女優

石原さとみは創価高校(高偏差値の超難関)!テニス部の部長だった【学歴まとめ】

石原さとみは創価高校出典:https://www.asagei.com/excerpt/158352

 

日本の美人女優と言えば?と聞かれれば必ず彼女の名前は浮上すること間違いなし、な石原さとみさん。

 

ホリプロスカウトキャラバンでの入賞からはじまり、数々の映画やドラマでその魅力を存分に振りまいていらっしゃいます。

 

2020年にはご結婚もされ、ますます女性として魅力的になってきましたね。

 

そんな彼女ですが、一体どんな風にそだったのでしょうか?今回は石原さとみさんの出身高校をチェックしてみましょう。超難関高校を卒業しているようですよ!

石原さとみは創価高校(高偏差値の超難関)!

石原さとみさんの学歴ですが、ご本人がそれについて公言は一切していらっしゃいません。そのため正しい情報というものがありません。

 

しかし、彼女の出身高校についてはとある情報で多くの人が知ることになりました。それは卒業アルバムです。

出典:https://re童.jp/wp-content/uploads/ishiharasatomi-honmyou529.jpg

 

本名である石神国子さんでお名前が記載されているものの、お顔から石原さとみさんご本人であることは間違いありません。ちなみに、石原さとみは芸名ですがある人物が命名したともいわれています。

 

数年前にネットに流出し、独特な制服から東京小平市にある創価中学、創価高校を卒業されていることがわかりました。

出典:https://tokyo-senior.soka.ed.jp/life/uniform

 

創価高校の制服、まったく同じですね。

 

卒業アルバムもあることから彼女が創価高校を卒業してることは間違いないでしょう。

石原さとみの出身小学校や大学は?

創価には、中学、高校だけでなく小学校から通っていたという噂もあります。そのためエスカレーターで上がっていた可能性も否定できませんね。

 

こちらの噂の出所に関してはご両親が創価学会でお仕事をされていることと、石原さとみさんご自身が熱心な創価学会の信者さんであることからでしょう。

 

真偽のほどは不明ですが、可能性は高そうですね。

 

そして大学に関しては芸能活動の忙しさから進学はされなかったようです。そのため石原さとみさんは高卒ということになります。

石原さとみの部活は?偏差値は?どんな学生時代?

石原さとみの部活

さて、石原さとみさんは一体創価中学・創価高校でどんな学生時代を送られたのでしょうか?

石原さとみの所属した部活動は?

部活に関してはドラマ「高嶺の花」の番組宣伝で出られた際にご自身にとっての高嶺の花を紹介する際に「中学時代のテニス部の先輩」と答えられていることから中学時代はテニス部に所属されていたことがわかりました。

 

他のインタビューでも「部活をするならテニス部!」と答えるほどテニスはお好きだったようです。

 

部長や役職などされたのかな?という疑問がありますがそれに関しては情報がありませんでした。しかし、中学生の時すでに芸能活動をはじめれていたので、部活と芸能活動の両立の難しさを考えると部長は厳しいのではないでしょうか。

 

高校時代は芸能活動も忙しくなり、また女優業で日焼けができないことからテニス部ではなくお琴クラブに所属されていたそうです。しかし次第に芸能活動が忙しくなってしまい退部した、と紙面のインタビューで回答されていました。

石原さとみが卒業した創価高校の偏差値は?

そんな石原さとみさんですが、お勉強のほうはどうだったのでしょうか?

 

ドラマ「5時から9時まで 私に恋するお坊さん」では見事な英語を披露されていたことから頭が良さそうなイメージがありますよね。

 

創価高校の偏差値は70となっています。どれくらいスゴいのかと言えば、ある試験の成績上位2%のことです!100人受験者がいた場合の上位1~2番の人のみですね。つまりは、東京都内上位2%の頭脳を持っていることになりますね。

 

同じレベルの他の高校として明治大学付属の中野高校などがあります。そこを卒業されていることから勉強ができる方だったのは間違いなさそうですね。

 

進学先は東京大学、京都大学をはじめに一橋、上智、早稲田、慶應義塾など超一流大学に進学しています。石原さとみさんは大学には進学せずに、そのまま芸能界で活動の場を広げていきました。ちなみに、創価高校卒業生にはナイツ土屋伸之さんもいますよ!

石原さとみは創価高校のまとめ

いかがでしたか?

 

石原さとみさんは学生時代も活発に活動されていたことがわかりましたね。そして高校の偏差値をみる限り、とても頭が良かったのではないでしょうか?

 

まさに才色兼備と言えますね。

 

そんな石原さとみさんの今後の活躍にますます期待しましょう。