生活

靴の臭いが消えない!正しい靴の洗濯方法を解説!

靴の臭いが消えない

いつも履く靴、お気に入りの靴。イヤな臭いがついて消えないんだけど……。なんて思ったことはないですか?

 

または子どもの履いている靴が臭くって、臭いが消えない事って有りませんか?そこで今回は靴の臭いが消えない! 正しい靴の洗濯方法を調べて見ました。

靴の臭いが消えない

子どもの足の臭い対策|ミョウバンや重曹は効果的?おすすめアイテムも ...

大好きなお気に入りの靴、毎日履きたいのに臭いが消えないって事ありませんか?

 

そもそも靴の臭いは足の汗と角質で細菌が繁殖して起こっているのです。この細菌の繁殖を抑えたら臭いは抑えられます。まずはそこから始めましょう。

 

足の汗もかかなければいいのでしょうが、それは難しいので汗はかくとしても角質は足の裏の手入れをして減らす事は出来ます。足もキレイに洗い清潔に心がけましょう。

 

それと大事なことは同じ靴を毎日履かないことです。靴は1日履いたら1日もしくは2日は履かずに乾燥させましょう。1日履いた靴の中は足から出た汗のために湿気を帯びてムレています。

 

これが細菌の繁殖の原因となります。なるべく風通しのいいところに干して乾燥させましょう。それだけで全然違います。

 

靴はいつも乾燥したもので、足もキレイに洗って清潔にしていること。この二つの条件を満たすと靴の臭いは随分軽減するはずです。

 

それでも汚れることもあるし、臭くなることもありますよね。そんな時はどうやって洗濯したらよいのでしょうか?

靴の臭いが消えない!正しい靴の洗濯方法を解説!

靴の臭いが消えない!正しい靴の洗濯方法

正しい靴の洗濯方法ですが、靴には洗えるものとそうでないものがあります。布や合皮の靴は洗えます。「天然皮革(レザー)」や「スエード」は洗えません。

 

では正しい靴の洗濯方法です。まず布製のスニーカーを洗う場合用意するものは「中性洗剤」と「ブラシ」と「バケツ」です。

 

靴はひもがあるものは外しておきましょう。中敷きが取れるタイプの靴なら中敷きも取りましょう。表面に付いた泥汚れやほこりなどは落としておきましょう。靴の裏の溝に付いた泥汚れも落としておきましょう。

 

布のスニーカーの場合はバケツにお湯と中性洗剤を入れ靴をつけ置きします。中敷きも紙製出ない場合はつけ置きできるのでつけ置きしましょう。

 

20分くらいつけ置きしたらブラシで汚れをこすり洗いします。表面だけじゃなく中もキレイにこすり洗いしましょう。ひもは洗剤液を付けてもみ洗いしましょう。

 

洗ったらぬるま湯で洗剤をキレイに洗い流しましょう洗剤のすすぎ残しがあるとスニーカーが変色してしまう事もありますから。

 

すすぎの終わったスニーカーはタオルで水分を拭き取り日陰に干しましょう。直接日に当てて乾かすと変色したり、型崩れを起こします。

 

合皮のスニーカーの場合も水洗いは出来ます。表面上を軽く掃除するだけでは内側のにおいや汚れはどうにもならないので、水洗いできるのはいいことですが、水洗いするとどうしても表面の皮が硬くなり、劣化の原因になるので劣化を最小限におさえたい場合は、表面を軽く拭き取る程度にしておきましょう。

 

革靴は水をきらうので、革靴用クリーナーを革靴に付け、ソフトな布で優しく汚れを拭き取り革靴用クリームで保湿していきます。

 

スエードの靴は、使い古しのハブラシで表面の汚れを落とし、濡らした布で靴全体を湿らせ、洗面器にぬるま湯とシャンプーを入れてよく混ぜて作った洗浄液をスポンジかソフトなブラシに染み込ませ、靴全体を磨く。磨き終わったら濡らしたスポンジで、靴に付いたシャンプーを吸い取る。

靴の臭いが消えない!のまとめ

いかがでしたか?靴に臭いが一度ついてしまうとなかなか消えません。

 

日頃から足をキレイに清潔に保つことと、同じ靴は続けて履かず、乾燥させてから履くことを心がければ細菌の繁殖を抑えられるので、靴の臭いも防ぐことが出来ます。

 

それでも臭い靴は正しい洗濯でキレイにしましょう。