カズオ・イシグロのおすすめ本

2017年もノーベル賞が続々と発表されて

大きく湧いていますね。その中でも最も

注目されている部門としては文学賞が、

注目されているのではないでしょうか?

 

この文学賞で毎年受賞候補の1・2番を

争うくらいに期待が高い作家といえば、

村上春樹氏なのは知っていますね。

 

今年は最有力候補としても名前が挙がり

ノーベル文学賞受賞間違いないともでも

言われていました、、、結果受賞ならず。

 

もうこれは村上春樹ファンは恒例のこと

だと思わないとやっていけませんね。

今年受賞したのはイギリス人の作家です。

 

ですがお名前がカズオ・イシグロ氏という

バリバリ日本人の名前なんですね。

このカズオ・イシグロという名前を始めて

聞く!という人も多いことでしょう。

 

そこでここではカズオ・イシグロ氏が

どんな人物なのか?経歴や生い立ちに

ついて迫っていこうと思います。

 

また、気になるカズオ・イシグロ氏の

おすすめ作品も紹介していきます。

Sponsored Links

カズオ・イシグロの経歴や生い立ちは?

カズオ・イシグロのおすすめ本

誕生 1954年11月8日(62歳)
長崎県長崎市
職業 小説家
言語 英語
国籍 (日本→イギリス
活動期間 1981年 –
ジャンル 小説
代表作 『日の名残り』
主な受賞歴 ブッカー賞(1989)
ノーベル文学賞(2017)

カズオ・イシグロ氏は見た目も本当に

日本人のようですね。

そこで生い立ちを探ってみましょう!!

その生い立ちは実はカズオ・イシグロ氏の

両親ですがバリバリの日本人のようですね。

 

日本語名は石黒一雄とのことです。

 

しかしながら、父親の仕事の関係上、日本で

生まれながらも幼くしてイギリスへ移住して

いるようです。本人は成人するころまでは、

日本語が全く話せなかったようですよ。

 

しかしながら最近になっては母親とは日本語で

会話しているとされていますが、本人曰く、、、

言語的には話せているうちにはないっと言って

日本語は話せないと言っているようです、、、。

たぶん、普通に話せることでしょうw

 

幼少期には小学校・グラマースクールに

通っています。このスクールはカズオ・

イシグロ氏の出身長崎にもゆかりのある

グラマー氏が起こしたスクールのようです。

 

そして1978年にケント大学英文学科に入学。

1980年にイースト・アングリア大学大学院

創作学科で学んでいます。

 

そこでは作家マルカム・ブラッドベリ氏から

小説を書くように勧められて執筆活動を始め

これがカズオ・イシグロ氏の原点となります。

 

処女作を執筆している時には日本人です。

もちろんルーツがあるのは日本のために

小津安二郎や成瀬巳喜男という映画監督

から影響を受けていると語っています。

 

ちなみにこの頃、カズオ・イシグロ氏は作家

ではなくてミュージシャンに強い憧れがあり

そっちの道を模索していたようですね。

ミュージシャンを諦めたおかげでノーベル賞を

受賞できたようなものですね!

 

ここでカズオ・イシグロの経歴を調査します。

長崎女性の回想を描いた処女作『女たちの遠い夏』

をリリースします。日本語訳もされていますね。

 

王立文学協会賞を受賞し9か国語に翻訳されます。

のちのち作品の紹介をしていきますよ!

これが大きなヒット作となり1982年イギリスに帰化。

 

処女作品から大ヒットしたことでイシグロ氏は

注目の若手作家として人気になります。

 

1986年には、これまた長崎を連想させる架空の町を

舞台に戦前の思想を持ち続けた日本人を描いた作品

をリリースています。これもウィットブレッド賞と

いう賞(現コスタ賞)を受賞しています。

 

処女作品に比べるとヒットの度合いは落ちますが、

受賞するという時点ですごいと思いますね!

これで作家としての人気を確立させた状態です。

 

さらに1989年には『日の名残り』をリリース。

これがやばいくらいにヒットします。

イシグロ氏の代表作品と言っても良いですね。

英語圏最高の文学賞とされるブッカー賞を35歳

という若さで受賞することになります。

 

このブッカー賞ですがイギリス文学界における

最も権威ある賞になります。世界的に見ても、

権威ある賞ですね。日本でいうと芥川賞です。

 

つまり35歳にして世界から認められる作家。

ということで若くして才能が認められています。

『日の名残り』は映画化がされたぐらいなので

その大ヒット具合が分かると思います。

 

  • 第4作『充たされざる者』
  • 第5作『わたしたちが孤児だったころ』
  • 『わたしを離さないで』
  • 英中合作映画『上海の伯爵夫人』の脚本
  • 長編作品の『忘れられた巨人』

 

その後はこちらの作品をリリースしています。

もちろん、どれも高い評価を受けていますね。

つまり、日本でいう村上春樹さんのような

立ち位置でイギリスにいる作家ということです。

 

国際的な評価としては甲乙つけがたいですが

カズオ・イシグロ氏の方が高いでしょうね。

そのため、ノーベル文学賞を受賞したので。

 

そこで、ここでカズオ・イシグロ氏の

おすすめする作品を見てみましょう!

Sponsored Links

カズオ・イシグロのおすすめ作品とは?

カズオ・イシグロのおすすめ本

まず、どんな作家でもいえることですが、

処女作品には触れておくべきでしょうね。

 

先ほども紹介した『女たちの遠い夏』。

ざっくりとした内容ですが主人公の悦子が

娘の自殺をきっかけに自分が生きてきた道を

回想するという物語になっています。

 

これ以上話すとネタバレになるので

やめておきますねw

 

日本ではタイトルが『遠い山なみの光』と

なっていますね。こちらで購入が可能です!

このノーベル文学賞を受賞によりイシグロ氏の

作品がかなり品薄状態なので気になる人は、

すぐに購入することをおすすめします!

 

つぎにおすすめする作品としてはイシグロ氏の

最もヒットした作品でしょうね。

ブッカー賞を受賞した日の名残りです。

 

この日の名残りですが、主人公の執事が

太平洋戦争が終了した現在と1920‐30年

とを行ったり来たりするとう回想メイン

の作品になります。詳しいことは実際に

作品に触れてから知ることをおすすめ!

 

この作品は映画化されていてもちろん

日本でもリリースされていますよ。

DVDと本の両方をまとめていますので

興味ある方はどうぞ!

この2作品ともですがかなり注目が

集まっているために品薄状態です。

 

増販は決まっているようですが

これから印刷が行われるようなので

すぐに手に入れるのには市場にある

本を買うことが最も早いですね。

 

そもそもそこまで流通があるとは言えない

作品のために現段階ではかなり入手が困難

になりつつあります。

この読書の秋に読む本としておすすめです!

来年こそはノーベル文学賞を村上春樹氏に!!

それではまた!!

この記事がよまれています。

【話題】たべるマスクの効果や口コミは?1日何個食べるのが適量?

【ヤバ】金密輸の儲けがヤバい!消費増税で金塊ビジネスが流行る!

【真相】江藤愛は結婚していた?彼氏は経営者や中居正広と噂か!

【マジ】豪栄道の国籍は韓国?結婚して嫁がいる?過去の成績も調査!

【話題】東野圭吾の初心者にオススメできる本のランキング!ベスト3は?

Sponsored Links