アイドル

井ノ原快彦の中学・高校は?27歳で卒業か【卒アル画像あり】

井ノ原快彦は高校を27歳で卒業

この記事は、井ノ原快彦の中学・高校は?27歳で卒業か【卒アル画像あり】について調べています!

 

歌手でタレントで俳優の井ノ原快彦さん。2010年3月29日から2018年3月30日まで、NHK総合テレビ『あさイチ』の初代キャスターを8年間務めました。

 

2001年4月から2006年3月まで、フジテレビ系列の子供向け番組『ポンキッキーズ21』→『ポンキッキーズ』のMCを5年間担当していました。

 

ほかにも司会業もこなしCMにもでてます。そんな井ノ原快彦さんの中学時代はどんな子供だったのでしょうか? また高校はどうだったのでしょうか? 調べて見ました。

井ノ原快彦の中学はどこ?

井ノ原快彦さんは品川区立八潮中学出身です。この品川区立八潮中学は2008年に周辺の小学校3校と合併し、今は八潮学園という小中一貫校になっています。

 

中学時代の同級生は井ノ原快彦さんのことを結構いい加減なタイプに見えるが、朝は7時30分までに登校し、生き物の世話をする「生き物係」を1年間やったと言っていました。

 

井ノ原快彦さんは中学時代から勉学は余り得意ではなく、体育だけ成績も良かったそうです。すでにジャニーズに所属していた井ノ原快彦さんはバレンタインのチョコはダンボール3箱も届いていたそうですが、学校ではモテていなかったらしいです。

 

テレビ番組に出演した中学時代の同級生に言わせると井ノ原さんは中学時代からほとんど変わっていないと言うことです。

井ノ原快彦・高校は?27歳で卒業か【卒アル画像あり】

井ノ原快彦は高校を27歳で卒業出典:サーファーママのブログ

井ノ原快彦さんは中学を卒業した後、東海大学付属望星高校に入学しています。東海大学付属望星高校は通信制・単位制の学校です。

 

通信制高校とは、高校講座の受講とレポートの添削指導と面接指導(スクーリング)、及び期末試験が学習の中心となり、それぞれ規定回数を満たして、合格する必要がある高校です。

 

単位制高校とは「学年」という枠にとらわれず、単位を修得、累積加算し在籍3年以上・74単位以上の単位修得(必修科目・総合的な学習(探究)の時間を含む)で卒業できる制度の高校です。

 

単位制高校でも多くの高校が「学年制」を設けていて、その場合各学年で学習する科目は学校で定められていて、一部科目の単位を修得できなかった場合は留年となり、その学年で全科目にわたって、もう一度1からのから学習となります

 

単位制高校でも「無学年制」の学校なら、留年はなく学年にとらわれず自分のペースで学習を進められて、自分の興味や関心など進路希望等に応じて幅広い科目の中から学習したいものを選べます。単位を修得できなかった科目があれば、その科目だけをもう一度学習すればいいのです。

 

井ノ原快彦さんの通っていた東海大学付属望星高校は通信制・単位制の高校の中でも「無学年制」の高校なので単位さえ取れば留年はない高校です。

 

井ノ原快彦さんの場合はこの東海大学付属望星高校を2年で退学しています。その後27歳で科学技術学園高等学校の通信制に再入学しています。

 

科学技術学園高等学校東海大学付属望星高校に通っていたときの単位があったので、1年間卒業することが出来ています。

井ノ原快彦の中学・高校は?27歳で卒業?のまとめ

今回は井ノ原快彦の中学・高校は?27歳で卒業か【卒アル画像あり】と言うことで調べて見ました。中学時代からは今もほとんど変わってないと言うことでしたね。

 

高校においては1度17歳で退学したものの、10年後の27歳で再度高校に入学して、仕事と学業を両立して見事卒業、それもたった1年で成し遂げるとはすごいですね。

 

そんな井ノ原快彦さんの頑張りがアイドルだけでなく、今の俳優業や司会業をやれる凄さにつながっているのでしょうね。

 

これからもいろんな分野でますます活躍されることが期待されますね。