伊藤沙莉

伊藤沙莉は韓国のハーフか!非公開な理由や判明した原因は?

伊藤沙莉

「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」で見た目が子ども、中身は大人という難解な役をわずか9歳で演じ、「女王の教室」などで話題になった伊藤沙莉さん。

 

そんな彼女も今やすっかり大人の素敵な女性となって、NHKのよるドラ「いいね!光源氏くん」で千葉雄大さんの相手役がとてもはまり役だと話題にもなり、順調に女優人生を歩んでいらっしゃいます。

 

そんな彼女ですが、実は韓国と日本のハーフだというのです。今回はそんな伊藤沙莉さんの噂を調査してみました。

伊藤沙莉は韓国のハーフか!?

伊藤沙莉

伊藤沙莉さんが韓国と日本のハーフと言われていますが、まずは彼女のプロフィールをチェックしてみましょう。

 

1994年に日本の千葉県にお兄さん、お姉さんがいる三兄弟の末っ子として生まれました。お父様はいらっしゃらず、お母さまが女手一つで3兄弟を育てられたそうです。三兄弟をおひとりでとはすごいですよね。

 

幼少の頃からダンスに勤しみ、2003年のALL Japan Dance Contest」の東京予選、および「サンリオダンスコンテスト」のキッズ部門でそれぞれ優勝するほどのダンスの腕をお持ちです。

 

同時期に子役として「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」でデビューし、現在まで女優として活躍されています。

 

ちなみにお兄さんも芸能界にいらっしゃいます。それはお笑い芸人「オズワルド」のツッコミ・伊藤俊介さんです。

 

お兄様からは伊藤沙莉さんのほうがテレビ露出が多かったことから「兄妹だと絶対に言うな!」と口止めされていたそうですが、M-1の決勝進出したことによって解禁されたのかダウンタウンさんの番組で伊藤沙莉さんが公表するという形になりました。

 

ご兄妹で芸能界で活躍されるなんてすごいですよね。

伊藤沙莉がハーフだと判明した理由は?

さて、そんな伊藤沙莉さんが「韓国と日本のハーフ」が発覚したのは意外な場所でした。

 

それはTwitterです。

 

当時、Twitterで「韓国のハーフなのでおそろい」と他の方へのリプライでご本人が公言したことで発覚、という今までにないパターンで公表されることになりました。

この出来事をきっかけにネットで伊藤沙莉さんがハーフであることが話題になりました。

 

言われてみるとお顔立ちがハーフっぽいですよね。芸能界では韓国と日本のハーフという方が多数見られますが、伊藤沙莉さんもとは驚きですね。

 

ちなみにご本人は大人になるまでハーフであることをご存じなかったそうです。ばりばりの日本生まれの日本育ちであるため、韓国語もまったく話せないと言っていますね。

 

その理由はお母さまから伝えられたのがつい最近、大人になってからだったため芸能界デビューした後にしったためだったのです。同じ理由から公式プロフィールにものっていないんです。

 

そのため、彼女のツイッターを見た方くらいしかこのことを知らなかったんですね。ツイッターのリプライで告げるくらいなので、伊藤沙莉さんにとってはなんてことない情報のようですね。

まとめ

さまざまなドラマや映画にひっぱりだこの伊藤沙莉さんが韓国と日本のハーフとはとても意外でしたね。

 

まさかご本人も最近まで知らなかったというちょっと驚きの展開ですが、とくに気にするほどのことでもなかったのかもしれません。

 

もしかしたら韓国デビューをされることもあるかもしれませんね、ますます伊藤沙莉さんのご活躍から目を離せないですね。