生活

デマだけど紙オムツが品薄?新型コロナウイルスで不足しそうなモノは?


新型コロナウイルスの報道が連日放送されています。これだけどこのメディアも放送しまくれば、国民が混乱を引き起こすのは想定できたはずですね。

 

既にデマ情報が拡散されることで「トイレットペーパー、ティッシュが売り切れ」という状態になっています。オイルショックのときも同じことが起きたようですが、それも単なるデマが口コミでひろまり引き起きたとか。

 

そしていまは「紙オムツが品薄状態」ということです。新型コロナウイルスの影響で紙オムツが供給が減少することはないようです。そのため、デマ情報により買い走った方が大勢いたんだと思います。まだ続きそうですね。紙オムツはネットで品薄ならず売られています。


デマだけど紙オムツが品薄?

おそらくですが、トイレットペーパー、ティッシュときて紙オムツが品薄ですから、紙製品ということで連想して「紙オムツ」となったんだと思います。

 

もしかすると、紙オムツが品薄状態であるツイートもたくさんあったので「不足するのでは!」と思い買いに買いが出て品薄になっていることが考えられますね~!

https://twitter.com/tuyosingorou/status/1232999686031589378

 

 

 

こういった情報が飛び交うことで、デマでも広がり不安を煽ることで品薄状態になります。もしかすると、、、と考えると不安になる気持ちは分かりますが、少し冷静になった方が良いですね。


新型コロナウイルスで不足しそうなモノは?

そもそもですが新型コロナウイルスで不足しそうなモノってあるんでしょうか?現状は、マスクが店頭に全くない状態です。その他にも品薄状態が続いているのもがあるようですので、まとめてみました。

  • マスク
  • 消毒液
  • トイレットペーパー(問題なし)
  • ティッシュ(問題なし)
  • 紙オムツ(問題なし)

現状は、マスクや消毒液が品薄状態のようです。どちらも増産体制に入っているため、あと1-2週間程度で十分な在庫が生産されるとなっています。現状は、ネットでも品薄が続いていますが、予約など受けている店舗もあります。

あとは加湿機能ありの空気清浄機がとても売れているようですね。これは除湿を嫌うコロナウイルス対策のため十分効果があると言われています。インフルエンザの予防にもあるので、持たれていない方は購入検討されると良いですね。

 

気になるのは中国産の食料系が気になります。日本は中国からの輸入品も多いですからね。産経新聞で気になる記事がありました。

中国産野菜の輸入、2月前半6割減

新型コロナウイルスの感染拡大で、中国産野菜の輸入が急減している。農林水産省によると、2月前半の中国産野菜の輸入量は前年同期に比べ6割減少した。国内流通に占める中国産の割合が高いニンニク、タマネギなどが大きく落ち込んだ。暖冬で国産野菜が豊作とあって品薄や価格高騰といった影響は消費者の食卓には及んでいないが、外食産業向けなど業務用に影響が出始めている。

基本的には暖冬で一般家庭に売り出されているニンニクや玉ねぎなどの野菜は国産が占めている割合が高いため、問題ないようです。中国産の激安野菜というのは在庫が尽きたら、しばらくの間は見かけないかもしれませんね。

 

とても打撃を受けているのは中国に依存しているビジネスを行っている方々でしょう。そういった企業はもしかすると倒産を引き起こす可能性が少なからずあります。先日中国客に依存していた老舗旅館が店じまいすることが報道されていましたね。


まとめ

新型コロナウイルスですが、まだまだ拡大しそうな気配がありますね。感染力がインフルエンザよりも強いけど、菌の毒性は低いとのことです。症状がない状態が長い期間続くことも考えられます。14日以上体内に残っている可能性も否定できません。

 

そもそも14日というのは医学的根拠がないため、あまりあてにならないことをお忘れなく。新型のため新薬・何が効果あるのか?などの科学的知見が分かるには5年程度時間が必要なそうです。

 

いま、巷に流れている効果があると言われている薬などは都市伝説レベルと考えた方がよさそうですね。ですが、やらないよりはマシ!というの間違いないでしょう。早く混乱が収まってほしいですね~。