女優

小芝風花の父親は上海で起業?母親や家族構成について調査!

小芝風花の父親は上海で起業

ドラマ『美食探偵 明智五郎』でヒロイン・小林苺役や『妖怪シェアハウス』の主人公・目黒澪役など最近話題のドラマに出演し、人気上昇中の女優の小芝風花さん。この記事では、小芝風花の父親は上海で起業?母親や家族構成について調べています。

 

2011年オスカープロモーションのオーディションでグランプリを受賞したことが芸能界デビューのきっかけです。

 

もともと小芝風花さんは芸能界に興味があったわけでは無く、当時フィギュアスケートをやっていたので自分も浅田真央さんみたいにスケートをしながらCMにでてみたいというひとことから、お姉さんがオスカープロモーションのオーディションに応募したのがそもそもの始まりなんですね。

 

今回はそんな小芝風花さんの父親は上海で起業? また母親や家族構成についても調査してみました。

小芝風花の父親は上海で起業?

小芝風花の父親は上海で起業

小芝風花さんのお父さんは小芝さんが小学生の頃にお母さんと離婚されています。小芝さんはお姉さんと妹さんの三姉妹で、姉妹はお母さんに育てられています。

 

小芝さんのお父さんは中国は上海でお店をしているらしく、店名は「神拉麺」といい復旦大学の裏にあるそうです。

 

店内には小芝風花さんの主演映画「魔女の宅急便」のポスターや読者モデルをやってたらしいお姉さんの写真とか、みんなの写真とかいろいろ飾ってあるみたいです。

 

お姉さんもやはり美人だそうです。そしてこの店の日本料理の味も最高なものらしいです。お父さんもいろいろあってお母さんとは離婚して、小芝さんたちとは暮らしてませんが、やはり子どもたちの成長は気になるのでしょうね。

 

今は小芝さんのことをしっかり応援してらっしゃるようですね。

小芝風花の母親や家族構成について調査!

小芝風花の母親や家族構成

小芝風花さんはお母さんお姉さん妹さんの4人家族になります。お父さんは小芝さんが小学生の頃にはお母さんと離婚されていたみたいで、小芝さんは母子家庭で育っています。

 

お母さんの仕事は何か分かりませんが、小芝風花さんは小学校3年生から中学校2年生までの5年間フィギュアスケートを習っていました。フィギュアスケートと言うスポーツはとてもお金がかかると言われています。衣装代や交通費、合宿費用などすべて自分持ちなので相当な費用がかかり庶民の習い事ではないそうです。

 

そんな費用を母子家庭の小芝風花さんのお母さんが出せるとなると、お母さんが高額所得者実家がお金持ちかのどちらかになります。その上小芝さんがフィギュアスケートをやっていた5年間は、朝練から学校から帰宅してからの練習とスケート場までお母さんは送り迎えもしています。

 

この頃お母さんは仕事に家事に小芝風花さんの練習の送り迎えと、相当毎日キツイものだったと思われます。小芝さんは今でもお母さんとは仲良しだそうです。

 

あとお姉さんとも妹さんとも仲がいいそうです。お姉さんは読者モデルをやっていたこともあるそうですが、今は結婚して娘さんがいるそうです。

 

お姉さんの娘さんとは年が近いらしいと言うことから、お姉さんとは年がかなり離れているものと思われます。妹さんとは5歳違いらしいです。と言うことは妹さんはこの春高校を卒業したのでしょうね。今は女子大生でしょうか?

 

お姉さんや妹さんは一般人なのであまり情報もありませんし、写真もありません。でも3人とも美人の3姉妹なんでしょうね。

小芝風花の父親は上海で起業?のまとめ

いかがでしたか?今回は小芝風花さんのお父さんや、お母さん、また家族構成について調べて見ました。びっくりしたのはあまり聞いたことがないと思っていたお父さんは、お母さんと離婚されていて今は中国で料理店を開いていたと言うことですね。

 

遠く離れていても離婚しても、父親には変わりなくお父さんは娘さんたちのことを愛していて応援しているのでしょうね。そんなお父さんの期待に応えるべく小芝風花さんはますます活躍していくことと思われます。まずは7月放送予定のドラマを楽しみに待ちましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。