生活

靴はなぜ臭い?原因物質や対策方法まとめ!

仕事や外から帰って玄関で脱いだ靴が臭いと言うことはありませんか?

人の家に行ってお邪魔しようとして靴を脱いだとき、食事所で小上がりに上がろうと靴を脱いだとき臭いませんか?

とても恥ずかしくてイヤですよね。

今回はそんな靴はなぜ臭い?のかその原因物質と対策方法についてまとめてみました。

靴はなぜ臭い?原因物質

靴の臭いが臭くなるのは靴の中にいるバクテリアの排泄物が原因です。靴の中というのは高温多湿で菌が繁殖するには最高の場所なのです。足の裏から剥がれた角質と汗がバクテリアをどんどん繁殖させその排泄物で臭いが発生します。

 

足の裏は頻繁には拭いたり洗ったりも出来ません。靴を一日中履きっぱなしと言うこともよくあることです。歩いてるうちに靴の中には足の裏から剥がれ落ちた角質ムレてかいた汗などでバクテリアが非常に繁殖するのです。

 

足の方は一度靴を脱いでキレイに洗うと臭いも取れますが、そのまま菌の繁殖している靴を履くとまたその菌のせいで足まで臭くなってしまいます。

 

そもそも汗には2種類の汗があって、臭いやすい汗である「アポクリン腺」臭いにくい汗である「エクリン腺」があります。そもそも「アポクリン腺」は脇の下などにあり「エクリン腺」は全身にあって足の裏や足の指の間から出る汗も「エクリン腺」なはずです。

 

ではなぜ臭いにくい汗である「エクリン腺」が出ているはずの足が臭くなり靴が臭くなるのは何故なんでしょうか?

 

それは足が靴や靴下で密閉状態の中でムレてさらに靴や靴下という発散しにくい場所にあれば、さすがに臭いにくい「エクリン腺」でも臭ってしまうというものです。

 

またブーツを履く季節になるとムレてブーツが臭くなると言う人は多いですね。それはブーツの中は足裏の角質だけでなく表皮ブドウ菌黒革カビパチルス菌白癬菌ユリネバクテリウムが繁殖するからなのです。通気性のブーツの中は温度と湿度が細菌には最高の場所なんです。

 

サイズの合わない靴もよくありません小さすぎると足が圧迫されて汗をかきやすくなりますし、大きすぎると足が靴の中でこすれて角質が剥がれ落ちやすくなります。

 

あとはストレスも臭いの原因です。緊張やストレスは汗をかきやすくします。汗腺の多い足の裏は汗を大量にかいてしまいます。

靴はなぜ臭い?対策方法まとめ!

靴が臭くなるのは細菌のせいです。そこで細菌の繁殖を少しでも防ぐのが靴の臭いを防ぐ方法になります。

対策方法

①足を正しく洗う

まずは足の裏の厚い角質を取り除きましょう。やすりや角質リムーバーで優しく
角質を落としましょう。角質の落としすぎに注意して週に1~2回程度がいいでしょう。

次にお湯をためた洗面器で足湯をし、汚れを浮き上がらせてからよく泡立てた石鹸を使って手で優しく片足ずつ指の間まで丁寧に洗っていきましょう。爪の間もブラシなど使って丁寧に洗いましょう。

洗ったらぬるま湯で丁寧に泡を流しましょう。

洗い流したらタオルで丁寧に水気を拭き取りましょう。水気が残っていると雑菌の繁殖につながります。足が完全に乾くのを待ってからスリッパやルーム靴下ははきましょう。

②靴を清潔に

靴は湿気がたまるので出来たら同じものを続けて履かないで、1日履いた靴は2日は乾燥のために休めて干しましょう。ただそんなに多く靴がない人は靴を冷蔵庫で冷やすのもいい方法です。

冷蔵庫の温度では菌は死んでしまうので臭いはなくなります。ジップロックなどに靴を入れて冷蔵庫に入れましょう。

靴入れを工夫してみるのもいいと思います。新聞紙を下に敷いて靴の水分を取りましょう。

他にも消臭スプレーや消臭インソールを使うのもいい方法だと思います。

③靴下の工夫

靴下は通気性の良いものを使用しましょう。1日履いた靴下は洗濯機で洗う前に除菌用の石けんで洗っておくと臭いも薄れるはずです。

④ストレス解消

ストレスは臭いの元なので、ゆっくりと入浴し十分な睡眠をとり、疲れをためないようにしましょう。適度にリフレッシュしてストレスを減らしましょう。

靴はなぜ臭い?のまとめ!

靴が臭いのは足から出る汗と角質で細菌が繁殖するためと言うことが分かりました。

 

対策としては汗をかいた足はキレイに清潔にすることと、なるべく無駄な汗はかかないで済むようにサイズの合わない靴は履かない事とストレスをためないことだと分かりました。

 

それと菌が繁殖しないように靴は続けて履かずに1日履いたら乾燥させ干して菌の繁殖を防ぐのが大切と言うことが分かりました。