皇族

眞子さまが小室圭と別れない理由は?破局せずに信じ抜く様子!

この記事は、眞子さまが小室圭と別れない理由?破局せずに信じ抜く様子!という話題についてまとめています。眞子さまといえば、皇族のお方ですね。その婚約者として小室圭さんという方が話題になったことは覚えていると思います。

 

この小室圭さんさんとの婚約報道が合ったときは祝福に包まれいましたが、その後、小室圭さん・母親が知人より400万円を借りて返済していないことが週刊誌に報じられていました。その話が泥沼化したことで、眞子さまは結婚することは延期されています。

 

この記事は、眞子さまが小室圭と別れない理由?について考察してみました。これだけ、話題にって一向に表舞台で説明することがない小室圭さんですが、ふたりが別れない理由はどこにあるのでしょうか?

眞子さまが小室圭のこれまで

眞子さまが小室圭氏と婚約したことで世間は祝福に包まれていました。ですが、そこにまさかの小室圭さんの母親に金銭スキャンダルがあることが発覚しました。

 

親の借金だから、別に良いのでは?と思ったい人もいますが、それが学費に使われていること、まだ返済していないことが報じられて世間の意見は一変しました。ただ、この400万円はもらったものだから返済しないという小室家側の主張は一変することはありませんでした。

 

お金を貸した人物には「貸した」と言っているにも関わらず小室家側がそれを完全否定するようになっています。おそらく400万円を返せるほどの経済力がないのだと思います。話題が上がった時にパッと返済していれば、ここまでシコリが残ることはなかったでしょうね。

眞子さまと小室圭の結婚がなぜ否定的に報道されるのか?

結婚は二人の問題でしょう?と思うかもしれませんが、皇族だからこそ話は二人だけの問題ではなくなります。それは、眞子さまが小室圭氏が結婚することで国庫より金銭授与があるためです。

 

眞子さまが小室圭氏と結婚すると、眞子さま皇族から外れます。ただ、そのときに今後の生活に不自由がないように、前例に従えば1億4000万円程度が支給されることになります。さらには、元皇族ですから暫くの間は住まいにガードマンが常駐するなど警備体制も整えていきます。

 

ガードマンの費用は国庫から支出されますが、住まいについては自前になります。眞子さまは結婚後も皇族の親戚ですから行事参加があるため都内に住むことになるでしょう。そうなると住まいは高級マンションであることが想定されます。

 

そういったことがあるため1億4000万円程度の授与があります。ただ、眞子さまの生活レベルを考えると小室圭氏の稼ぎで支えられるとは思えませんね。皇族行事にお召し物も毎回同じではダメですから、そういうことを考えると駆け出しの弁護士の結婚相手としては荷が重そうですね。

 

ただ、そういった行事には参加せずにひっそりと暮らすという選択もあるでしょうから、その場合は、それほど大きな負担はなく生活することができるのではないでしょうか?

眞子さまが小室圭と別れない理由?

眞子さまが小室圭と別れない理由

眞子さまが小室圭氏と別れない理由について考えられる理由とは何があるのでしょうか?それは、惚れた男には弱いということでしょう。初めてお付き合いした男性が小室圭氏ということであれば余計別れるという選択肢は狭くなっていることでしょう。

 

なにがあっても一度好きになって付き合った男性を最後まで信じ抜くというのは、眞子さまに限ったことではありませんよね?

 

眞子さまが小室圭氏と別れない理由は、本当に惚れ込んでいるからではないでしょうか?そうでもなければ、これだけ金銭面にルーズで表立って説明することをしなければ・・・責任感がなさすぎで幻滅することもありますよね?

 

ただ、29歳という年齢を考えると、今後の結婚相手について再度探すことは大変かもしれませんね。婚約発表の2017年から4年経過しましたが、この話の終わりがまだ見えていません。

 

個人的には、貸した男性に400万円を返済して、公の場でしっかりと説明することをケジメとして結婚の話を進めていけば良いと思いますよ。ただ、返済・説明会見を行うことは、小室家に全くその様子は見えないのが現状ですが、、、このままだと結婚できませんよ(;・∀・)

眞子さまが小室圭と別れない理由?破局せずに信じ抜く様子!のまとめ

眞子さまが小室圭と別れない理由については、眞子さまが小室圭氏に惚れ込んでいるからではないでしょうか?皇族だからとか関係なくて、一度惚れ込んだら信じ抜くという強い意志を持っている人はいますからね。

 

今後、国民から祝福される状態で二人が結婚できるのか?このまま泥沼化して仕方なしで結婚されて、この話がフィードアウトするのか?どうなるんでしょうね。