社会

加藤丈晴(愛知)顔画像は?岡山城・福山城など文化遺産に落書き!

この記事は、加藤丈晴という人物についてまとめました。最近、落書き相次いで発見された岡山県。国指定の重要文化財に傷が付いていることが発見されています。

 

その容疑者として逮捕された人物が加藤丈晴です。この加藤丈晴容疑者についてネット上の情報をまとめています。

加藤丈晴(愛知)の犯罪について

加藤丈晴(愛知)顔画像

岡山県警は2日、岡山城(岡山市)の国指定重要文化財「月見櫓」などに傷をつけたとして文化財保護法違反などの疑いで、愛知県清須市、無職加藤丈晴容疑者(47)を再逮捕した。「全く知りません」と容疑を否認している。

再逮捕容疑は1月13日から18日までの間、岡山城の月見櫓など数十カ所に線状の傷をつけた疑い。傷の中には「加藤」と彫られたものもあった。

昨年末から松山城(松山市)や高知城(高知市)、福山城(広島県福山市)でもひっかき傷が見つかっており、岡山県警は加藤容疑者と関連があるとみて捜査している。

出典:REUTERS

このように愛知県在住の加藤丈晴容疑者が相次いて文化遺産に落書き・引っかき傷を付けたとして逮捕されています。

 

ただ、容疑を否認していることから、今後の捜査がどのようになるか注視する必要がありますね。映像から加藤丈晴容疑者を割り出すことに成功しているようですが、監視カメラで調べていったのでしょうか?

 

詳しい捜査方法については分かりませんでした。ただ、文化遺産以外にも岡山市の町中の飲食店の壁にも傷を付けているようで、犯行現場の映像が抑えられているようですね。

加藤丈晴(愛知)の刑罰は?

今回の落書き事件ですが、どれくらいの刑罰になるのでしょうか?

軽犯罪法違反(軽犯罪法第1条第33号)

軽犯罪法とは、軽微な秩序違反行為に対して罰則を定めている法律です。落書きは、他人の物の工作物や表示物を汚す行為にあたります。

軽犯罪法違反の刑罰は、拘留または科料です。拘留とは、1日以上30日未満の身柄拘束を指します。他方、過料とは1000円以上1万円未満の罰金が科される財産刑です。

出典:ベリーベスト

このように軽犯罪法違反となるようです。初犯ということであれば罰金のみで処分されるようですね。ただ、今回は文化遺産に落書きをしたということで別に法律があるようです。

文化財保護法違反(文化財保護法第196条)

文化財保護法とは、史跡名勝天然記念物などの文化財を保存、活用、貢献を目的に定められている法律です。たとえば、歴史的建造物としての寺院や、天然記念物の樹木などに落書きをした場合、文化財保護法違反として罪に問われる可能性があります。

文化財保護法違反として罪に問われ、有罪になると、5年以下の懲役もしくは禁錮または30万円以下の罰金の範囲で処罰を受けることになります。

出典:ベリーベスト

そのため、今回は岡山城・福山城という文化遺産に落書きをしていることから通常の落書きよりも刑罰が重くなることが想定されます。明らかな証拠があれば有罪確定でしょう。

 

どれくらいの刑罰になるのか分かりませんが、重い処分が下ることになるかも知れませんね。

加藤丈晴(愛知)顔画像は?

ここで気になるのは加藤丈晴容疑者という人物です。この加藤丈晴容疑者ですが愛知県在住ということです。岡山市・福山市には旅行で来ていたのでしょうか?

 

それとも落書きするためだけに来た・・・とは考え辛いですね。この加藤丈晴容疑者の顔画像について調べてみましたが、今のところは公開されていません。

 

さらに、落書きが増えていろいろな余罪が判明すると顔画像も公開されるかもしれません。今後の報道に注目ですね。

加藤丈晴(愛知)顔画像のまとめ

この記事は、岡山城・福山城などに落書きをした加藤丈晴容疑者についてまとめました。顔画像は公開されておらず、今後の余罪次第では報道されるかもしれませんね。