スポーツ

内村航平のスポンサー料や年収は?所属や体操選手の稼ぎについて!

内村航平の年収

日本体操競技のレジェンドともいえる内村航平選手。

 

誠実そうで爽やかな青年という印象が強く、好感度も高いのでCM出演も多数していますよね。

 

そんな内村選手のスポンサー契約とは一体どのくらいなのか気になりませんか?

 

プロ野球選手やサッカー選手だと派手な生活をしているイメージですが、体操選手はどうなのでしょうか?

 

そこで今回は、内村航平選手のスポンサー料や年収について調査したいと思います。

内村航平のスポンサー企業って?

内村航平のスポンサー料や年収

内村航平選手のような一流アスリートにとって、スポンサー契約は欠かせないものですよね。

 

スポンサー契約というのは、スポンサーである企業がそのスポーツチームまたはスポーツ選手に対し、資金提供をする代わりに、様々な形で、契約しているそのチームや選手の公認の支援者であることを公言できるというものです。

 

つまり、スポンサー契約すれば、「内村選手を応援している企業ですよ」と公言でき、数々の大会やメディアで目にすることの多いユニフォームなどに社名を連ねることで、宣伝効果も高くなる…というメリットがあるものです。

 

選手側からしたら、トレーニング資金や海外などへの遠征費用などをスポンサー企業から提供してもらえるので、より良い環境で活動できるということです。

 

内村選手の場合は、どんなスポンサーが付いているのでしょうか?

公式サイトによると…

・株式会社ジョイカルジャパン

・テーブルマーク株式会社

・ピクセルカンパニーズ

・株式会社エアウィーヴ

・アシックス

現在この5社が内村航平選手のスポンサー企業のようです。有名どころが多く、また、ジャンルも多岐に渡っていることがわかりますね。

 

それだけ、内村航平選手とスポンサー契約を結ぶと、企業イメージがアップするということなのでしょうか。

内村航平のスポンサー料はいくら?年収は?

内村航平のスポンサー料

内村航平選手は、2016年にコナミを退社し、プロに転向していますが、体操選手としては初の試みということで話題になりましたよね。

 

プロとして活動するということは、それだけの実力があって好成績をおさめていなければ、生計が成り立たないということ。

 

なかには、成績不振となってスポンサー契約が打ち切られ、アルバイトをしながら選手活動を続けていたというプロスポーツ選手もいるくらいです。

 

では、プロ転向を果たした内村航平選手のスポンサー料というのはどのくらいなのでしょうか?

内村航平のスポンサー料は推定4億!?

内村航平選手は、2021年1月にこれまでスポンサー契約を結んでいた「リンガーハット」との契約を解消しています。

 

理由は、コロナによる業績不振だったとか。

 

本来であれば2021年12月末までの契約だったそうなので、途中契約解除となったわけです。

 

そこで気になるのがスポンサー料ですよね。

 

業績不振で契約を打ち切らなければならなかったということは、余程スポンサー料が高いということが予想されます。

 

リンガーハットとのスポンサー契約料は、5年間で推定4億円と言われていますので、年収にすると8,000万円ほどということになります。

 

一般的な体操選手の年収は、380~500万円程度と言われていて、内村選手でさえもコナミに所属していたころは600万円ほどの年収だったと言われていますので、プロ転向になって倍増…いや、10倍以上年収がアップしたということになるでしょうか。

 

たった1社でこれだけのスポンサー料が得られるということは、複数社と契約している内村選手の年収は億単位であると考えられます。

 

これなら、家族4人で多少の贅沢しても暮らせますよね。

内村航平のスポンサー料や年収は?まとめ

一般的な体操選手の稼ぎというのは、企業で働くサラリーマンと大差ないんだな…ということが分かりましたよね。

 

これは意外です!

 

それに比べて内村航平選手の現在のスポンサー料や年収というのは、物凄い金額なので、体操選手がプロ転向することが当たり前になれば、野球やサッカーのように夢のあるスポーツになるということでしょう。

 

東京五輪で活躍することになれば、またスポンサー料もアップするかもしれません。

 

引き続き、体操・内村航平選手から目が離せませんね。