カロリミット

カロリミットの効果的な飲み方は?正しいのは食前食後どちら?

カロリミットの効果的な飲み方は

この記事はカロリミットの効果的な飲み方は?正しいのは食前食後どちら?という話題につて調べてみました。

 

いっぱい食べる君が好き、大きな一口♪でおなじみのカロリミットをご存じでしょうか。株式会社ファンケルから発売され、すでに20年以上たっているダイエットサプリメントのパイオニアといえる存在です。

 

ダイエッターや多くの女性が持ち歩いているカロリミットですが、正しい飲み方というものをご存じでしょうか?

 

ただ気になったときに飲めばいい、というわけではないんです。そこで今回はカロリミットの効果的な飲み方についてお伝えします。

カロリミットの飲み方って?

ナイシトールZaで生理不順の副作用は起きるのか?

カロリミットって気が付いたときに飲めばいいんじゃないの?って思いますよね。サプリメント全般に言えますが、とくに飲むことにルールがあるイメージがないという方も多いでしょう。

 

実はそれは大間違いなんです。

 

ファンケルが推奨している効果的な飲み方以外だと、まったく効果がなくなってしまう可能性があります。

 

折角なら効果がある飲み方をしたいですよね。ではどのような飲み方をすればいいのでしょうか。

公式おすすめの飲み方は?

ファンケルの公式サイトでは以下のように飲むことを推奨されています

  • 1日3回
  • 1回につき3粒
  • お食事の前にお水で飲むこと
  • 脂質や糖質が多い食事の時のみでも良い

「いただきます」をした直後に飲む、というイメージが一番わかりやすいかもしれません。

 

食前に飲むことを推奨されていますが、「それって効果あるの?」って思ってしまいますよね。

 

薬は胃への刺激を低減させるために食後に服用しますが、カロリミットはそれに当てはまりません。それは一体なぜでしょう?

カロリミットを食前に飲む理由は?

その理由はカロリミットの特徴にあります。

  • 血糖値の上昇をゆるやかにする
  • 血中中性脂肪値の上昇をゆるやかにする

という2点がカロリミットの主な特徴です。ではどんな仕組みでそのような効果がえられるのでしょうか?

カロリミットの仕組みとは?

まずは本来の人間の働きから確認していきましょう。

 

食事をとると体内でそれぞれの栄養分が必要なところにいくように動いていきます。

 

その中で炭水化物(ごはんやパンなど)を摂取するとその中に含まれる糖分によって血糖値が上昇します。

 

上昇した血糖値を下げようとインスリンが働き、血糖値は下がり、摂取した炭水化物はブドウ糖へ分解され必要なところへ運ばれていきます

 

しかし必要以上にブドウ糖が存在する場合、それは脂肪へとなってくのです。

 

カロリミットはその脂肪になるブドウ糖が作られないように働くのです。詳しくは下の図をみてみましょう。

引用元:ファンケル公式サイト

カロリミットを服用することで、食事の消化・吸収の場においてブドウ糖が吸収されず体外にでるように働きかけているんです。

 

このように働いてもらうためには、まず先に身体の中で準備をしてもらう必要があるため「食前」に飲むことが推奨されているのです。

飲み忘れちゃった場合は?

食前に飲むのが効果的であることはわかっていても、ついつい飲み忘れちゃう場合ってありますよね。

 

その場合はどうしたらいいのでしょうか。泣く泣く諦めるしかないのでしょうか?

 

ファンケルにその点に問い合わせたところ、「食前が望ましいですが、飲み忘れた場合は食後1時間以内に服用することで効果を期待できます」とのことでした。

 

飲み忘れても安心ですね。ですが最も効果的なのは食前のようです。

まとめ

いかがでしたか?せっかくカロリミットを使ってダイエットするなら、効果があったほうがいいですよね。

 

そのためには食前に、それこそ「いただきます」の直後に服用しましょう。

 

もし忘れてしまっても、食後1時間以内に服用すれば効果は期待できますので慌てないでくださいね。