こんにちは!まさやんです!

 

2019年2月10日(土)に[日本テレビ系列で放送されたドラマ[イノセンス4話]のネタバレとあらすじに感想をご紹介していきます!

 

▼huluで1話から見逃し配信中▼

>>>動画の無料視聴はこちらから<<<

 

[イノセンス4話] ネタバレとあらすじ

2019年2月10日放送の[イノセンス4話]のネタバレとあらすじです!

 

保駿法律事務所では登別が好意を寄せる食品玩具メーカーに勤める女性小笠原奈美の事件を事務所に内緒に引き受け黒川拓と楓が引き継ぐ事になった奈美は同僚の姫島理沙を殺害した疑いで逮捕されていた

 

死亡した理沙の肺には大量の砂が発見され直前まで一緒にいた奈美に殺人容疑かかり逮捕されたのだった犯行を否認する奈美黒川と楓は奈美について調べると会社での評判もよく良き先輩

 

自宅介護で両親の面倒を見ていたと奈美を悪く言うものはいなかったそして黒川と楓は現場の島へ

 

理沙の手に何かに強く握った跡を気にかける黒川そんな黒川の電話に真から連絡が入り黒川から実家に一緒に行ってほしいと頼まれた黒川の家に行くと黒川の母が手料理でもてなす

 

しかし父の真とは黒川の仕事の事で気まずい雰囲気に有力な情報のないまま裁判へそこに検察側の証人として上司の鶴見が奈美からストーカー被害にあっていたと証言する鶴見の証言で不利になる奈美

 

奈美は黒川に自分が手に入れられなかったもの全て手にいれた理沙を嫌っていたと本心を話すそして事件当日の事を黒川に話す鶴見とも理沙とも会わないように会社を辞めようと決心して理沙に会社を辞める話を二人の友情の証のペンダントを海に捨て理沙ももう会う気はないからペンダントを捨ててくれと話したのが最後の会話だったと

 

黒川が行き詰まっているところに黒川を心配する秋保が訪ね解決のヒントを与える秋保の実験で島の海岸は逆潜流がおこる地形でペンダントを拾うために海で探しているうちに事故にあったと判明し黒川は無罪を勝ち取る事ができた

 

奈美は黒川に自分の醜さを知ったのに本当に無罪で良いのか問う黒川は貴方が演じた事で理沙さんはいい人だったのだから伝えるのでした

▼huluで1話から見逃し配信中▼

>>>動画の無料視聴はこちらから<<<

 

[イノセンス4話]を見た感想は?

2019年2月10日放送の[イノセンス4話]の感想をご紹介します。

 

職場の素敵な先輩、介護に疲れたOL、ひとりの男性にすがってしまうストーカー的な女性、そして、人を殺したかもしれない女性、どんな風にも見えてしまうところがともさかりえさんの演技力のすばらしさだと思います。

一話だけのゲストとは思えない丁寧さでした。ともさかりえさんは、被害者の女性を憎んでいたと言っていましたが、その感情だけで被害者女性を見ていたわけではないと思います。かわいくて、守ってあげたい後輩であったこともまた、事実だったと思います。

被害者女性だって、バカではないんです。ともさかりえさんからたくさん愛をもらったから、慕っているんです。誰も、それを口には出さないけれど、坂口健太郎さんがその言葉を使ってともさかりえさんをなぐさめることはなかったけれど、視聴者はなんとなく感じ取ったことだと思います。

あえて、言葉にしないところがおしゃれだし、おもしろかったと思います。坂口健太郎さんのただむやみに容疑者を信じるだけではなく、冷静に判断しようとしているところや、真実がすべてわかったあとの言葉も冷静であるところが、素敵だと思います。

バラ/30代/女性

 

直接犯罪に関わっていなくても何らかの因果関係にあるとたとえ無罪になったとしても心の中に無念ややりきれない気持ちのようなものが残ってしまうものです

今回容疑をかけられた女性は会社でも良い人で家では母親の介護をしていました本人は良い人を演じていたと言いますがやはりどこかで本当に自分に戻らないと精神的にも参ってしまうと思います

同じく亡くなった容疑者の後輩も同じような性格のように思えましたもしかしたらお互いにその存在を羨ましく思いつつも心では憎しみや妬みがあったのかもしれません人の心の中はそれを言わなければ目に見えるものではありませんだからこそ今回の事件のように別の形になって現れてしまうものなのかもしれません

このような悲しい事故が起き無いためにもやはり良い人を演じることは止めたほうが良いとおもいますそして自分に素直に生きることが大切だと改めて思いました容疑者もそのような生き方ができていればこのようなことは起こらなかったかもしれません難しい問題ですが裁判だけでは裁くことのできない罪の重さのようなものを感じてしまいました

カナ/女性/30代

 

会社の後輩を殺害した容疑で逮捕された小笠原奈美を弁護する拓と殺害されたとされる理沙と奈美は社内では仲が良く悪い話は出てこない拓と楓は島へ手がかりを探しに行くがこれといった物を得られずに島から引き返す

拓は実家へ楓を連れて帰り夕食を共にする元々この親子は何かありそうだな思っていましたがさすがに弁護士と検察官という立場の違いからくる意見の違いだけでなはいもっと根底にわかりあえない何かがあるんだな思いました

事件の方は上司との付き合いなどが明らかになって奈美が本当に思っていた理沙への嫉妬などが明らかになりああやっぱりこの人がやったのかな原因は色恋かな思われながらの秋保先生の登場で事件は殺人ではく島独特の地形が生みだした逆潜流という現象のせいだ判明

理沙が奈美が捨てたペンダントを拾いに行って巻き込まれた事故という結末冤罪ではあるけど奈美の心の中は複雑だろうなという気がします秋保先生の登場が今回は絶妙なタイミングというか拓の味方なんだなひしひしと伝わってきました

ぴとぽわ/40代/女性

[イノセンス4話]のあらすじ

企業法務部門の弁護士・登別のぼりべつ(正名僕蔵)が、好意を寄せる女性・小笠原おがさわら奈美なみ(ともさかりえ)の刑事事件弁護をこっそり引き受けていたことが発覚した保駿堂法律事務所では、拓たく(坂口健太郎)と楓かえで(川口春奈)が急遽弁護を引き継ぐことに。

食品玩具メーカーに務める奈美は同僚の姫島ひめしま理沙りさ(入山法子)を旅行先の海で殺害した容疑で逮捕されたキャリアウーマン。溺死した遺体の肺から大量の砂が出たことから殺人容疑をかけられたものの、本人は容疑を全面否認している…。

[イノセンス4話]までの視聴率

・1話(2019年1月19日)視聴率8.3%

・2話(2019年1月26日)視聴率8.7%

・3話(2019年2月2日)視聴率9.4%

▼huluで1話から見逃し配信中▼

>>>動画の無料視聴はこちらから<<<

まとめ

2019年2月10日(曜日)放送の「イノセンス」4話のネタバレやあらすじをご紹介しました。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼huluで1話から見逃し配信中▼

>>>動画の無料視聴はこちらから<<<