上白石萌音

上白石萌音のデビュー当時は?ブレイクしたきっかけはアニメ主演!

この記事は上白石萌音のデビュー当時は?ブレイクしたきっかけについてまとめています。

 

芸能界で有名な女優姉妹と言えば上白石萌音さん萌歌さんの姉妹ではないでしょうか。お二人ともドラマに舞台にアニメにと幅広くご活躍さていますよね。

 

とくに最近、お姉さんの萌音さんの方はドラマ「恋は続くよどこまでも」でヒロインを演じて「かわいい!」と話題になりましたね。

 

そんな上白石萌音さんですが、デビュー当時はどんな感じだったのでしょうか。最初からばりばり売れていたのでしょうか、それとも長い下積みがあったのでしょうか。

 

今回は上白石萌音さんのデビュー当時や売れたきっかけについて調査してみました。

上白石萌音さんのプロフィール

上白石萌音出典:https://kamishiraishimone.com/profiles

まずは上白石萌音さんのプロフィールを見てみましょう。

 

お名前は上白石萌音とかいて『かみしらいしもね』さんと読みます。お母さまが「音楽を楽しむ子になってほしい」という願いを込めてつけられたそうです。素敵なお名前ですよね。

 

鹿児島県に生まれ、子どもの頃から歌ったり踊ったりすることが好きでミュージカルスクールに通われていました。

 

中学1年生の時、ミュージカルスクールの先生の勧めでした2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』にて審査員特別賞を受賞します。そしてこの時、同じく妹の萌歌さんもグランプリを受賞し、姉妹そろってここから芸能界入りを果たします

 

映像作品のデビューはHOME MADE 家族「スターとライン」のPVに妹・萌歌さんと一緒に出演されました。それを皮切りにNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』最終回でドラマデビュー翌2012年にはミュージカル『王様と私』で初舞台と次々と仕事をされました。

 

さらに映画『舞妓はレディ』で映画初主演を飾り、ミュージカル仕立ての映画で彼女の演技と歌声が際立ち、監督の周防正行から「平成のオードリー・ヘップバーン」と言われたそうです。

 

上白石萌歌さんの声はその後も色んな場面で賞賛を浴びます。その後のドラマや映画、アニメの声優と幅広く活躍されています。

上白石萌音さんのデビュー当時は○○が注目?!

今や色んな所から引っ張りだこな上白石萌音さんですが、彼女がデビュー当時から最も注目されたのはその「」でした。

 

美貌も素晴らしいですが、彼女の声は後々大きなブレイクをもたらします。

ブレイクのきっかけはアニメ!!

ブレイクのきっかけとなったのは「アニメ映画への出演」でした。

 

最初の転機が訪れたのは2012年に長編アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』に出演した時でした。当時は主人公の子どもたちのクラスメイトの一人というちょっとした役でしたが、これがきっかけに「声」をつかった仕事が急増します。

 

そして、上白石萌音さんのブレイクのきっかけとなったのは2016年の大ヒット映画「君の名は。」でヒロイン・三葉です。記録的な大ヒットでしたから、記憶に新しい方も多いでしょう。

君の名は。出典:https://eiga.com/movie/83796/photo/

彼女の声に関して、この映画の関係者たちがこぞって褒めちぎっていました。

 

まず主人公・瀧くんを演じた神木隆之介さんはは『バイカル湖のように世界一透明だ』とおっしゃったそう。

 

さらにRADWIMPSの野田洋次郎さんは『疲れた体を包む毛布のようだ』と、新海誠監督は『細くて長い針のようだと思う。知らない間に耳に差し込まれて心の奥の柔らかな部分まで届いてそこをそっと刺すような、甘く懐かしくて愛おしい痛みをもたらす声』と三者三様、上白石萌音さんの声に対して表現されていました。

 

観た方たちも上白石萌音さんの声が印象的だったという声も多く、いかに彼女の声が人を魅せるかよくわかりますよね。

 

以降、歌手としての活動やCMのナレーションなどでも彼女の声を聞く機会が増えました。まさに天性の才能ではないでしょうか。

>>>「君の名は」を無料視聴<<<

君の名は。

上白石萌音のデビュー当時や売れたきっかけのまとめ

いかがでしたか。デビューから華々しい活動が多かった上白石萌音さんですが、ブレイクのきっかけは意外とアニメでした。

 

今や旬の若手演技派女優とも名高く、多才であることが仕事ぶりからも今後も今後も彼女の活躍から目が離せませんね。

 

ぜひ上白石萌音さんの活躍をチェックしてみてくださいね。