択しなければならいかもせれませんけどね。

 

日本国籍で日本代表でって思いますが、こればっかりは、本人の意思に任せるしかないようです。

福原愛の子どもの性別や国籍は?のまとめ

福原愛の子どもですが、娘と息子でした!二人共二重国籍の状態で今後22歳になるまでに、日本・台湾どちらの国籍にするか決めようになるみたいですね。

 

もし卓球をするならば日本国籍を選んでもらいたいところ!ただ、福原愛さんは卓球選手は子どもたちに進めたくはないみたいでした。プロの厳しい世界がありますからね。