タレント

古市憲寿の経歴や学歴がスゴい!世界的な名門大学へ留学経験も!

古市憲寿の学歴

この記事では古市憲寿さんの学歴・経歴についてまとめています。何やら調べてみると世界的にも有名な名門大学を卒業していることが分かりました!

 

なにかとお騒がせな社会学研究者でコメンテーターではありますが、歯に衣着せぬ物言いで彼の発言はしばしばネット上で炎上することもありますね(笑)

 

まあ、自分の考えをはっきり言うのがコメンテーターとしての役割ではあるんですけどね。そんな古市憲寿さんの実はすごい学歴・経歴について紹介していきます!

古市憲寿の学歴がスゴい!

古市憲寿の学歴がすごい

テレビに出演すればその発言がしばしば炎上騒動にまで発展してしまう古市憲寿さんですが、学歴を以下に時系列に並べてみました。

古市憲寿の学歴

  • 埼玉県立越谷北高等学校
  • 慶應義塾大学環境情報学部
  • オスロ大学(ノルウェー)へ交換留学
  • 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程修了

学校に詳しくなくても頭良いんだろうな・・・ということが分かる学歴ですが、それぞれがどのような学校なのかも調べてみました!

埼玉県立越谷北高等学校

越谷北高校は、埼玉県内でトップレベルの県立高校として有名な高校です。卒業生は、東大、一橋大、東工大、お茶の水女子大、早慶上智など超難関校へ進学する生徒が多数います。

 

偏差値について「67-68」です。全国に高校は10,000校ほどありますが、全体でいば300位前後にランクされる超高学歴な高校です。実は意外かもしれませんが、俳優の佐藤健さんの出身校としても知られています。

慶應義塾大学環境情報学部

解説することもないとは思いますが、一応(笑)慶應義塾大学は国内でも有名な大学ですね。偏差値については学部によって異なりますが、意外にも薬学部62.5~65.00が最も低いです。医学部の偏差値は72.5!

 

古市憲寿さんが入学した環境情報学部の偏差値70.0という医学部並みです。つまりは、古市憲寿さんは医者としても十分に活躍できる頭脳の持ち主だということが分かります。

 

ちなみに、環境情報学部では現代社会の様々な問題を科学やテクノロジー、デザイン分野などいろいろな視点から考え、答えを導き出していく。柔らかい頭で物事をとらえ、多方面からその原因をアプローチしていく力を身に着けることを目的とした学部・・・・だそうです!

オスロ大学(ノルウェー)へ交換留学

そしてなんと、古市憲寿さんですがオスロ大学へ交換留学として通っていた時期もあるようです。交換留学は誰もが希望すれば行けるものではありません。学校内で選考が行われます。学業成績表(最低基準あり)も高得点な必要があります。

 

オスロ大学では英語で事業が行われるため、学術的なことも分かる英語スキルが必要ですね。最低でもTOEFL iBT(R)総合70点以上、もしくはIELTS5.5以上が必要です。

 

ちなみに、オスロ大学はノーベル賞受賞者12名を輩出しています。そういうところからも世界的な名門大学だと分かりますね。

東京大学大学院総合文化研究科国際社会科・・・

慶應義塾大学を卒業してからは東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程修了に進学しています。・・・・じつに40文字(笑)

 

この「国際社会科学専攻」ではどのようなことを学んでいたかというと・・・

一個の社会現象は、国際的な側面に留意しつつ、経済と社会、政治、文化等の領域の境を超え複合的に分析されねばならない。こうした観点から国際社会科学専攻では、現実の分析において国と国の関係、分析枠組みにおいて社会科学各領域の相関に焦点を当てつつ、現代社会の分析を試みている。

出典:東京大学WEB

・・・難しい言葉が並びすぎで頭が回りませんwカンタンにいえば、世界の社会情勢をさまざまな観点から研究して分析している。ということだと思います!

古市憲寿の経歴もスゴい!

古市憲寿の経歴もスゴい!

学歴が超高学歴でスゴいことが分かりましたが、その学歴を持っているため、これまで歩んできた経歴もスゴいんだろうな、ということはなんとなく分かりますが、具体的にどんな経歴を持っているんでしょうか?

古市憲寿の経歴

  • 慶応義塾大学SFC研究所上席所員
  • 内閣府国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員(2012年・野田内閣時)
  • 「経済財政動向等についての集中点検会合」委員(2013年・安倍内閣時)
  • 内閣官房行政改革推進本部事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバー(2013年・安倍内閣時)
  • 内閣官房「クールジャパン推進会議」メンバー(2014年)
  • 朝日新聞信頼回復と再生のための委員会外部委員(2014年)
  • 伊勢志摩サミットロゴマーク選考会審査委員(2015年)
  • 厚生労働省「多様な選考・採用機会の拡大に向けた検討会委員」(2019)

出典:wiki(古市憲寿)

こうやってみても、古市さんは社会学研究者として、国から意見を求められ立にある人ということがわかりますね。

 

古市憲寿さんは、炎上コメンテーターとして世間に知られるようになりました。ですが、実は政府機関が意見を求めるレベルにある社会学者だということが分かりました。

 

また、作家としても活動しており、これまでに単著・共著含めて14ほどの著書を出版しています。

 

32歳にしてこれほど多くの本を執筆していることから、社会に伝えたいことが多く、自分の意見をしっかり持っているということがわかりますね。

 

まあ、その意見が多くの人に受け入れられているかどうかというのはまた別の話ですが、、(;^_^A

古市憲寿の経歴や学歴がスゴいのまとめ

古市憲寿さんの学歴・経歴はどうでしたか?超エリートで歩んできたことが分かりますよね!

 

辛辣なコメントも、これまでの知見から得られたことを踏まえて発言することもあるため、普通の人だと理解できず炎上するのもなんとなく分かりますよねw

 

これからも、古市憲寿さんのコメンテーターとしての活躍が楽しみです!