マルトリートメントとは

いま、子育て世代に大きく話題となる

言葉があります。

それは、マルトリートメント

 

はじめて聞く人も多いかもしれない。

ですが、お子さんがいる人には絶対に

知っておいてほしい言葉になります。

 

今回はこのマルトリートメントとは、

何か?ということを調べていきます。

Sponsored Links

マルトリートメントとは?

マルトリートメントとは

マルトリートメントとは不適切な養育

ということです。

 

このマルトリートメントを行っている

と何が起きるのかというと、、、、、

脳が変形してしまうことが、医学的に

分かっています。

 

そうなるといろいろと障害が起きて

大人になった時に鬱病や聴覚障害等

起きることが証明されています。

 

あなたは本当にマルトリートメントを

行っていないでしょうか?

 

普段知らずに行っているかもしれない

マルトリートメントをランキング

まとめてみました!

4.スマホを渡すこと

マルトリートメントとは

これは本当によくやりがちですね。

本当に手が離せない時にはスマホは

とても便利です。

 

しかしながら、スマホを与えすぎると

集団行動ができなくなります。

3.風呂上がりで裸でウロウロすること

マルトリートメントとは

子どもが本当に嫌がっていると止めないと

りっぱな性的マルトリートメントです。

 

視覚野が縮小してしまうことで記憶力や

認識能力が低下する可能性があります。

 

しっかりと子どもとコミュニケーションを

取ってどう思っているのか話してみる事が

とても大切になります。

2.兄弟などと比べること

マルトリートメントとは

子どもにもプライドはあります。

それを傷つけることで線条体という

「喜び」や「快楽」を感じる組織が

収縮してしまいます。

 

成長してからアルコール依存症や

薬物中毒に陥ることもあるようです。

 

子どもはひとりひとりが違います。

そのため、誰かと比較することはせず、

しっかりと本人と向き合うことが大切!

1.感情に任せた暴言

マルトリートメントとは

体への暴力よりも言葉の暴力の方が、

脳へ大きなダメージを与えます。

そうすると聴覚を司る聴覚野という

組織が肥大化します。

 

肥大化することで耳は健康事態でも

音が聞こえなくなる心因性難聴になる

可能性が高まるようです。

 

しかし、怒らなければいけない時も

教育している時にはありますよね?

そういった場合には、60秒以内で

怒るポイントを絞っておきましょう。

 

60秒以上叱るときは感情に任せている時が

殆どでしょうから注意しましょう。

Sponsored Links

マルトリートメントで変形した脳は戻らない?

マルトリートメントとは

ここで知りたいのは変形した脳は

元に戻らないのか?という事です。

 

これについては安心してください。

成長過程の子ども脳はとても柔らかい

ために成長過程で元に戻ります。

回復力も持っているので大丈夫!!!

 

どうやったら子どもの脳が戻るのか?

それは『助かったよ』っという事です。

たとえば何か手伝ってくれたなら、

ありがとう。よりも『助かった』ことを

伝える方がいいです。

 

子どもは親の役に立ったということで

脳にとても響くということです。

 

しかし、マルトリートメントを続けた

子どもの脳はそのまま形が固定化され、

戻らないまま大人になります。

さいごに。

普段から脳を活性化させる方法

子どもが言ったことを繰り返すこと。

 

子どもが「お花の絵を描いたよ!」

といった場合には、

「お花の絵を描いたのね!」と

繰り返すことが重要です。

 

そうすると子どもは自分が言ったことが

伝わったと理解できたら積極的に会話する

ようになるためです。

 

聞き上手になることが重要です。

そうすると脳の最高司令部でもある

前頭前野が活発化します。

 

是非お子さんがいらっしゃる方は

明日から実践してみてはどうですか?

Sponsored Links