女優

小芝風花のフィギアスケートの成績や動画は?その実力も調査!

小芝風花のフィギアスケートの成績

女優の小芝風花さん。最近はいろいろな役を演じられるようになり、コメディエンヌとしても評価が高いようです。

 

そんな小芝風花さんは女優になる前はフィギュアスケートを5年間やっていて、将来はずっとスケートをやっていきたいと思っていたみたいです。

 

ただ芸能界にデビューしてからは両立は厳しいと感じスケートは辞めたそうです。

 

今回はそんな小芝風花さんのフィギアスケートの成績動画があるのかと言うことと、その実力も調査してみました。

小芝風花のフィギアスケートの成績や動画は?

 

小芝風花さんは小学3年生から中学2年生までの5年間フィギュアスケートをやっていました。その頃の動画がありました。

 

可愛いですね。それにさすがに演技が上手いですね。3回転も綺麗に決まりました。これは芸能界に入る寸前でしょうね、14歳の時の演技ですね。

 

この年第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ノービスダンスで優勝しています。

 

小芝風花さんはもともとは大学生までは現役でフィギュアスケートの選手でいて、その後アイスショーに出て、最終的には子どもたちにスケートを教えるインストラクターをやりたいという人生設計を描いていたそうです。

 

ですが女優としてデビューした後、両立は無理だと思いスケートは辞めたそうです。14歳で3回転もキレイに決めてた小芝風花さん芸能界に入らずスケートを続けていたら、いい選手になってたでしょうね。

小芝風花のフィギアスケートの実力も調査!

小芝風花さんは13歳の時バッジテスト7級を合格しています。そもそもバッジテストとはフィギュアスケートの昇格試験で初級から8級まであり、合格するとバッジがもらえることからこの名が付いたと思われます。

 

バッジテストは8級が最高難度で8級を持っている選手はほとんどいません浅田真央さんや本田真凜さん、本田紗来さんなどの有名選手でも7級です。と言うことはバッジテスト7級を持っている小芝風花さんのフィギュアスケートの実力が分かるというものですね。

 

それに小芝風花さんはフィギュアスケートの新人を発掘するための「野辺山合宿」に3回も参加しています。荒川静香さん、安藤美姫さん、浅田真央さんなどの有名選手ももちろん合宿経験者です。

 

2010年の「西日本中小学生フィギュアスケート競技会」では6級ジュニア選手権女子で8位に入賞しています。そして2011年渡邊純也さんとのペアでフィギュアスケートノービス選手権大会でアイスダンスの優勝をしています。

 

ただ小芝風花さんは高難度の技であるトリプルトウループやダブルアクセルをマスターしていたため、ジャンプが原因のオスグット・シュラッター症候群を両足に患い2度手術をしています。オスグット・シュラッター症候群を両足に患うとは相当な練習量だったんでしょうね。

 

フィギュアスケートを始めたのが小学校3年とちょっと遅いスタートだったみたいですね。毎日相当ジャンプの練習に明け暮れ足に負担をかけてしまったのでしょう。しかしその病気を乗り越えてジュニア選手権やノービス選手権で優秀な成績を残しています。

 

小芝風花さんはスケートを辞めて2年後に「スケート靴の約束・名古屋女子フィギュア物語」で見事なフィギュアスケートを披露しています。2年間ブランクがあったので自分でも自信がなかったそうですが猛練習で感を取り戻したそうです。

 

その時のドラマはスケートも衣装も好印象でした。

小芝風花のフィギアスケートの成績や動画は?のまとめ

いかがでしたか?小芝風花さんは芸能界に入る前は、相当本格的にフィギュアスケートに取り組んでいたんですね。芸能界に入ってなかったらスケートを続けていたんでしょうね。

 

でも今の小芝風花さんがあるのはフィギュアスケートで培ってきた多くのものが役立っているのだと思われます。これからもますますの活躍を期待してます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。