台風19号ですが、伊豆半島に上陸することが濃厚となっています。これからどのような被害が起きるのか心配になるところです。

 

しかし、既に被害が出そうな気配がしています。

 

伊豆半島を北に流れ三島市に流れる狩野川が氾濫の危険性があるようです。ここでは、狩野川のようについてまとめてみました。


伊豆半島の被害状況は?狩野川は氾濫寸前!

このようにかなり増水していることが分かります。他にもヤバいかもしれない状況がうかがえます。

こちらは狩野川の河口の方でしょうか?かなり川幅がありますので。そこがこのような状態です。今は、引き潮のようですがこの状態です。

 

夕方が満潮ということで台風の状況と被りますよね。もしかすると狩野川が氾濫する可能性があります。まだ、このタイミングであれば移動することができますので、避難所など県とされた方が良いかと思います。

さらに増水している様子が伺えます。


狩野川のライブカメラは?

狩野川にはライブカメラがあります。ですが、今朝からサクセス過多のためサーバーがダウンしているようです。復旧の目途は立っていないと思わます。

 

狩野川のライブカメラ

 

そのためツイッターなどで情報を集めた方が良いでしょう。こちらでも状況が変わり次第更新していきます。

狩野川台風で過去に甚大な被害が!

過去に狩野川は氾濫して大きな被害をもたらしたことがあるようです。狩野川台風は、1958年9月27日に神奈川県に上陸し、伊豆半島と関東地方に大きな被害を与えた台風です。

 

総死者数: 1,269
最大風速 (日気象庁解析): 75m/s
死傷者数: 死者・行方不明者1,269名

 

これほどの被害が起きたのは水路が整備されていなかったなどさまざまな要因があるとは思いますので、氾濫したからといってこれほどの事態になることはないでしょう。

 

ですが警戒しておきましょう。伊豆諸島のどこかの町では『伊豆半島より逃げてください』というような放送が行われているとか。それほどの脅威であることは間違いないですね。


まとめ

伊豆半島ではかなり警戒しないといけない状態になっています。これからさらに台風が近づくことで非常に危険な状態になることが想定されます。午前中には伊豆半島を出ていくかなど、行動しておく必要がありそうです。